3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★☆☆☆

ブラッドハーレーの馬車(沙村広明/太田出版)

投稿日:2017年1月13日 更新日:

  • 少女趣味と人体欠損要素あり
  • 全体的に鬱展開で救いがない
  • 絵は作者特有の緻密な画風
  • おススメ度:★★☆☆☆【閲覧注意】

とある資産家のブラッドハレー家では「慈善事業」と称して、孤児院から少女を選び、養女としていた。表向きは、歌劇団での女優のスカウトという名目だったが実は悲惨な運命が待っていた……という導入で始まるこの物語は、基本的にはホラー・コミックというよりは残酷な寓話だ。

「無限の住人」で名高い作者であるが、あの作品のような娯楽性や高揚感はなく、むしろ「無限の住人」でも時々展開される鬱的ストーリーをクローズアップしたような作風だ。

なぜ閲覧注意かと言えば、物語の初期に少女(十代前半)の輪姦シーン及び人体欠損描写が省略なく描かれているためで、ありていに言えばその辺の変態性を期待して読み始めたとしても間違いなく後悔するだろう。そこにはエロティシズムはほとんどなく、ただただ、胸が悪くなるだけだ。

著者はほかにも、SM雑誌で無残絵(Wikipedia)も書いているとのことだったが、とにかく女性(少女)をいかに残酷に責めるかというのが主題であるので、その辺の趣味がない場合、この本を読む必然性はないと思われる。

作者の異常な嗜好を何か別のテーマを持たせて作品化しているものも多いが、この作品もその一つ。以前に紹介した小説「隣の家の少女」にも似ているが、殆どの読者は「読んで後悔」すると思う。逆に、残されたごく一部の読者には至高の作品となっている。

(きうら)


ブラッドハーレーの馬車 [ 沙村広明 ]

-★★☆☆☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

他人事(平山夢明/集英社文庫)

シュールで黒い創作短編ホラー集 理不尽を通り越して異空間化 実話怪談の方が好み おススメ度:★★☆☆☆ 明けましておめでとうございます。 ていうか皆さん、ホラーなんて普段、読まないでしょう。特に私が好 …

地図にない谷(藤本泉/徳間文庫)

謎の風土病がテーマの伝奇ミステリー 恋愛・歴史要素あり 謎解きはあっさり。 おススメ度:★★☆☆☆ その谷に住む住人は「いきなり病」という正体不明の風土病によって、次々と死んでいく。その原因はいったい …

メルキオールの惨劇 (平山夢明/ハルキ・ホラー文庫)  ~あらましと感想、軽いネタバレ

エキセントリックな文章と物語 ケレン味たっぷり 普通の悪趣味幻想小説 おススメ度:★★✩✩✩ 書評サイトとしては反則なのかもしれないが、Amazonのレビューが高かったので、内容を一切確認せずに購入し …

ゴジラが来る夜に 「思考をせまる怪獣」の現代史(高橋敏夫/集英社文庫)

ゴジラの存在意義を問う評論本 ゴジラによって変容する評論というもの 怪獣好きなら読んで退屈しないが…… おススメ度:★★☆☆☆ 今月、新作「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観た。その出来には正直 …

日出る国の工場(村上春樹・著/安西水丸・画/新潮文庫)

工場見学の文章とイラスト どこを切っても村上春樹 30年前のドキュメントで時代を感じる おススメ度:★★☆☆☆ 初版発行が1987年平凡社となっている。およそ30年前である(2018年現在)。そもそも …

アーカイブ