3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆

幽霊人命救助隊 (高野和明/文春文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年3月17日 更新日:

自殺者が幽霊となって100人の人間を救助

幽霊という題名だが、ホラーではなくエンタメ小説

まったく怖くはないが、面白い

おススメ度:★★★★☆

この本は上記の通り、設定こそ「幽霊」という単語が出てくるが、ホラーではなく、どちらかというと、ギャグ要素のあるファンタジー・ハートフルストーリーに近い。怖い本を探している方は、スルーして頂いた方がいいと思う。ただ、面白いのは確かなので、紹介してみたい。

あらすじ-受験失敗で自殺した主人公・裕一は、神様から「自殺した命の償いのために、幽霊になって100人の自殺者の命を救え。そうすれば天国に行かせてやる」と、言われ、同じ立場の他の二人と共に、自殺者の救助に奔走するというもの。時間制限つきだ。

まず、3人の幽霊のキャラクターが面白い。大学生、やる気のないOL、任侠ヤクザの親分。主に彼らの掛け合いで小説が進むのだが、純朴な青年Xやる気のない女X下品なヤクザのおっさん、という組み合わせで色んなパターンで笑わせてくれる。感動もする。

次に、多少ネタバレになるが、自殺者を助けるために、形のあるものに直接、触れたりはできない。ただ、自殺者を見分けて、心に働きかけることができる。具体的には「呼びかける」とすこし「反応がある」という程度だが、その力で自殺者を救う。例えば、リストラされて死にたい孤独なサラリーマンなどの対象を。

この小説の面白さは、その助け方に工夫があるところで、思わず笑ってしまうものから、しんみりさせるものまで様々だ。その助け方が面白く、最初の一人を助ける所を観たら、次も読みたくなると思う。全殺しを目的とする「バトルロワイヤル」とは逆の発想だ。

オチなどを期待する小説ではないが、楽しい展開で、非常に面白い。エンターテイメント小説としては完成されていると言っても過言ではない。ただ、何度も書いてしまうのだが、直接的なホラーではないので、ご注意を。

年間の自殺者は近年、2万人以上3万人以下で推移している。一方、先日の「殺人犯はそこにいる」のように、生きたくても理由もなく殺されてしまう人も多い。世の中は一体どうなっているのか、本当に良く分からない。自殺したくなる気分は分かる。誰でも落ち込むものだ。本当にそう思ったら止められない。でも、もし、身近に自殺を考えている人がいたら、何かできるんじゃないか、と思わせてくれるいい小説だと思う。

気軽に楽しんで、ちょっと考えさせられる、そんな一冊だ。

(きうら)


[楽天]


-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

【期間限定】君は今まで買ったイヤホンの数を覚えているか?(Echo Buds 第2世代の戦略的セール)【2022/7/19 UpDate!】

これを発売時に定価で買った人はどうなんだろう とはいえ、この一カ月で4個もイヤホンを買っている俺もどうだ 思い切った値引きだ おススメ度:★★★★☆(5,980円以下で買えるならば) 2022/7/1 …

哲学塾の風景(中島義道/講談社学術文庫)

実況感覚でおくる哲学書読解と、<哲学>実践。 特に何かに役立つわけではないのが、この塾のミソ。 哲学的センスのない人は、哲学書を読む必要がない。 おススメ度:★★★★☆ 哲学者中島義道が、<本当に>哲 …

【2021秋の再掲載シリーズ02】ザ・スタンド(1) (スティーヴン・キング/文春文庫)

強力なインフルエンザの蔓延を描くパンデミック系 様々な登場人物が入り乱れる群像劇 全五巻中の一巻。導入は入り込み辛いが、この先は面白い おススメ度:★★★★☆ 強力なインフルエンザ・ウイルス<スーパー …

紫の雲(M・P・シール、南條竹則[訳]/ナイトランド叢書)

「SF作家」シールの代表作 死をもたらす紫の雲 冒険ものにはじまり、やがて破滅系SFになり、最後は神話へ おススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 M・P・シールの『紫の雲』(1901)は、ホラーチックな …

人体模型の夜 (中島らも/集英社文庫)

ユーモアのある作風が特徴のホラー短編集 豊富なアイデアで読んでいて飽きない オチが滑ることもあるが、よくできた話も多い おススメ度:★★★★☆ 人体のパーツをテーマに18の短編を集めホラー短編集。住人 …

アーカイブ