★★★☆☆

荒神(宮部みゆき/朝日新聞社) ~あらすじとおススメ度 ※大きなネタバレなし

投稿日:2017年2月1日 更新日:

  • 元禄時代に現れた怪獣と人々の戦いが真面目に描かれる
  • 登場人物は多いが、丁寧な描写。残酷表現もあり
  • 感想は「ギャーかいじゅうぅ!」に尽きる
  • おススメ度:★★★☆☆

本の帯に書かれていた文句は「東北小藩の山村が一夜にして壊滅する。゛怪物″はなぜ現れたのか? 北の民はどう立ち向かうのか?」しかも作者は宮部みゆきで「大型時代エンターテインメント!」となっていた。今現在、文庫にすらなっていないので、約2000円の本。悩みに悩んだが購入して読んでみた。

物語の導入は最高だ。怪物に襲われて逃げる子供、一人の男とに出会うがそれもどうやら「犠牲者」になってしまったようだ。子供は九死に一生を得るが……という謎めいたもの。そこから元禄時代を舞台に、二つの藩の抗争や謎の風土病などの要素が複雑に絡み合い、やがて、怪物と対峙していく……というのが、大まかなプロットだ。

荒唐無稽な怪物さえ出てこなければ、オカルト要素のある時代小説と言ったところだが、とにかく「それ」が出てくるので、話はだんだん混とんとしてくる。読者は怪物の正体とそれをどうやって倒すのかを期待して読み進めるのだが、綿密な描写も手伝って、怪物登場までは非常に緊張感のある展開が続く。

登場自分が多いのも特徴で、一種の群像劇になっており、好みのキャラクターも出てくるが、逆に感情移入が難しかったりもする。文章自体は作者の力量通り、読みやすくて明瞭だ。心理描写も多いのも特徴。

しかしこれはあくまでも、

「怪獣小説」

なのであり、初代ゴジラ張りにゆっくりと登場する破壊神と人々との闘いを楽しむ小説だ。個人的にはもう少し、怪獣の存在についての論理的補足が欲しかった。非常に真面目に作られた小説で、テーマもあるし泣けるシーンもあるが、期待以上でも以下でもなく、できればもうひとひねり欲しいというところだ。上記の要素が好きな方は、一度読まれてはどうだろうか。

(きうら)


荒神 [ 宮部みゆき ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

悪の教典(貴志祐介/文藝春秋)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

人気者教師のとんでもない素顔を描く学園ホラー・ミステリ 残酷描写はかなり多め。 終盤はあの小説にそっくり。 おススメ度:★★★☆☆ このブログでも何度も取り上げている貴志祐介氏の作品。発表当年は「この …

眼の壁 (松本清張/新潮文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

手形詐欺の真相を探る社会派エンターテイメント小説 流麗な文章できわめて読みやすい ちょっと強引なトリックと時代性のギャップを感じる おススメ度:★★★☆☆ もはや説明の必要のないくらい「砂の器」「点と …

魔法の水(編集・村上龍/角川書店)

作家人が非常に豪華 ホラーと言えない短編もあり 編集者である村上龍氏の短編は強烈 おススメ度:★★★☆☆ 本作は、村上龍の編集によって別々の作者による短編が9つ収められている。作家陣が豪華で、編集者自 …

君主論(マキャヴェッリ〔著〕森川辰文〔訳〕/光文社古典新訳文庫)

マキャヴェリズムの語源となった書物です。 当時のイタリア(ルネサンス)に、新しい君主像という処方箋を。 はっきり言うと、本書の訳文には読みにくい部分があります。 おススメ度:★★★☆☆ 「マキャヴェリ …

ケンジントン公園のピーター・パン (バリー[著]・南條竹則[訳]/光文社古典新訳文庫) ~あらましと感想

有名な「ピーター・パン」の物語とは別の話。 公園での妖精や少女とのうつくしい交流。 箱庭の世界で繰り広げられる不思議な物語。 おススメ度:★★★☆☆ 最初に書いたように、本書は日本でも一般によく知られ …

アーカイブ