3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

ホワイトアウト(真保裕一/新潮文庫)

投稿日:2017年1月24日 更新日:

  • 驚愕するほど読みやすい文章
  • 構成はシンプル。ダムを舞台に男が暴れまわるのみ
  • 小説がオリジナルだが、映画版のノベライズのような作品
  • おススメ度:★★★☆☆

本作は、厳冬期のダムを乗っ取ったテログループに立ち向かう一人の男の孤独な戦いを描いたサスペンス小説だ。過去、織田裕二主演で映画化もされ、和製ダイハードなどと呼ばれていたが、確かに物語の図式はそっくりだ。テロのグループと舞台が違うだけで、このまま翻案してダイ・ハードの続編としてもいいのでは、と思うぐらいである。

私も以前「アクション映画を小悦で表現できないか?」と、考えたことがあるので、この小説の表現したかったことは本当に良く分かる。そして、グイグイ読ませる力もある。しかし、最後まで読んでみると、これは「ダイハードのようなアクション小説」ではなく、「ダイハードのようなアクション映画の脚本の小説化」のような、微妙にずれたものになっているような気がした。

と、いうのも、誰もが読む前に期待するであろう「テログループに立ち向かう孤独なヒーロー」というものに対して、本当に「一人でテログループをやっつける」という答えしかないからだ。一応、テログループのテロの動機、親友とその婚約者とのドラマなども絡めているが、はっきり言ってなくてもあまり変わらない。本当に、ダムを舞台に男が暴れまわる、それ以上でもそれ以下でもないように思う。

テログループが安っぽいとか、ただのダム職員が小銃を乱射するとか、実質ヒロイン不在で盛り上がらないとか、他にも色々不満もあるが、600ページを超えるにも関わらず、驚くほどすんなり読めてしまう点は驚愕に値すると思う。これは皮肉ではなく、あまり内容の深くない長編作品を、これほど読ませるバランスの取れた文章力は、これはこれで凄いものだ。

(きうら)


ホワイトアウト [ 真保裕一 ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

魔境遊撃隊・第一部/第二部(栗本薫/角川文庫)

「栗本薫」が登場する、南島でのクトゥルー作品 ライトなエンタメで、とくに怖くはない。 「グイン・サーガ」の着想を得たという記念碑的作品 おススメ度:★★★☆☆ これまた、『All Over クトゥルー …

レインツリーの国(有川浩/新潮文庫)

ある障害をもつ女性の、恋愛までの道。 関西弁(大阪弁)の男性が正直うざい。 内容を一般化して考えてみる。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、その内容を簡単に説明すると、ある障害をかかえた女性と健常者男性 …

雨月物語(上田秋成、佐藤至子〔編〕/ビギナーズ・クラシックス日本の古典)

『雨月物語』の簡単な成立状況などが分かる 古典への取りかかりにイイ本 和歌や漢詩が効果的に使われているのがよく分かる おススメ度:★★★☆☆ 『雨月物語』は、以前の記事(2017年9月19日)に円城塔 …

恐怖箱 厭鬼 恐怖箱シリーズ (つくね乱蔵/竹書房文庫)

厭な後味がテーマの実録系怪談集 幽霊・呪いなどがバンバン登場する直球怪談 オチが割と明確なので、小説的な楽しみ方もできる おススメ度:★★★☆☆ 連続で当ブログを閲覧されている方には久々のジャンルとな …

『メキシカン・ゴシック』(シルヴィア・モレノ=ガルシア、青木純子〔訳〕/早川書房)~「読書メモ(73)」

「読書メモ073」 古い屋敷に縛られた一族。 主人公の女性が危難を乗り越える。 オススメ度:★★★☆☆ 【作者について】 作者のシルヴィア・モレノ=ガルシアは、メキシコ生まれのカナダ人作家です。「無類 …

アーカイブ