★★★★★

残穢 (小野不由美/新潮文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年3月12日 更新日:

  • 実際起こった怪異の謎を追うドキュメントタッチの構成
  • 心霊や呪いを信じるタイプの方は、絶対読まない方がいい
  • 展開は地味だが、リアリティ抜群
  • おススメ度:★★★★☆(あるいは☆☆☆☆☆

久々に「ヤバい」系の怖い本で、久しぶりに直球で怖いと言える一冊だ。しかも、あるタイプの人間には非常に危険だ。この本を読んだことを後悔するだろう。あえて(☆☆☆☆☆)と併記したのは、この本に合わない人には絶対に勧めたくないからだ。たぶんその人に恨まれる。実は書店で店員さんに勧めて頂いたのだが、私自身は後悔はしてないし、勧めてくれたことも感謝している。

内容の骨子はシンプルだ。この本の著者である小野不由美氏が一人称の語り手で、ある人から「部屋から変な気配や床を擦る音がする」という相談を受け、その原因をたどっていくというスタイルだ。残酷な描写も多少はあるが、ほとんどは「調査」なので、スリル、サスペンスなどを求める方には不向きだ。

この本の真骨頂は「リアル」である点だ。怪談のある一つの手法で書かれているが、この本に書かれている内容は、現実としか思えないように書いてある。それがフィクションなのかノンフィクションなのか、本当に知ることは難しいが、たぶん、作り話要素は余りないと思う。

著者の作品は「屍鬼」という作品と「十二国記」の一巻しか読んでなかったが、「屍鬼」は怖いというよりラノベっぽいと思ったし、ファンタジーは大好きだが「十二国史」の世界観は自分には合わなかった。だから、余計に油断していたせいもあるが、まさかこんな風に「仕掛けて」来るとは思わなかった。

何が「怖い」かを説明すると、この本の面白さが損なわれるので、上記の説明からだいたい察して頂ければと思う。ある種の人は「怖いこともないけど地味」というかもしれないし、別の人は「今すぐ本を捨てたい」と思うかもしれない。スプラッター要素等もないので、その辺は心配ないが……。

結論として勧めていいかどうか迷うが、ホラー好きなら読んで損はないと思う。でも、絶対に勧めた私を悪く思わないで欲しい。

(きうら)


残穢(楽天)


-★★★★★
-, ,

執筆者:

関連記事

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ と ゴジラ(後編)【完全ネタバレ】

中途半端な娯楽観は見抜かれる ゴジラと恐怖 それでも怪獣映画は嫌いになれない おススメ度: ★★★☆☆(ゴジラ キング・オブ・モンスターズ) ★★★★★(ゴジラ) 【承前】 「本」ではなく、2019年 …

茄子 スーツケースの渡り鳥(黒田硫黄:原作/高坂希太郎:監督) ~無限の住人との比較・感想

茄子 アンダルシアの夏の続編映画 原作の良さをさらに伸長 経済と芸術について深く考えさせられる おススメ度:★★★★✩ 前日の「映画 無限の住人」について、改めて思い返してみたが、やはり、三池監督(あ …

シークレットレース(タイラーハミルトン/小学館文庫)

自転車レースの裏側、ドーピングを語るノンフィクション 偉大なチャンピオンの転落劇を生中しく語る 暴露本だが感動する。みんな必死なんだ。 おススメ度:★★★★☆ 自転車レース。今回は、競輪のことではない …

殺人犯はそこにいる (清水潔/新潮文庫)

実在の誘拐事件に迫る迫真のドキュメント 日本の警察や司法、マスコミへの警鐘 心を揺さぶる文章。読まないのはもったいない おススメ度:★★★★★ 実はこれを「怖い本」というカテゴリーで紹介していいのか迷 …

あしたのジョー 〜力石戦後から最終話まで(梶原一騎・原作/ちばてつや・画/講談社)

不器用なジョーの生き様に号泣必至 ラスト2巻の鬼気迫る緊張感 デッサンどうこうではなく漫画が上手い オススメ度:★★★★★ (あらまし)宿命のライバルと正々堂々と渡り合った結果、ジョーは力石に敗れる。 …

アーカイブ