★★★☆☆

霧が晴れた時(小松左京/角川文庫)

投稿日:2017年1月22日 更新日:

  • SF要素のあるホラー小説集
  • 異常だが、面白く説得力のある設定が多い
  • 特に「くだんのはは」がオススメ
  • おススメ度:★★★☆☆

本作品は、SFホラーとでも言うべきジャンルで、伝統的な怪異譚にSF的な要素がミックスされた短編小説集。SF的な味付けがあるとはいえ、科学的・論理的に怪異が説明されるわけではなく、不思議な力が「ある」ことが前提の作品だ。

内容に関しては純粋に設定が面白いのと、異常な設定常でも、そのベースに人間の持つ根源的恐怖を見据えているような深さがる(「すぐそこ」「骨」など)。また、戦中派らしい戦争の恐怖も織り込まれていて、こちらの方が個人的には怖かった(「くだんのはは」「召集令状」)。特に、「くだんのはは」は、戦争・空襲・広島・秘密の奥座敷・血の包帯・異臭など、とにかく不気味な設定で、この一編を読むためにこの本を買ってもいいのでは、と思わされるほどだ。

短編集なので、作品の質はバラバラだが、毎日少しずつ楽しむにはぴったりだ。ぜひ「くだんのはは」だけでも手に取って読んでみてほしい。これだけなら、評価をもう一つ上げたい。

本書の紹介とは直接関係ないが、私は中学生の頃はどちらかというとオカルト信奉者で、自分でピラミッドパワーなるものを試したり、怪しい呪文の本を読んだり、色々と痛い行動を取っていたのだが、今改めて振り返ってみると「超常的な力はない」という結論だ。また、幽霊・化け物・妖怪の類についても「いない」と思っている。ただし、それぞれの個人や状況に限れば「見える」ことは十分にあるし、正しいやり方の呪いも十分に「効く」とも思っている。

こんなブログを書いているのも、今でも幽霊やお化けが「ひょっとしたらいるかも」と思えるぐらい「上手く騙して欲しい」という思いを持っているからだろう。できるなら本書にあるような怪異も一度も見てみたい。

(きうら)


霧が晴れた時 自選恐怖小説集【電子書籍】[ 小松 左京 ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

ボクが逆さに生きる理由(中島宏章/ナツメ社)

「誤解だらけのコウモリ」という副題 コウモリが好きになる、かも とにかくコウモリさん、スゲー おススメ度:★★★☆☆ コウモリについて何か知っていますか、と訊かれたら、私は「昔、釣りの帰りに、夕方、川 …

幸運の25セント硬貨(スティーヴン・キング/新潮文庫)

ジャンルが異なる7つの話を収録した短編集 SF、怪談、スプラッターから、表題作のようなホラー要素のないものも スティーブン・キングの作品を一つでも読んでいる方ならおススメ おススメ度:★★★☆☆ 本作 …

メドゥサ、鏡をごらん(井上夢人/講談社) ~ほぼネタバレなしの感想

コンクリート詰めで絶命した作家の死の謎を追う 興味深い設定と読みやすい文章 ネタバレ嫌いの方は、一切の事前情報を絶って読って読むべし おススメ度:★★★☆☆ 導入部はこんな感じの小説。作家である藤井陽 …

絲的サバイバル(絲山秋子/講談社文庫)

本当に、簡単に読めるエッセイ。 一人キャンプの、絲山的堪能法。 これを読んだ後には、酒と、旨いメシが食いたくなる。 おススメ度:★★★☆☆ 芥川賞作家絲山秋子、このエッセイ連載当時、40歳になったとこ …

虎鶫 とらつぐみ -TSUGUMI PROJECT-(1) (ippatu/講談社 )~簡単な紹介とベルセルク、はじめの一歩

近未来サバイバル漫画 まだプロローグ 画力はやはり高いと思う おススメ度:★★★☆☆ 先日、先に亡くなられた三浦建太郎氏の未完のダークファンタジー大作<「ベルセルク」の続きを別の人間が描くと誰が良いか …

アーカイブ