3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

恐怖箱 厭鬼 恐怖箱シリーズ (つくね乱蔵/竹書房文庫)

投稿日:2017年2月8日 更新日:

  • 厭な後味がテーマの実録系怪談集
  • 幽霊・呪いなどがバンバン登場する直球怪談
  • オチが割と明確なので、小説的な楽しみ方もできる
  • おススメ度:★★★☆☆

連続で当ブログを閲覧されている方には久々のジャンルとなる実録系怪談集。決まった主人公がおらず、作者が聞いた(あるいは一部創作・加筆した)「本当にあった」短いエピソードが35編集めれている。表題にも書いたが、2017年2月現在「Kindle Unlimited」対応なので、アマゾンプライム会員の方なら無料で読むことが可能
内容の主な特徴は3つ。「霊的な存在」「厭な後味」「オチが割と明瞭」。

「霊的な存在」に関しては、当然と言えば当然だが、その存在が生きているか死んでいるかかかわらず、いわゆる「死霊・生霊・祟り・呪い」関連のエピソードが多い。例えば「ねぇ」というエピソードでは明らかに幽霊と思われる少女とのちょっと切ない交流が描かれている。何らかの合理的解釈がある話が好きな方には不向き。

「厭な後味」これはもうタイトルにあるのだから、狙ってテーマにしている内容だ。全てがそうではないが、いわゆる「傍観者だと思っていた人間が実は騙されて巻き込まれている」ようなエピソードがある。他にも、怖いというより不気味がオチが「ポリ袋女」なども印象的だ。誰も救われない話だが、構成が凝っていて面白い。

「オチが割と明瞭」というのは、作者の作風なのだろうが、これまで読んだ実録会談のように「投げっぱなし」感が少ない話が多い。「菊枕」という話は、主婦の心の暗部を描いているが、最後のオチがニヤリとさせるような内容だ。起承転結がしっかりしているので、ノンフィクションにフィクション要素が足されているように思えるのがこの本の特徴だろう。

取り留めのない感想になってしまったが、どのエピソードも工夫されていて、ちょっとした読書には最適だ。作者にスプラッター的趣味はないが、それなりに残酷なシーンも出てくるのでご注意を。こういっては失礼でなければ「暇つぶしに読むには最適」な一冊だと思う。

ちなみにAmazonプライムの紹介は以下をどうぞ。この本以外にも実録系怪談集は多数読める。これはブログの趣旨に反するが実は本よりもビデオの方が充実していて「お急ぎ便」のおまけだと思えば、十分すぎるほどだ。月に1度以上Amazonを利用する方にはオススメ。

(きうら)
Amazonプライム


恐怖箱厭鬼 [ つくね乱蔵 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

最近読み終えた作品(2018年4月) ~黄色い雨/戦う操縦士

黄色い雨(フリオ・リャマサーレス、木村榮一〔訳)/河出文庫) 戦う操縦士(サン=テグジュペリ、鈴木雅生〔訳〕/光文社古典新訳文庫) 最近読んだ海外文学の感想です。 朽ちていく村と運命を共にする「私」( …

甲賀忍法帖(山田風太郎/講談社)

忍術バトルが見もののエンタメ小説 展開がかなり早い 個人的に伊賀の方が悪者のように思えてしまう おススメ度:★★★☆☆ 【あらすじ】 時は、江戸時代初期。大阪冬の陣の半年ほど前のこと。徳川家康は将軍後 …

隣の家の少女(ジャック・ケッチャム/扶桑社ミステリー)

「少女虐待」という強烈なモチーフ 悪趣味かつグロテスク、ある意味期待通り 興味本位で読むのはお勧めできない おススメ度:★★★☆☆ 「読後感が最悪の小説」のベスト1に選ばれていることもある、実話をヒン …

昆虫を食べる!(水野壮[監修]/洋泉社新書y)/食べられる虫ハンドブック(内山昭一[監修]/自由国民社) ~食糧難と昆虫

歴史ある昆虫食の文化。 これからの食糧難に向けてひとつの解決策となるか。 簡単な「食べられる虫」の写真付きガイド。 おススメ度:★★★☆☆ 『未来の年表』の本の中でも危惧されていた「食糧難」を解決する …

あくむ(井上夢人/集英社)※電子書籍版

悪夢をテーマにした短編集 興味深い設定で文章も読みやすい 話のオチには物足りなさを感じる おススメ度:★★★☆☆ 目が覚めると、全身が動かず、おまけに目も見えない。医者の説明によると、全身複雑骨折で、 …

アーカイブ