★★★★☆

ナイトランド(ウィリアム・ホープホジスン/原書房)※絶版本~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年4月9日 更新日:

  • 長編ファンタジーにホラー要素の加わった冒険譚
  • 得たいの知れない怪物のオンパレード
  • 愛する女性をおもいやる男の一途な想い。いい意味で
  • おススメ度:★★★★☆

イギリスの怪奇小説家ホジスンの最高傑作。舞台は未来の地球。愛妻を失った男が百万年後の地球に転生し、妻のイメージをもつ女性を救うために、化物どもが跋扈する「ナイトランド」へ一人足を踏み入れる。はたして女性を救出し無事帰還を果たせるのか。

百万年後の地球は滅亡の危機にあり、化物から身を守るため人類はピラミッド型の建造物に引きこもり暮らしている。主人公の男はテレパシーで交信した女性のいる、もうひとつのピラミッドに赴こうとするわけだが、ピラミッドの外は危険地帯。魔獣や魔人や悪霊や巨大ナメクジなど、不気味な生物がうようよ。

男は単身それらに立ち向かうわけだが、マンガアニメの『進撃の巨人』でいう壁外調査を一人で行うようなもの。それがどれだけ恐ろしいか分かるだろうか。分かったならいいけど。(この作品にも巨人が出てきますが、そいつらはあまり動くことなくじっとピラミッドを見張っているのみ。こっちの方が不気味だ)

男をそこまでさせる動機は、ただ愛する女性に逢いたい、救い出したいという思いのみ。読者は、襲いかかる脅威の連続に立ち向かう男と共に、あやうい冒険へとひきこまれます。
しかし、後半は愛する人を思いやるシーンの連発、ラヴロマンスに次ぐラヴロマンス。これが書きたかったのかよ作者は。私は後半部分を読んでいる間、頭の中で下世話ながら「Feel like makin’ love」の曲が流れまくってました。

残念ながら絶版なので、図書館などで借りて読んでもらうしかないです。ちょっと冗長な所もありますが、大作ファンタジーが好きな人には是非ともお勧めしたいです。

(成城比丘太郎)

編者注:絶版本なので中古が高すぎるのでご注意を。本当に図書館で探してください。~「営利誘拐なら協力せんぞ」「商売抜きだぁ」(カリオストロの城「ルパン」と「銭形」の会話より抜粋)


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

江戸病草紙(立川昭二/ちくま学芸文庫)~読書メモ(50)

読書メモ(050) 「近世の病気と医療」 病が江戸の人々の暮らしに何をもたらしたのか 個人的おもしろさ:★★★★☆ 【江戸の人々の暮らし本を読む】 最近、『江戸入門』(山本博文〔監修〕、河出書房新社) …

塔の中の部屋(E・F・ベンスン〔著〕、中野善夫・圷香織・山田蘭・金子浩〔訳〕/ナイトランド叢書)

超自然現象を、結構冷静な目線で。 オモシロ怖い怪談を含むホラー短編集。 何かを感じるということについて。 おススメ度:★★★★☆ E・F・ベンスンは、「イギリス怪奇小説の名匠」ということで、丁度100 …

「雨月物語」(『日本文学全集11』)(上田秋成・円城塔[訳]/河出書房新社)~紹介と感想、中程度のネタばれあり

ヴァラエティーに富んだ9編。 観光文学としても読めます。 サラサラと流れるように読める翻訳。 おススメ度:★★★★☆ 『雨月物語』は近世の作品でありながら、(この翻訳によって)まるで現代の幻想怪奇小説 …

月岡芳年 妖怪百物語(月岡芳年・日野原健司+渡邉晃[著]/青幻舎)

芳年の初期から晩年までの作品を集める。 妖怪が書かれたものを中心に。 コミカルなものから端正なものまで。 おススメ度:★★★★☆ 月岡芳年(wikipedia)は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師 …

レオン 完全版 (リュック・ベッソン監督) ~あらすじと感想

孤独な殺し屋と不幸な少女の純愛ストーリー リュックベッソン奇跡の一本 主演二人の出世作 おススメ度:★★★★☆ 最近、やたらと古い映画が観たくなる。先日は「Shall we ダンス? [DVD]」なん …

アーカイブ