★★★★☆

ユリゴコロ(沼田まほかる/双葉文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年3月23日 更新日:

不幸な主人公を襲う驚愕の家族の真実

かなり暗いタッチ&怖い。好き嫌いはあるかも

オチが秀逸。かつ感動できる

おススメ度:★★★★☆

ドックランを経営する主人公が、母親を失い、父が末期癌であるところから物語はスタートする。そして、父のいない部屋の奥で見つけた「ユリゴコロ」というノート。そのノートには家族にまつわる衝撃的な内容が書かれていた……というのが導入部で、後はネタバレになるので、実際に読んでみるのが一番だ。

上記のような設定で始まるので、最初は「暗いな……」と思って読み始めるが、小説内の小説ともいえる「ユリゴコロ」を読むうちに、だんだん面白く、怖くなっていく。いわゆる幽霊ネタではないが、かといってミステリというには違う気もするし、リアルだがフィクションではないし、ジャンル分けが難しい小説だ。

ただ、ホラーで始まって最後には「愛」をテーマに終わるというところが変わっている点だ。それも巧妙に伏線を撒いておいて、後で回収するという形なので、「オチで勝負」的なホラーが好きな人も満足のいく内容だ。ラストはちょっと色々あるが、感動的だ。なかなかこのテーマで終着点をあそこに持っていくのは難しいと思うので、いい小説だと思う。

実は、結構昔に読んでいたのだが、買ったことすら忘れていて、親切な書店の店員さんに薦められて文庫本を買ってきて読んだ。20ページ位で読んだことを思い出した自分は本当に間抜けだが、後悔はまったくない。再読できて楽しかった。逆に張ってある伏線にニヤニヤできる。

と、いうわけで、暗い雰囲気が苦手でなければ、一読をおススメしたい作品だ。

(きうら)

追記1:私に勧めて頂いた店員さん、ありがとうございました。
追記2:明日は更新しませんので、今日は2回更新してます。


(楽天)


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

カフカの父親(トンマーゾ・ランドルフィ、米川良夫・竹山博英・和田忠彦・柱本元彦[訳]/白水Uブックス)

かなり狂ってる人が登場する 奇想とユーモアとナンセンスとシュルレアリスムと 語り手の饒舌さ 奇妙さ:★★★★☆ 【はじめに】 トンマーゾ・ランドルフィ(1908-1979)は、イタリアの文学者。いつか …

猫に関する幻想短編を四つ ~野心的縦断感想文集

いにしえの魔術 (ブラックウッド/創元推理文庫) 猫町      (萩原朔太郎/岩波文庫) 猫の泉     (日影丈吉/国書刊行会) ARIA完全版(1)(天野こずえ/マッグガーデン) 猫と幻想(幻覚 …

天使の囀り (貴志祐介・角川文庫)

気持ち悪いとはこういうことだ 貴志作品で二回読みたくないのはこれだけ 意外に読みにくい文章が惜しい おススメ度:★★★✩✩ (あらすじ)主人公の北島早苗は、終末期医療に携わる精神科医だ。その恋人で作家 …

敗れざる者たち(沢木耕太郎/文春文庫) ~あらましと感想、愚痴

古い時代の「負けた後」の男たちのドキュメント 胸に迫る世の無常と男の意地 人生に疲れていたら、たぶん、泣ける。 おススメ度:★★★★☆ タイトルは「敗れざる者たち」となっているが、実際には「勝てなかっ …

海外文豪のこわ~い話(仮) スペードのクイーン(プーシキン/光文社)&グランド・ブルテーシュ奇譚(バルザック/光文社)

二編とも復讐にまつわる怖い話。 現代的な話として翻案できそうな面白さ。 短編で簡単に読める。 おススメ度:★★★★☆ 『スペードのクイーン』の舞台はペテルブルグ。「若い工兵将校」のゲルマンは、勝負好き …

アーカイブ