★★★☆☆

荒神(宮部みゆき/朝日新聞社) ~あらすじとおススメ度 ※大きなネタバレなし

投稿日:2017年2月1日 更新日:

  • 元禄時代に現れた怪獣と人々の戦いが真面目に描かれる
  • 登場人物は多いが、丁寧な描写。残酷表現もあり
  • 感想は「ギャーかいじゅうぅ!」に尽きる
  • おススメ度:★★★☆☆

本の帯に書かれていた文句は「東北小藩の山村が一夜にして壊滅する。゛怪物″はなぜ現れたのか? 北の民はどう立ち向かうのか?」しかも作者は宮部みゆきで「大型時代エンターテインメント!」となっていた。今現在、文庫にすらなっていないので、約2000円の本。悩みに悩んだが購入して読んでみた。

物語の導入は最高だ。怪物に襲われて逃げる子供、一人の男とに出会うがそれもどうやら「犠牲者」になってしまったようだ。子供は九死に一生を得るが……という謎めいたもの。そこから元禄時代を舞台に、二つの藩の抗争や謎の風土病などの要素が複雑に絡み合い、やがて、怪物と対峙していく……というのが、大まかなプロットだ。

荒唐無稽な怪物さえ出てこなければ、オカルト要素のある時代小説と言ったところだが、とにかく「それ」が出てくるので、話はだんだん混とんとしてくる。読者は怪物の正体とそれをどうやって倒すのかを期待して読み進めるのだが、綿密な描写も手伝って、怪物登場までは非常に緊張感のある展開が続く。

登場自分が多いのも特徴で、一種の群像劇になっており、好みのキャラクターも出てくるが、逆に感情移入が難しかったりもする。文章自体は作者の力量通り、読みやすくて明瞭だ。心理描写も多いのも特徴。

しかしこれはあくまでも、

「怪獣小説」

なのであり、初代ゴジラ張りにゆっくりと登場する破壊神と人々との闘いを楽しむ小説だ。個人的にはもう少し、怪獣の存在についての論理的補足が欲しかった。非常に真面目に作られた小説で、テーマもあるし泣けるシーンもあるが、期待以上でも以下でもなく、できればもうひとひねり欲しいというところだ。上記の要素が好きな方は、一度読まれてはどうだろうか。

(きうら)


荒神 [ 宮部みゆき ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上巻・下巻)(村上春樹/新潮社) ~作品概要と感想

幻想世界とリアルな冒険が交互に描かれる不思議な小説 物理的なアクションシーン、精神的な「消失」が「怖い」点 村上春樹節全開。「やれやれ」「勃起」などに反応できる方であれば必読 おススメ度:★★★☆☆ …

地下鉄道(コルソン・ホワイトヘッド、谷崎由依〔訳〕/早川書房)

黒人少女コーラが奴隷のくびきから「逃げる」 逃亡奴隷を追う奴隷狩り人の執拗さと凶悪さ 19世紀アメリカ南部にはびこる奴隷制を、虚実をまじえて描く おススメ度:★★★☆☆ 【あらすじ】 ジョージアのとあ …

邪魅の雫(京極夏彦/講談社) ~続刊「鵺の碑」はいつ出るのか&感想

毒をテーマにミステリ寄りの展開 全体的に薄味の内容で、物足りない 続編は現段階でやはり未定。詳細は下段参照 おススメ度:★★★☆☆ 2017年現在、京極夏彦のデビュー作「姑獲鳥の夏」から長編8編、短編 …

魔法の庭・空を見上げる部族(カルヴィーノ、和田忠彦[訳]/岩波文庫)~(020)

読書メモ(20) カルヴィーノの初期短篇集 ユーモア、かなしさ、明るさ、ちょっとした不安あり(目立った怖さはない) おススメ度:★★★☆☆ 以前、『魔法の庭』として単行本とちくま文庫から出されていたも …

ジーキル博士とハイド氏(スティーヴンスン[著]・村上博基[訳]/光文社古典新訳文庫) ~概略と感想、ネタバレあり

超有名な架空の人物。 何も知らずに読むと、ミステリーとして読めます。 怖いというより、暗い感じの悲劇。 おススメ度:★★★☆☆ 「ジキル(ジーキル)とハイド」は、その名前だけはベストセラーの域にあるほ …

アーカイブ