★★★☆☆

病の世紀 (牧野修/角川ホラー文庫)

投稿日:2017年4月10日 更新日:

  • 様々な病気が人を殺すバイオSFホラー
  • けっこうグロイので注意
  • オチはイマイチだが、病気系ホラー好きにはいい本
  • おススメ度:★★★☆☆

(あらすじ)色んな奇病が発生する世界が舞台。人体を発火させるカビ、人間を人肉食にする病気、セックスで殺人鬼に変える謎のウイルス。人類はその病気達によって滅ぶのか、その病気をばらまいたのは誰なのか? 2000年初版だが、なかなか現代の状況を先取りしたバイオSFホラー。

と、聞くとすごく面白そうに見えると思うのだが、どうも印象に残っていない。設定というか、出だしというか、テーマは最高だ。グロ描写もあって、その手の残酷系ホラーが大好きな人は満足できんじゃないかと思う。私もこの出だしが良かったので、新書で買っている。

ざっと再読をしてみたところ、問題点は奇抜すぎる点と、オチが弱いところだと思う。全体的に文章も読みやすいし、凡作とはいえないが、傑作でもない。実際の病気をネタにすると、あまりシャレにならないが人体発火病とか、フィクションとして楽しく読める。

人種者別者の登場人物も出てきて、日本人を思い切り馬鹿にする。日本語を喋られないことを詰問すると、日本人をネズミ例えて、ネズミの言葉を人間が覚えるかね? と、切り返す。なかなか吹っ切れたいい描写だと思う。

昨今、人種差別が世の中を賑わせているが、個人が言う分にはケーベツする部分があっても、自由だと思う。嫌いだったら嫌いでいいじゃないか。私は音楽家のセルゲイ・ラフマニノフが大好きだが、彼が存命していた時代のソ連人は嫌いだ。アメリカの文化やジョブスやゲイツは好きだが、原爆を落とした国として今でも恨んでいる。その口でよく、核拡散防止なんて言えるな。盗人猛々しいとはこのことだろ?

それはともかく、本書は水準以上のグロさと面白さがある。万人向けではないので、星は3つだが、機会があったら読んでみたらいいと思える一冊。蛇足だが、現代日本は本当に「病の世紀」だな、と実感する。

(きうら)

(中古/楽天)


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

船出(上)・(下)(ヴァージニア・ウルフ/岩波文庫)

ヴァージニア・ウルフ作品の中では読みやすい。 若い娘が、人との交流の中で成長していく。 <死>が作品を包み込んでいる。 おススメ度:★★★☆☆ 暗い夜の闇の中を、南米へ向けてロンドンから出港する「一隻 …

壁(栗本薫/ハルキ・ホラー文庫)~あらすじと感想 、軽いネタばれ

とあるマンションに引っ越してきた若夫婦の受難 ド直球オカルトかつモダンホラー的 流石栗本薫というべきか、やはり栗本薫というべきか おススメ度:★★★☆☆ 前回のグインサーガ概論で触れたが、本作も後期・ …

切断 (黒川博行/角川文庫)

猟奇的描写からスタートする物語 全編ハードでやや猥雑、そして悲劇的トーン 叙述トリック的だがそれが売りでない所が不思議 オススメ度:★★★☆☆ とりあえず下記の説明だけ読んで、購入してみた一冊。文庫と …

向日葵の咲かない夏(道尾秀介/新潮文庫) あらすじとおススメ度、ネタバレなし

同級生の死の謎をめぐる小学生が主役のミステリ 一人称視点で平易な文章 「予備知識なし」で読む系 おススメ度:★★★☆☆ あらすじは、それほど複雑ではない。夏休み前に友達の家に届け物をしたら、その友達が …

巡査長 真行寺弘道(榎本憲男/中公文庫)

伝統的なはみだし刑事もの警察小説 登場するギミックが新しいところで差別化 テーマは分かるけどスッキリしない おススメ度:★★★☆☆ タイトルだけ読んで買ったので、てっきり昔ながらの「足で情報を稼いで状 …

アーカイブ