★★☆☆☆

恐怖箱 袋小路(神沼三平太/竹の子書房)~概要と軽いネタバレ、感想 ※Kindle Unlimited対応

投稿日:2017年3月2日 更新日:

  • 実話の短編エピソードを100話収録
  • 玉石混交の内容で、軽い話も多い
  • バラエティ豊か。気軽な読書に
  • おススメ度:★★☆☆☆

百物語(参加者が順番に怖い話を披露する会)を開催している著者が実際に聞いた話をまとめた直球型実話怪談集。この作品の特徴は、本当に100のエピソードが収められていること、そのため、一話一話がとても短いことだ。電子書籍版で、文字の大きさにもよるのだが、1ページで終わるものもあるし、多くても5ページ程度だ。時間にして1分~5分くらいでワンエピソードが終わる。

中身は、伝文調の「本当にあった怖い話」系だが、これが実に玉石混交で、いい話とそうでもないものの差がけっこう大きい。私見だが「玉」の方が少なく、実際に現場で聞いたら怖いかもしれないが、オチもなく怖くもない話も多い。と、思って著者の「あとがき」を読むと「本にする際にこぼれてしまった様々な体験集を中心に編みました」と、あるので、捨ててしまうには惜しいが、何か足りなかった話が多いのも納得だ。

その中でも、もちろん印象に残るエピソードもある。例えば、妙な後味が面白い、大学生が学生時代に電車の中で体験した奇妙なエピソード「砲丸」、産婦人科で働く看護師のエピソード「まとわりつく」は、結構嫌な後味がある、逆にちょっと感動系の「生まれ出づる悩み」は、奇妙だが心が温まる話だ。他にもユーモラスな「戻ってきた話」や「そんな日常」、不気味で恐ろしいカラスにまつわるエピソード「ガラスの瞳」など、打率でいえば一割程度だが何か心の琴線に引っかかるものがある。

とはいえ、ほとんどは「ふーん」で終わる話だが、この本の売りは「実話」かつ「短い」ことで、例えば電車などでの短い読書や百物語のシミュレーションには向いていると思う。あと、非常に珍しいことだが、著作権が「表示-非表示」ライセンスに準じるということで、朗読やコミック化は著者名と書作名を明記すれば自由とあるので、マンガのネタ本としても使えるだろう。
現在のところ「Kindle Unlimited」対応なので、プライム会員の方は気軽に読まれてはどうかと思う一冊だ。

(きうら)



-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

忌み地 怪談社奇聞録 ( 福澤徹三・糸柳寿昭(共著)/ 講談社文庫)

実在する怪談蒐集団体のお話 糸柳と上間という二人の人物が取材した内容 を、取材した現代怪談集 オススメ度:★★☆☆☆ 冒頭でこの本が怪談社という団体に所属する二人の人物の取材記であることが記される。結 …

夏の滴(桐生祐狩/角川ホラー文庫)

少年少女の日常生活が壊れる系のホラー かなりのトンデモ結末 読むのを勧めるかどうかは非常に迷う おススメ度:★★☆☆☆ 本の帯に書いてある導入部の紹介を引用すると「藤山真介。徳田と河合、そして転校して …

首都消失 (小松左京/ハルキ文庫)  ~概要と感想、かなりのネタバレ

タイトルが全てのがっかりSF小説 首都は消失する、するが…… 読みたいテーマと微妙に違う おススメ度:★★✩✩✩ (あらまし)首都圏に突如発生する正体不明の異変。都心を半径30㎞、高さ1000mにもな …

川を覆う闇(桐生祐狩/角川ホラー文庫)

不潔と清潔とのたたかい とにかくお下劣ばんざい でも、文章(文体)は、まとも おススメ度:★★☆☆☆ 【まえおき】 一か月に15冊くらいの本を読んでいる。図書館で借りてきて部分的に読む(見る)ものを含 …

狐火の家 (貴志祐介/角川文庫) ~簡単なあらすじの紹介と感想

作者の前作「硝子のハンマー」に続く短編集 前作を読んでいることが前提なので注意。 作者の持ち味と作品のテーマがずれている気がする おススメ度:★★☆☆☆ 前作・密室の謎を解く正統派ミステリー「硝子のハ …

アーカイブ