3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆

火車(宮部みゆき/新潮社)

投稿日:2017年1月8日 更新日:

  • カードローン破産がテーマの本格サスペンス
  • 時代設定は古くなったがテーマは不変
  • 無駄のない緻密な文章と展開
  • おススメ度:★★★★☆

今更といえば余りに今更だが、本書を読み終えて「これぞ本物のサスペンス小説」という思いがこみ上げてきた。クレジットカードが作れないことをきっかけに失踪した女性を追って、細かな手がかりを手繰り寄せて真実にいたる道程がなぜこんなに面白いのか。無駄のない展開で、到底登れないと思っていた山に着実に登っていくような快感があった。血肉の通った人物の描写も見事。

物語のテーマはクレジットカード・ローン破産の悲惨さとその「日常性」。約20年以上前の作品なので、時代設定が古くなってしまっているが、今も誰かが確実につまづいているローン・クレジットの罠がリアルに描かれている。私も車をローンで買った経験があるが、とにかく毎月の固定費が増える息苦しさというのは独特のものだ。生活してみるとよく分かる。

サスペンス=読者の不安感や緊張を煽るものであるとすれば、このジャンルのど真ん中に位置する作品。ミステリに本格ミステリという呼び名があるが、これはまさしく本格サスペンスと呼べるだろう。

(きうら)


火車 [ 宮部みゆき ]

-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ヒトごろし(京極夏彦/講談社) 【概要編】ネタばれなし(歴史ものにネタばれがあるとして)

土方歳三目線の新撰組伝 徹底した「ヒトごろし」の理屈 面白い、そして長い おススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 私は京極夏彦好きなので、この本もKindle版でサンプルをパラパラ読んで、買うことを決め …

クトゥルーの呼び声(H・P・ラヴクラフト〔著〕、森瀬繚〔訳〕/星海社)

ラヴクラフトの入門書的作品集 クトゥルーにまつわる海洋ホラーを中心に 巨大な力に抗えない人の無力さ おススメ度:★★★★☆ さて、本書は去年の秋に、「クトゥルー神話生誕100周年記念」として刊行されま …

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (ティム・バートン監督) ~感想と軽いネタバレ

異能者たちの苦悩と戦い 純粋なエンターテイメント映画 不満もあるが概ね良くできている おススメ度:★★★★☆ (あらすじ)リア充になれないオタク系男子のジェイクは、祖父の謎の死に遭遇する。祖父は奇怪な …

幽霊人命救助隊 (高野和明/文春文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

自殺者が幽霊となって100人の人間を救助 幽霊という題名だが、ホラーではなくエンタメ小説 まったく怖くはないが、面白い おススメ度:★★★★☆ この本は上記の通り、設定こそ「幽霊」という単語が出てくる …

わたしを離さないで(カズオ・イシグロ、土屋政雄[訳]/ハヤカワepi文庫) ~途中からネタバレ感想

平易な文章と、密度の濃い内容。 ある役目を生得的に背負った人物たちの、閉塞的な世界。 この紹介文の後半はネタバレ混じりです。 おススメ度:★★★★☆ 【ネタバレ抜きのあらすじ】 本書の主人公、というか …

アーカイブ