★★★☆☆

神の左手悪魔の右手 (3) (楳図かずお/小学館文庫)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

  • 人体破壊を極める本格スプラッターコミック
  • 気持ちがいいほど徹底した殺戮描写
  • 描写は古典的だがホラーへの本物の情熱がある
  • おススメ度:★★★☆☆

ホラー漫画は基本的に苦手なのだが、時々気まぐれで買ってくることがある。本作もそんな一冊で、きっかけは忘れたが、たぶんどこかのサイトで仕入れた情報から手に取ったに違いない。
ホラー漫画の大家が描く、紛れもないスプラッター・ホラー。それは気持ちがいいほど徹底していて、いかに奇抜なアイデアで、いかに痛そうに人間を破壊するかを、きわめて真面目に緻密な画風で描いている。こんなもの、小学生時代に読んでいたら一生トラウマになっていてもおかしくない。

この文庫版の3巻には自分で書いた残酷な絵本を実行するパパが暴れまわる「黒い絵本」全編と「影亡者」の一部が収録されている。主人公の少年・想が夢に見た光景を手掛かりに犠牲者を助ける下りがあるのが、助ける気が全くないとしか思えない。むしろ様式美すら感じるほど感動的に手遅れ。美人だろう何だろうが、少しの迷いもなく「ぶっ殺される」様は痛快ですらある。

セリフ回しや漫画的な表現は少し古く感じるが、それでもあふれ出るホラーへのパッションは時代を超えている。とりあえず10ページ読んでだめだと感じたら絶対に続きは読まない方がいい。そこで耐えるか、笑えるかどちらかであれば全編楽しめるだろう。

個人的には、絵柄は古いが女性キャラが妙にかわいい。それを思い切り……。

(きうら)


神の左手悪魔の右手(1) [ 楳図かずお ]

-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

「待つ」ということ(鷲田清一/角川選書)

「待つ」ことの臨床哲学的考察 「待つ」ということは、なにもしないことなのか 本書の紹介ではなく、個人的な考えを断章的に書きます おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 「待つ」ということはいったいどうい …

メメント・モリ(後藤明生/中央公論社)

「私の食道手術体験」という副題 自らの「入院雑記」を基に再構成したもの 後藤式に綴られる入院体験など おススメ度:★★★☆☆ 【私と後藤明生との出会い】 後藤明生(ごとうめいせい)は、日本の小説家で、 …

ボーダー 二つの世界(ヨン アイヴィデ リンドクヴィスト (著), 山田 文・他 (翻訳)/ハヤカワ文庫NV)

異形と交わる人々 一ひねりあるモダンホラー 基本的に世界はモンスターに溢れている? おススメ度:★★★☆☆ 11篇もの中・短編が収めれている。最初は「超傑作かもしれない」と思いつつ読んでいたが、読み終 …

眼の壁 (松本清張/新潮文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

手形詐欺の真相を探る社会派エンターテイメント小説 流麗な文章できわめて読みやすい ちょっと強引なトリックと時代性のギャップを感じる おススメ度:★★★☆☆ もはや説明の必要のないくらい「砂の器」「点と …

イルカと墜落( 沢木耕太郎/文春文庫)~紹介と感想

著者が実際に乗った「飛行機の墜落事故」のレポート 前半はブラジルでの少数民族に関するドキュメント 冷静な文章で読みやすい。むしろユーモアも。 おススメ度:★★★☆☆ 前回紹介した「クライマーズ・ハイ」 …

アーカイブ