★★★★☆

幽霊人命救助隊 (高野和明/文春文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年3月17日 更新日:

自殺者が幽霊となって100人の人間を救助

幽霊という題名だが、ホラーではなくエンタメ小説

まったく怖くはないが、面白い

おススメ度:★★★★☆

この本は上記の通り、設定こそ「幽霊」という単語が出てくるが、ホラーではなく、どちらかというと、ギャグ要素のあるファンタジー・ハートフルストーリーに近い。怖い本を探している方は、スルーして頂いた方がいいと思う。ただ、面白いのは確かなので、紹介してみたい。

あらすじ-受験失敗で自殺した主人公・裕一は、神様から「自殺した命の償いのために、幽霊になって100人の自殺者の命を救え。そうすれば天国に行かせてやる」と、言われ、同じ立場の他の二人と共に、自殺者の救助に奔走するというもの。時間制限つきだ。

まず、3人の幽霊のキャラクターが面白い。大学生、やる気のないOL、任侠ヤクザの親分。主に彼らの掛け合いで小説が進むのだが、純朴な青年Xやる気のない女X下品なヤクザのおっさん、という組み合わせで色んなパターンで笑わせてくれる。感動もする。

次に、多少ネタバレになるが、自殺者を助けるために、形のあるものに直接、触れたりはできない。ただ、自殺者を見分けて、心に働きかけることができる。具体的には「呼びかける」とすこし「反応がある」という程度だが、その力で自殺者を救う。例えば、リストラされて死にたい孤独なサラリーマンなどの対象を。

この小説の面白さは、その助け方に工夫があるところで、思わず笑ってしまうものから、しんみりさせるものまで様々だ。その助け方が面白く、最初の一人を助ける所を観たら、次も読みたくなると思う。全殺しを目的とする「バトルロワイヤル」とは逆の発想だ。

オチなどを期待する小説ではないが、楽しい展開で、非常に面白い。エンターテイメント小説としては完成されていると言っても過言ではない。ただ、何度も書いてしまうのだが、直接的なホラーではないので、ご注意を。

年間の自殺者は近年、2万人以上3万人以下で推移している。一方、先日の「殺人犯はそこにいる」のように、生きたくても理由もなく殺されてしまう人も多い。世の中は一体どうなっているのか、本当に良く分からない。自殺したくなる気分は分かる。誰でも落ち込むものだ。本当にそう思ったら止められない。でも、もし、身近に自殺を考えている人がいたら、何かできるんじゃないか、と思わせてくれるいい小説だと思う。

気軽に楽しんで、ちょっと考えさせられる、そんな一冊だ。

(きうら)


[楽天]


-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ずっとお城で暮らしてる(シャーリイ・ジャクスン〔著〕、市田泉〔訳〕/創元推理文庫)

殺人事件のあった屋敷に暮らしてます 周りの人の悪意をひしひしと感じます 閉ざされた世界で自足的に生きていきます おススメ度:★★★★☆ 父:娘よ、シャーリイ・ジャクスンの『丘の屋敷』はもう読んだかい? …

ペット・セマタリー【上・下】(スティーヴン・キング、深町眞理子[訳]/文春文庫)

「モダン・ホラーの第一人者」であるS・キングが描く、死と愛の物語恐怖というより、いのちの峻厳さを感じる様々なパロディ(セルフパロディも含む)があるおススメ度:★★★★☆ 【はじめに、あらすじとか】 …

天帝妖狐(乙一/集英社文庫)

現代的なホラーと哀愁を感じるホラー2本 前者はユーモアを、後者は悲しみを巧みに表現 よくできた中編ホラーだと思う おススメ度:★★★★☆ 色んなホラーを読んできた。著者の作品も「平面いぬ。」「ZOO〈 …

廃市(福永武彦/小学館P+D BOOKS)~紹介とレビュー

少し暗いところと、観念的(抽象的)なところとがあります。 きちんと構成された作品もあります。 表題作の映画についても。 おススメ度:★★★★☆ 福永武彦というと、今では、作家の池澤夏樹の父親としても知 …

洞爺丸はなぜ沈んだか(上前淳一郎/文春文庫) ~あらましと感想、阪神淡路大震災の記憶

日本史上最大の海難事故の記録 冷静で客体化された文章 極限状態での人間の本性を垣間見る おススメ度:★★★★☆ (あらまし)洞爺丸の事故(wiki)と言えば、昭和29年(1954年)に起こった死者・行 …

アーカイブ