3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

ザ・スタンド(4)(スティーヴン・キング/文春文庫) ※レビューとおススメ度、軽いネタバレあり

投稿日:2017年3月6日 更新日:

  • 「善」の停滞と葛藤を描くシリーズ第4弾
  • 前半は退屈、後半に焦点がある
  • ナディーンに注目。表紙の美しい女性が彼女(だと思う)
  • おススメ度:★★★☆☆

第4巻は、<フリーゾーン>つまり「善」側の人々の葛藤、あるいは、停滞が描かれる。作中としては、もっとも地味な展開をする巻で少々忍耐力がいる。もし、この小説を読んでいない方がいれば、先に(1)(2)(3)の解説を読んでほしい。

疫病でほとんどの人間が死んだアメリカを舞台に、生き残った人々が善と悪に別れそれぞれの思惑と葛藤をじっくりと描く長編小説の第4巻。冒頭にも書いたように、今回は悪の側の勢力の描写はほとんどない。「善」とは何かをじっくりと考える一巻だ。表面的なグロテスク度はかなり低い。

あらゆじは、冒頭に「善」側のリーダーが姿を消すところから話を始まる、混乱、登場人物の激しい葛藤、そして予定通りのジョーカーの発動、最後に山場がある。
最後の山場を除けば、大きなアクションは少ないが、気に入った点を以下に書いてみる。

最初から危ない感じだったハロルド。彼については、おおよそ予想通り。ただ、途中の部分での描写に説得力がある。彼は哀れなキャラクターだ。知らない人には分からない例えで申し訳ないが、任天堂のRPG「マザー」に出てくるポーキーというキャラを連想させる。

そして、個人的に動向が気になっていたナディーン・クロス。彼女もある意味、必然的な行動をとるようになるのだが、非常に興味を惹かれる。ネタバレはしたくないが、表紙の彼女(たぶん)の絵を見れば、今回の彼女の気持ちが的確に描写されていると思う。

作者は「指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)」を意識していたと言っているが、その意味も分かるようにできている。全体の話の流れが同じだからだ。。次回は最後となるので、その辺も考えて見られればいいなと思っている。

全体的には、余り怖くないし、普通に読めば退屈なシーンもあるので、評価は少し下げた。しかし、ここまで読んだら、最後までぜひ読んでほしい。
ちなみに、賢く冷静な登場人物だが腕力が全くないベートマンというキャラクターがいるが、彼の愛犬が非常にかわいい、かつ、カッコいい。短いシーンだが気に入った。犬は人間の最良の友達の一つだと思う。

(きうら)


ザ・スタンド(4)(楽天)


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

エッジ(上)(鈴木光司/角川ホラー文庫)

人が消える怪現象を追う女性ライター 微妙な既視感・疑問・それでも読んでしまった 下巻には嫌な予感しかしない おススメ度:★★★☆☆ 【鈴木光司は終わったのか】 前回「バースディ」を紹介したとき、もう鈴 …

オペラ座の怪人(ガストン・ルルー、平岡敦〔訳〕/光文社古典新訳文庫)

リのオペラ座を舞台にした憎しみと愛の劇 怪人の境遇に同情できるか 恐怖譚の中にひそむ滑稽さ おススメ度:★★★☆☆ 【簡単なあらすじ】 オペラ座に怪人(ファントム)が出没するという目撃情報が流れだした …

水の精(ウンディーネ)(フケー[著]・識名章喜[訳]/光文社古典新訳文庫)~あらすじと軽いネタばれあり

人間の魂を得た美しい女性の悲恋。 三角関係に巻き込まれたダメ騎士? 怪異は出てくるも、メルヘンのようです。 おススメ度:★★★☆☆ 騎士のフルトブラントは、ある女性の要請により「妖しの森」への「肝試し …

ブラックホールをのぞいてみたら(大須賀健/KADOKAWA)~概略と感想

簡単にブラックホールのことがわかる。 「大胆な簡略化」がされていて、厳密な説明がなされるわけではない。 でも、(私のような)理系オンチにはわかりやすい。 おススメ度:★★★☆☆ 2017年のノーベル物 …

『メキシカン・ゴシック』(シルヴィア・モレノ=ガルシア、青木純子〔訳〕/早川書房)~「読書メモ(73)」

「読書メモ073」 古い屋敷に縛られた一族。 主人公の女性が危難を乗り越える。 オススメ度:★★★☆☆ 【作者について】 作者のシルヴィア・モレノ=ガルシアは、メキシコ生まれのカナダ人作家です。「無類 …

アーカイブ