★★★★☆

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間を捨てられるか(岡本太郎・青春文庫)

投稿日:2017年3月10日 更新日:

  • 天才芸術家・岡本太郎氏の自伝的エッセー
  • 「人生の道を踏み外す」可能性がある怖い本
  • 恋愛観などは少し退屈な所も。
  • おススメ度:★★★★☆

今回は「芸術は爆発だ!」の名言や万博公園の「太陽の塔」、巨大な壁画「明日の神話」などで有名な芸術家・岡本太郎氏の自伝的エッセーを紹介。自伝なので、日ごろから手が飛んだり首が飛んだり、少なくとも誰かが死んだり怪我したりするような描写は一切ない。それでもこれは怖い本だと思う。

「この本に影響されると、人生を踏み外す危険がある」というのが理由だ。

冒頭からして「人生は積み重ねだと誰でも思っているようだ。僕は逆に積み減らすべきだと思う」と、来る。何だなんだと思って少し読むと「社会の分業化された枠の狭いシステムの中に自分を閉じ込め、安全に、間違いない生き方をすることが、本当であるのかどうか、…」と、展開されて「『危険な道をとる』と命を投げ出すつもりでそう誓った」と続く。

世間的にも個人的にも、岡本太郎氏は天才芸術家で間違いない。青春時代、フランスのカフェで芸術論や哲学論をその道の有名人と話したり、死後も「記念館」が立つ人間なんて、そんなに多くはない。つまりこれは「天才の思考法」であって、凡人が真似できるかというと、そうそう簡単なものではない。

しかし、である。読み進めていくうちに、この「逆の発想」がいかに大切かが「良く分かってしまう」のだ。「一理ある」と思ってしまう。そうなったら終わりだ。

「本当はやりたいが危険な道と安全だがやりたくない道があれば、間違いなく、危険な道を取るべきだ」と氏は述べる。これが受験勉強に苦しむ学生が読んだらどうなるか、ブラック企業で家族のために辛いサラリーマン生活を行っている者が読んだらどうなるか、生活か理想かに悩んでいる主婦が読んだらどうなるか……。

今の自分に満足していない全ての人間にとって、岡本太郎氏の言葉は、真っすぐに危険な道に誘うものだ。そして、満足している人間は今の日本では少ない。事実、私は過去、この本を読んで退職を決意したことがある。

そういう意味で、この本はまさに強烈な「毒」なのだ。うっかり乗せられてしまうと、何もかも投げ出したくなる。しかし、氏は「命を懸けて」それを現実にやっていた。それを忘れるとえらい目にあう。社会からはみ出して、社会で生きていける人間は少数だ。岡本太郎氏の苦労話も出てくるが、天才でも苦労するような生き方だ。

ということで、興味があれば、氏の芸術作品に興味がなくてもぜひ読んでみて欲しい。この本が「怖い本」であると思っていただけるはず。恋愛観などは少し退屈だが、名言多数、薄い本だが決して読んで損はないと思う。

ちなみに、これの表面上は真逆(に思える)本で感銘を受けたのはV・E・フランクルの「それでも人生にイエスと言う」だ。ナチスの収容所での体験を描いた感動のノンフィクション「夜と霧 新版」の作者の本で、「生きる意味を問うのは間違っている。人生が自分に何を問うているのかが重要」という趣旨の本で、こちらは逆に「まっとうに生きる」ことの重要性を説いている。根本は同じだが、言い方はもっとソフトだ。

ホラー本の紹介を期待している方には、今回は肩透かしだと思うが、とにかく、上記三冊はホラー云々抜きにして特におススメだ。「夜と霧」などは、収容所の恐怖的描写もあるのでまた紹介したい。

(きうら)


(楽天) ]


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

水域(椎名誠/講談社)

怪しくも美しい水のディストピア 椎名誠史上、最高の抒情性 美しいラスト、SFファン必読 おススメ度:★★★★✩ この小説を読もうと思った方、それは正解だ。ハルキストがいるとすれば、私はシーナリスト。そ …

人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション(1) (江戸川乱歩/角川ホラー文庫)

乱歩入門に最適な怪奇短編集 ありそうでない、古そうで古くない 有体に言えば乱歩はすごく有能な変態 おススメ度:★★★★☆ 全然関係ない話から始めてしまうのだが、江戸川乱歩は私の同郷の文人である。同郷と …

塔の中の部屋(E・F・ベンスン〔著〕、中野善夫・圷香織・山田蘭・金子浩〔訳〕/ナイトランド叢書)

超自然現象を、結構冷静な目線で。 オモシロ怖い怪談を含むホラー短編集。 何かを感じるということについて。 おススメ度:★★★★☆ E・F・ベンスンは、「イギリス怪奇小説の名匠」ということで、丁度100 …

Another(アナザー)(水島努[監督]・P.A.WORKS[制作]/TVアニメシリーズ) ~あらすじと感想、軽いネタバレ

綾辻行人原作小説のアニメ化作品。 水島努監督の最高傑作だと個人的には思う。 ついでに実写版『アナザー』についても。 おススメ度:★★★★☆ (簡単な導入説明) 時は1998年、母親の故郷「夜見山市」に …

拷問の話(岡本綺堂/青空文庫)

日本人の誇りを示す貴重な伝聞 拷問とはサディズムにあらす 読みやすい文。感じ入る結末 おススメ度:★★★★✩ (あらすじ)江戸時代、吉五郎という人間が窃盗の罪を犯した。しかし、彼は自白しない為、拷問に …

アーカイブ