★★★☆☆

第三の女(夏樹静子/集英社文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年3月27日 更新日:

交換殺人がテーマのミステリ

ホラー要素と呼べるものは無し

実態はラブストーリー

おススメ度:★★★☆☆

アガサ・クリスティーにもひらがなで読むと同名の本があり、内容を見る限り、「自分が誰を殺したのか分からない」部分にかけて、タイトルを漢数字にしたのはないかと思われる。文庫版の初版が1980年とかなり古いので、いま、読んで正当な評価になるかどうかは分からない。ただ、2008年に32版までいっているので、相当売れた本なのだろう。

(あらすじ)医師と謎の女がパリで出会って、ひょんなことから「互いに殺したい相手」を告白し合う。医師はそれを座興と考えていたが、現実に「殺し起きて」しまう。本当にあの謎の女が殺したのか……という流れで殺人事件が起こる。ごくごくまっとうなミステリ。

話のオチは現代ではよくある手なのだが、出版当時はかなり斬新だったのではないかと思う。偉大な先達ということになるのだろう。怖い要素としては、直接的な残酷描写というよりは「女心」が怖いという感じで、要するに構造はミステリ+ラブストーリーだ。

告白するほどのこともないが、また、蔑視と思われたくもないのだが、いわゆる女性が書いた文章に苦手意識がある。余程巧みな作家でもない限り、文章から「男」と「女」の違いがはっきり分かる。例えば男性作家が全く触れないアクセサリーや心理描写があったりする。この小説も、そう言った傾向はあるが、文章自体は真面目で硬質、読みやすい本だと思う。
いかんせん「旬」は過ぎた感はあるが、それなりに楽しめるミステリなので、それ系がお好きな方はご一読を。

(きうら)


(楽天)


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

冥談(京極夏彦/角川文庫)

死の香り漂う8つの短篇 靄がかかったような景色が広がる 正統派の怪談という気もする オススメ度:★★★☆☆ 冥という漢字を調べてみると「暗い」という意味以外に、奥深い、あの世という意味もあるようだ。当 …

ワルプルギスの夜(グスタフ・マイリンク、垂野創一郎[訳]/国書刊行会)

長篇2本と、短篇・エッセイ各数篇。 幻想的で、神秘主義的な作品群。 ユーモアのあるものもあります。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、「マイリンク幻想小説集」と題された、マイリンクの長篇と短篇〔とエッセ …

メメント・モリ(後藤明生/中央公論社)

「私の食道手術体験」という副題 自らの「入院雑記」を基に再構成したもの 後藤式に綴られる入院体験など おススメ度:★★★☆☆ 【私と後藤明生との出会い】 後藤明生(ごとうめいせい)は、日本の小説家で、 …

幽霊の歴史文化学(小山聡子・松本健太郎[編]/思文閣出版~二松学舎大学学術叢書)~読書メモ(34)

読書メモ(034) 古代から現代までの「幽霊」表象を追う 様々な学術的見地から多角的に「幽霊」を捉える おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 新元号が、「令和」に決まりました。はじめ、「れいわ」と聞い …

新装版 ロードス島戦記 灰色の魔女 (水野良/角川スニーカー文庫)~あらましと感想

シンプルな冒険ものファンタジー 熱血主人公戦士、エルフの美少女、頑固なドワーフに思慮深い魔術師…… 現代ラノベ系ファンタジーの開祖と言える作品 おススメ度:★★★☆☆ 幼いころから本を読むのは好きだっ …

アーカイブ