★★★☆☆

幸運の25セント硬貨(スティーヴン・キング/新潮文庫)

投稿日:2017年1月23日 更新日:

  • ジャンルが異なる7つの話を収録した短編集
  • SF、怪談、スプラッターから、表題作のようなホラー要素のないものも
  • スティーブン・キングの作品を一つでも読んでいる方ならおススメ
  • おススメ度:★★★☆☆

本作品は、本来「第4解剖室」という作品集と合わせて一冊の本だったようで、こちらは後編に当たるようだ。ジャンル的には短編ホラー集という風になるだろうか。バラエティ豊かな「恐怖」が7編に渡って味わえる。

スティーブン・キングの作品は、多かれ少なかれ大体低俗で反社会的、且つ悪趣味な要素を持っている。これはもう作者本人が「そんなひと」だと思うのだが、これだけでは単なる猟奇趣味のB級作家だ。キングがただのB級作家に留まらないのは、そのどうしようもない俗悪さの中に、あけすけな人間の本性が現れているからだと思う。誰でも持っている人間の「獣的」な側面を極めてオープンに見せてくれる鏡のようなものだ。

本作品では、短編ごとにホラーのジャンルが違う。「なにもかもが究極的」はSF的なある陰謀の話、「L.Tのペットに関するご高説」は夫婦の決裂を描いてるが、結末に不気味な余韻が残る。「道路ウイルスは北に向かう」「1408号室」はどちらかといえば古典的な怪談で、超常的な存在が出てくる。「例のあの感覚……」と「幸運の25セント硬貨」は1アイデアによる一発作品。前者はややシュール、後者はホラー要素の無い話だ。そして、最もキングらしいと思ったのが血みどろスプラッターの「ゴーサム・カフェで昼食を」で、滅茶苦茶すぎて笑ってしまうが、娯楽性は一番だ。

ただ、キング作品を読んでいつも感じる違和感は「絶対悪=サタン」の表現だ。今回の作品でも、絶対的に邪悪な存在が出てくるが、そもそも日本人には絶対悪の観念が薄いと思うので、ピンと来ない部分もある。日本の恐怖の源は相対的なもので「怨念」や「呪い」「無念」などが源になっていると思う。逆にその違和感がキング作品の独特の面白さとも言えるが。

とにかく、一度でもスティーブン・キングの作品を読んだことのある方なら、いつものあの「感じ」が味わえると思う。それは極めてアメリカ的で、決して道徳的に褒められた内容ではないが、まあ、道徳的に褒められた内容のお話は大抵面白くないと相場が決まっているので、やっぱりこっそりと薦めたい。

(きうら)


幸運の25セント硬貨 [ スティーヴン・キング ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

日本人の恋びと(イサベル・アジェンデ、木村裕美〔訳〕/河出書房新社)

恋愛と老いと友情をテーマに かなり重い過去を背負った人々 現在(2010年代)と過去(20世紀のこと)を交互に描く おススメ度:★★★☆☆ 本作は、イサベル・アジェンデが72歳の時に書いたもの。現代版 …

ステーシーズ―少女再殺全談 (大槻ケンヂ/角川文庫)

スプラッタ系ゾンビもの グロくはあるが余り直接的エロ要素は無い ちょっと変わった少女偏愛小説 おススメ度:★★★☆☆ またグロい小説を読んでしまった。副題に少女再殺全談とあるのである程度、覚悟はしてい …

魔法使いの弟子 (ジョルジュ・バタイユ[著]・酒井健[訳]/景文館書店) ~紹介と考察

バタイユの「恋愛論」についての感想。 失われた実存の総合性を回復させるものとは。 デュカスの同名交響詩に少し触れられている。ちなみにダンセイニの小説とは関係ない。 おススメ度:★★★☆☆ (編者注)本 …

お初の繭(一路晃司/角川ホラー文庫)

製糸工場に売られた12歳の少女が体験する恐怖 湿った雰囲気にキモイ描写、そしてロリータ趣味。 かなりのグロさ。読んだことを後悔する。 おススメ度:★★★☆☆ 主人公のお初は架空の寒村に住む12歳の少女 …

エッジ(上)(鈴木光司/角川ホラー文庫)

人が消える怪現象を追う女性ライター 微妙な既視感・疑問・それでも読んでしまった 下巻には嫌な予感しかしない おススメ度:★★★☆☆ 【鈴木光司は終わったのか】 前回「バースディ」を紹介したとき、もう鈴 …

アーカイブ