★★★★☆

ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (スティーブン・キング/新潮文庫)

投稿日:2017年2月11日 更新日:

  • 「ショーシャンクの空に」の原作「刑務所のリタ・ヘイワース」を含む中編2本を収録
  • 映画の追体験に最適。ただし、ラストのニュアンスが微妙に違う
  • もう一本の「ゴールデンボーイ」は割と地味なナチスものサスペンス。
  • おススメ度:★★★★☆

映画好きの方にはもはや紹介するまでもない大傑作「刑務所のリタ・ヘイワース」=「ショーシャンクの空に」の原作が収録されている一冊だ。タイトルが「ゴールデンボーイ」なのでややこしいが、つまり2本の中編が収録されているということだ。

まずは「刑務所のリタ・ヘイワース」。映画を観た方なら一目瞭然のあるアイテムの名前なのだが、一応、あらすじを簡単に説明すると妻殺しの冤罪で投獄された銀行家が刑務所で様々な経験を積み、最後には脱出を図るというもので、これだけでは凡百の脱獄もののようにしか思えないが、そこがスティーブン・キング。様々な印象的なエピソードと所々にある残酷描写で読み手を引き付ける感動作だ。

映画と比べてどうかと聞かれれば、ほんとんどそのまま。映画のシーンが目に浮かぶようだ。ただし、ラストシーンは微妙な差がある。個人的には映画のラストシーンは最高の名シーンだと思うので、ラストだけなら映画版が好みだ。この辺は一度読んで確認を。そういえば同じキングの映画「ミスト」も結末が大きく変わっていた。

もう一本の「ゴールデンボーイ」のあらすじは、13歳の少年が、偶然、近所に住む元ナチスの戦犯と思われる老人との交流を描くいわゆるナチスもの。上記の「刑務所のリタ・ヘイワース」に比べるとこちらは悲劇で、派手なシーンもないのだが、見所もあるので、続けて読んでみると面白いだろう。文庫版の分量でいえば、「刑務所のリタ・ヘイワース」は162ページ、328ページとなっており、「ゴールデンボーイ」の方が約2倍長い。タイトルが「ゴールデンボーイ」なのもその為かも知れない。

ちなみに副題が「恐怖の四季 春夏編」となっているが、秋冬編ももちろんあり、あの「スタンド・バイ・ミー」ともう一本の話が収められている。

(きうら)


ゴールデンボーイ改版 [ スティーヴン・キング ]


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

クリムゾンの迷宮 (貴志裕介/角川文庫) ~簡単なあらすじと感想

隔離された舞台での頭脳戦を描くサバイバルホラー 非常にゲームを意識した展開。結末に物足りなさも 痛い描写も多数あるので、苦手な方は注意 おススメ度:★★★★☆ 表紙の写真にあるようなまるで火星のような …

ダークナイト(クリストファー・ノーラン /監督)

何かと話題のジョーカー像 ヒース・レジャーはやはりスゲェ 映画としても面白い おススメ度:★★★★☆ 今さら感は満載だが「ジョーカー」が公開中の今、何とはなしに前作に当たる「ダークナイト」を見てみたら …

うなぎ鬼(高田侑/角川ホラー文庫)

裏社会系正統派(?)エログロホラー 本当にあった「ヤバい話」風でもあり、都市伝説風でもあり 最後、微妙に狙いがズレた気がするが…… おススメ度:★★★★☆ 過激なものから、純文学まで振れ幅が激しくなっ …

わたしを離さないで(カズオ・イシグロ、土屋政雄[訳]/ハヤカワepi文庫) ~途中からネタバレ感想

平易な文章と、密度の濃い内容。 ある役目を生得的に背負った人物たちの、閉塞的な世界。 この紹介文の後半はネタバレ混じりです。 おススメ度:★★★★☆ 【ネタバレ抜きのあらすじ】 本書の主人公、というか …

紫の雲(M・P・シール、南條竹則[訳]/ナイトランド叢書)

「SF作家」シールの代表作 死をもたらす紫の雲 冒険ものにはじまり、やがて破滅系SFになり、最後は神話へ おススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 M・P・シールの『紫の雲』(1901)は、ホラーチックな …

アーカイブ