★★★☆☆

邪魅の雫(京極夏彦/講談社) ~続刊「鵺の碑」はいつ出るのか&感想

投稿日:2017年2月5日 更新日:

  • 毒をテーマにミステリ寄りの展開
  • 全体的に薄味の内容で、物足りない
  • 続編は現段階でやはり未定。詳細は下段参照
  • おススメ度:★★★☆☆

2017年現在、京極夏彦のデビュー作「姑獲鳥の夏」から長編8編、短編集5編が発刊されている「百鬼夜行シリーズ」の長編最新刊に当たる本作。とは言え刊行は2006年。ファンの間では、長編の続編が出るのかどうかが長年話題になっているが、それも含めて紹介していきたい。

本作も、第二次世界大戦後の東京を舞台に、怪しい出来事といつもの妖怪のエピソードが交わる構成で、ホラーというよりはミステリ寄りの構成だ。「毒」をテーマに榎木津、益田、関口、京極堂などのいつもの登場人が活躍する。

ここまでこのシリーズを読み続けたきたファンにとっては詰まらない作品ではないが、期待していた程の感動も味わえない、というのが感想だ。物語の構造はこれまでと同じで、事件があり、犯人がいて、事件の真相があって、京極堂が解決する--。登場人物の内面は細かく描写されているし、興味深い設定も多い。ただ、これまでに比べ足りないものもあった。
明確に欠けているのはいつもの妖怪に対する解説、大幅に不足しているのは、事件のキーワードに対する薀蓄だ。これらは必ずしも必要なわけではなく、むしろ一般的には読みにくい部分だったのだが、長年のファンには「ストーリーが停止し、膨大な薀蓄を読まされる」という一種マゾヒスティックな喜びがないのは寂しい感じだ。
シリーズ物は、長く続けば中身が変化していくのは当然だと思うが、何だか薄味になってしまった感がある。別な言い方をすれば、普通になって読みやすいとも言える。しかしもう一度「姑獲鳥の夏」での「本に酔う」という感覚を味わってみたい。

さて次回作については、本の裏表紙にタイトルが載っているので、ほとんどの方がご存知だと思うが「鵺の碑」という。これが、実に10年発刊されていない。私自身も今も諦め半分に期待しているので、少し調べてみた。

公式ホームページには本人の談として、2008年9月12日に「まず、シリーズの次作に予定されております『鵺の碑』は、講談社ノベルスからではなく、他の出版社から、別な形で刊行されることになります」と、書かれている。正確な情報はこれだけで、後は憶測があふれているが、まとめてみると、次のような感じだ。

1.作品自体は既に完成している。
2.出版社との何らかのトラブルがあった。
3.原発がらみの内容だったが、東日本大震災の発生で発売延期になってしまった。

と、いう程度で、真相はわからなかった。無念。

ちなみに私は「内容に何らかの問題があったが、作者の興味が他のテーマに移ってしまい、改稿されないままズルズルと時間だけが経っている」のでは、思っているがどうだろうか。近日発売となっているらしいので、正式に完結というわけではないと思うのだが、期待して待ちたい。

(きうら)


邪魅の雫 [ 京極夏彦 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

とにかくうちに帰ります(津村記久子/新潮文庫)

(小さな)職場という狭い範囲での出来事。 あるフィギュア選手をめぐる話。 豪雨の中で必死に歩く姿が、人生の謂を思わせる。 おススメ度:★★★☆☆ 『職場の作法』……「私」こと、「鳥飼」の視点から職場の …

パルプ(チャールズ・ブコウスキー、柴田元幸[訳]/ちくま文庫)~読書メモ(35)

読書メモ(035) いい加減な探偵が奇妙な依頼を受けまくる 猥雑だがどこか爽快で、読みやすい、しかし気も滅入る おススメ度:★★★☆☆ 【あらすじとか感想とか】 ブコウスキーは、今年が生誕100年かと …

ニーチェと世界と、いろんな謎 ~ニーチェ入門(清水真木/ちくま学芸文庫)/なぜ世界は存在しないのか(マルクス・ガブリエル、清水一浩〔訳〕/講談社選書メチエ)

他人の〔ニーチェ〕解釈を、自らの論文で批判しかしてこなかったという著者による初の入門書。 ニーチェという人物への入口として分かりやすい。 二人の〔かなり長い〕会話が繰り広げる、ある存在の謎。 おススメ …

中島らものたまらん人々 (中島らも/双葉文庫)

いそうでいない変なヒトビトの図鑑 絶妙な文章とイラスト 今話題のコンプライアンス的には猛烈にアウト おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 本書は、著者(故人)自身とその周囲の「コワい」人々を語るエッセ …

ブラックホールをのぞいてみたら(大須賀健/KADOKAWA)~概略と感想

簡単にブラックホールのことがわかる。 「大胆な簡略化」がされていて、厳密な説明がなされるわけではない。 でも、(私のような)理系オンチにはわかりやすい。 おススメ度:★★★☆☆ 2017年のノーベル物 …

アーカイブ