★★★☆☆

神の左手悪魔の右手 (3) (楳図かずお/小学館文庫)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

  • 人体破壊を極める本格スプラッターコミック
  • 気持ちがいいほど徹底した殺戮描写
  • 描写は古典的だがホラーへの本物の情熱がある
  • おススメ度:★★★☆☆

ホラー漫画は基本的に苦手なのだが、時々気まぐれで買ってくることがある。本作もそんな一冊で、きっかけは忘れたが、たぶんどこかのサイトで仕入れた情報から手に取ったに違いない。
ホラー漫画の大家が描く、紛れもないスプラッター・ホラー。それは気持ちがいいほど徹底していて、いかに奇抜なアイデアで、いかに痛そうに人間を破壊するかを、きわめて真面目に緻密な画風で描いている。こんなもの、小学生時代に読んでいたら一生トラウマになっていてもおかしくない。

この文庫版の3巻には自分で書いた残酷な絵本を実行するパパが暴れまわる「黒い絵本」全編と「影亡者」の一部が収録されている。主人公の少年・想が夢に見た光景を手掛かりに犠牲者を助ける下りがあるのが、助ける気が全くないとしか思えない。むしろ様式美すら感じるほど感動的に手遅れ。美人だろう何だろうが、少しの迷いもなく「ぶっ殺される」様は痛快ですらある。

セリフ回しや漫画的な表現は少し古く感じるが、それでもあふれ出るホラーへのパッションは時代を超えている。とりあえず10ページ読んでだめだと感じたら絶対に続きは読まない方がいい。そこで耐えるか、笑えるかどちらかであれば全編楽しめるだろう。

個人的には、絵柄は古いが女性キャラが妙にかわいい。それを思い切り……。

(きうら)


神の左手悪魔の右手(1) [ 楳図かずお ]

-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

ぼぎわんが、来る(澤村伊智/角川ホラー文庫)

正統派の化け物系ホラー 視点の転換は新鮮 ただし、後半は半ばマンガ…… おススメ度:★★★☆☆ 「映画化決定! 全選考委員が絶賛した第22回日本ホラー小説大賞受賞作!」という華々しいキャッチコピーもあ …

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(EP9) ~今更ネタバレありレビュー

無難にまとまりすぎて印象薄 ラスボス復活は禁じ手では!? スター・ウォーズに限りなく近いスター・ウォーズもどき おススメ度:★★★☆☆ 私のスター・ウォーズ観はEP8の時の記事にほぼ書いているので、純 …

自殺の歴史(ロミ、土屋和之[訳]/国書刊行会)~読書メモ(017)

読書メモ(17) 古今東西自殺のエピソード あまりこわくはない おススメ度:★★★☆☆ 【本書について】 図書館で借りてきて、ちまちまと読みすすめていった本。読む前は、それほど怖い本ではないだろうなと …

ゴドーを待ちながら(サミュエル・ベケット[作]、安堂信也・高橋康也[訳]/白水uブックス)

ゴドーを待ちながら、あれこれする二人組。 その二人に絡む変な人たち。 原作だけではこの演劇の良さは分からない、かも。 おススメ度:★★★☆☆ 先日の「アニメに出てくる本」でいうと、この『ゴドーを待ちな …

海の底(有川浩/角川文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

SFパニックエンターテイメント小説 男の友情、というかそっち系 残酷描写あり。軽い読書向き。 おススメ度:★★★☆☆ 今回はSFで現代を舞台にしたモンスター・パニック系の小説を紹介。随分有名なので、ご …

アーカイブ