★★★★★

ザ・スタンド(5) (スティーヴン・キング/文春文庫) ~あらすじとおススメ度

投稿日:2017年3月23日 更新日:

  • 大長編パンデミック系ホラーの完結編
  • 善と悪が交錯するダイナミックな展開
  • 不思議な後味と感動
  • おススメ度:★★★★★

第5巻は、強力なインフルエンザ・ウイルス<スーパーフルー>が実験施設から漏洩したことで、アメリカに住む人々が凄まじい勢いで死んでいく世界から始まった物語の完結編で、残された人々は<善>と<悪>に分かれて、正面衝突する。旅に出た<善>の人々は、<悪>は倒せるのか、どちらへ行こうか揺れ動いていた人々の運命は……ここまで読んで来られた方にはもう、説明不要。とにかく読むしかない。

ちなみにここから読まれた方は(1)を参照してください。

と、いうわけで細かいストーリーは何を書いてもネタバレになるので、あらすじは(4)の続きとだけ書いておく。ちゃんとこの巻でスッキリ完結するので、その点は心配ない。前巻の最後で、だいたい予想できるが、あのキーキャラクター二人が実に面白い役割を果たす。そこが注目点だ。

スティーヴン・キングは、代表作を何作品か読んだが(ITやミスト、ミザリー、グリーンマイル、アンダーザドームなど)、間違いなくこの作品が一番面白いと思う。キャラは立っているし、話も面白いし、何より怖い。古い小説だが、鳥インフルエンザで大騒ぎしていることを思うと、却ってリアリティがあるくらいだ。前にも書いたが「(新しい作品を書いたのに)いまだにこの作品のことを聞かれる」と作者自身が冗談交じりにぼやいていたがそれも納得の出来だ。

正直、たくさんの本を読むので、忘れている本も多い。しかし、この作品だけは不思議と記憶に深く残っている。ホラーというジャンルを超えて、人間の真実に迫る深さがあるからだと思う。作者自身が目指したダークな指輪物語は、成功したといっていいだろう。

もし、このレビューを読んで「ザ・スタンド」を読んでくれた人が一人でもいれば、非常に嬉しい。ありがとうございました。

(きうら)


(楽天)


-★★★★★
-, , ,

執筆者:

関連記事

深夜特急1―香港・マカオ―(沢木耕太郎/新潮文庫)

1986年5月に刊行された突撃海外旅行記 当時としては非常に斬新なノンフィクション 若さ、ただ、それだけを今を感じる おススメ度:★★★★★ 沢木耕太郎(Wiki/1947年11月29日・生)は202 …

変身(フランツ・カフカ/集英社文庫ヘリテージシリーズ『カフカ』より)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

日本一有名な変身譚(おそらく)の新訳 グレゴール・ザムザを襲った悪夢のような境涯と、彼の明晰な自己分析 人間でなくなったものと、その家族との断絶 おススメ度:★★★★★ 夢から覚めたグレゴール・ザムザ …

仕事は楽しいかね?(デイル・ドーテン/きこ書房)

本当に役立つ仕事の本。ただし…… 実行する勇気はあるかね? 私は実行した。その結果は? おススメ度:★★★★★ 仕事は楽しいかね? 何という危険なフレーズなんだろう。今この満員電車に揺られている(通勤 …

高熱隧道 (吉村昭/新潮文庫)~感想とあらまし、軽いネタバレ

黒部峡谷第三発電所建設工事の生々しい記録 トンネル技師の立場から描かれるトンネル掘削の難工事 蟹工船にも通じるある種のプロレタリア的ホラー おススメ度:★★★★★ 随分前に紹介した小林多喜二「蟹工船」 …

『ゆるキャン△』がパワーアップしてかえってきた

『ゆるキャン△(二期)』が 最高で、素晴らしすぎて もう死にそう ほっこり度:★★★★★ 【最新11巻の感想】 コミック『ゆるキャン△』の最新11巻をよみました。静岡県の大井川周辺での、三人の観光キャ …

アーカイブ