★★★☆☆

第三の女(夏樹静子/集英社文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年3月27日 更新日:

交換殺人がテーマのミステリ

ホラー要素と呼べるものは無し

実態はラブストーリー

おススメ度:★★★☆☆

アガサ・クリスティーにもひらがなで読むと同名の本があり、内容を見る限り、「自分が誰を殺したのか分からない」部分にかけて、タイトルを漢数字にしたのはないかと思われる。文庫版の初版が1980年とかなり古いので、いま、読んで正当な評価になるかどうかは分からない。ただ、2008年に32版までいっているので、相当売れた本なのだろう。

(あらすじ)医師と謎の女がパリで出会って、ひょんなことから「互いに殺したい相手」を告白し合う。医師はそれを座興と考えていたが、現実に「殺し起きて」しまう。本当にあの謎の女が殺したのか……という流れで殺人事件が起こる。ごくごくまっとうなミステリ。

話のオチは現代ではよくある手なのだが、出版当時はかなり斬新だったのではないかと思う。偉大な先達ということになるのだろう。怖い要素としては、直接的な残酷描写というよりは「女心」が怖いという感じで、要するに構造はミステリ+ラブストーリーだ。

告白するほどのこともないが、また、蔑視と思われたくもないのだが、いわゆる女性が書いた文章に苦手意識がある。余程巧みな作家でもない限り、文章から「男」と「女」の違いがはっきり分かる。例えば男性作家が全く触れないアクセサリーや心理描写があったりする。この小説も、そう言った傾向はあるが、文章自体は真面目で硬質、読みやすい本だと思う。
いかんせん「旬」は過ぎた感はあるが、それなりに楽しめるミステリなので、それ系がお好きな方はご一読を。

(きうら)


(楽天)


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

怪書探訪(古書山たかし/東洋経済新報社)

古書蒐集に心血を注ぐ著者によるオモシロ話 古本が取り結ぶ縁ですね 探偵小説とクラシック音楽と おススメ度:★★★☆☆ タイトルの『怪書探訪』とは一体どういう意味なのだろうか。字面だけから判断すると、「 …

ぼくは眠れない (椎名誠/新潮新書) ~紹介と感想

椎名誠が自身の不眠症について語る 不眠の原因や解決策についての雑記風 余り体系的な話ではないが興味深い おススメ度:★★★☆☆ 私はもう椎名誠の30年来の読者であるが、著者が不眠症であるという事実は、 …

眼の壁 (松本清張/新潮文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

手形詐欺の真相を探る社会派エンターテイメント小説 流麗な文章できわめて読みやすい ちょっと強引なトリックと時代性のギャップを感じる おススメ度:★★★☆☆ もはや説明の必要のないくらい「砂の器」「点と …

椎名誠 超常小説ベストセレクション (椎名誠/角川文庫) ~全体の紹介と感想

椎名誠のもう一つの顔である異常小説作家としての短編集 SF、ファンタジー、ホラー、不条理の要素をごちゃまぜにした不思議な作風 落ちが投げっぱなしの場合もあるが、それがまた味。広くは薦めない。 おススメ …

海の底(有川浩/角川文庫)

突如横須賀だけを襲った謎の巨大甲殻類。 潜水艦にとり残された自衛隊員と、13人の子供たち。 警察組織(特に機動隊員)の意地と奮闘ぶり。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、きうら氏が以前紹介していた(20 …

アーカイブ