★★★☆☆

鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまで(宮部みゆき/光文社) ~簡単なあらすじとレビュー

投稿日:2017年2月3日 更新日:

  • 超能力を持った女性をテーマにした3つの物語
  • ジャンルはSFサスペンスだが、十分なリアリティ
  • 語り口の巧みさで読みやすい小説
  • おススメ度:★★★☆☆

本作品では特殊な能力を持った3人の女性の物語が描かれている。死んだ両親が残したビデオから自分に特殊な力があったことを知る「朽ちてゆくまで」、パイロキネシス(火を発生させることのできる能力)を持った女性の復讐譚「燔祭」、他人の心が読める女性刑事の苦悩を描く「鳩笛草」。

作品紹介に「傑作推理小説」と書かれているが、全く推理要素がない。現代を舞台にしたSFサスペンスと言ったところではないだろうか。図らずも超能力を持ってしまった3人の女性の数奇な運命が哀しさたっぷりに描かれていて、広義ではホラーの要素もちょこっと入っている。

宮部氏の作品は、以前「レベル7」「魔術はささやく」「かまいたち」などを読んだが、微妙なリアリティと悲劇性が自分に合わず、どうもスッキリしない読後感だった。しかしながら、魅かれる要素も多く、今回の作品も設定の面白さは抜群だと思う。

本作は超能力をテーマにしているが、いずれも前半でたっぷり感情移入させておいて、後半で悲劇(あるいはちょっと切ない展開)に持っていく。前半の導入部分が巧みなので、超能力を扱っていても違和感が余りないのは流石だ。また、2作目の燔祭(はんさい)は、長編「クロスファイア」につながる作品らしく、女性と主役の男性との心理描写がスリリングだ。

総じて、SFとしてのアイデアはありふれているが、語りの巧みさで楽しませるタイプの小説で、読みやすさは抜群だ。どれも短編なので物足りなさはあるが残酷度も低く、これはこれで十分楽しめる作品集だと思う。

(きうら)


鳩笛草 [ 宮部みゆき ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

踊る男 (赤川次郎/角川文庫) ~あらましと感想

33篇のショートショートミステリ アイロニーとユーモアに溢れる 一番古い話は1979年に朝日新聞に掲載 おススメ度:★★★☆☆ 軽く洒脱な文章で名を成した赤川次郎による、さらに軽さを増したショートショ …

ビッグドライバー(スティーヴン・キング(著)/ 高橋恭美子、風間賢二 (訳))

レイプされた女性の復習劇 と、夫の連続猟奇殺人に気付いた妻の苦悩 キング節たっぷり、いい意味で不愉快 オススメ度:★★★☆☆ 稀代のモダンホラー作家・スティーヴン・キングの作品を一つも読まれていないな …

隣の不安、目前の恐怖(アンソロジー/双葉文庫)

「日本推理作家協会賞受賞作家短編集」 隣人や家族における、不安や恐怖または異変 まあまあのおもしろさ おススメ度:★★★☆☆ アンソロジー(異なる作家の作品をテーマ別などでまとめたもの)を読むおもしろ …

眼の壁 (松本清張/新潮文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

手形詐欺の真相を探る社会派エンターテイメント小説 流麗な文章できわめて読みやすい ちょっと強引なトリックと時代性のギャップを感じる おススメ度:★★★☆☆ もはや説明の必要のないくらい「砂の器」「点と …

ベルセルク 39(三浦建太郎/ヤングアニマルコミックス) ~ベルセルクの今と昔(後編) ※基本的に38巻まで読まれた方向け

遂に妖精の王と謁見。キャスカの運命は? 完全にファンタジー回帰、しかも穏やか 内向的なストーリー展開 おススメ度:★★★☆☆ (あらまし)数々の脅威を退けて、ガッツたちはついに妖精たちの王の住む島に上 …

アーカイブ