3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

病の世紀 (牧野修/角川ホラー文庫)

投稿日:2017年4月10日 更新日:

  • 様々な病気が人を殺すバイオSFホラー
  • けっこうグロイので注意
  • オチはイマイチだが、病気系ホラー好きにはいい本
  • おススメ度:★★★☆☆

(あらすじ)色んな奇病が発生する世界が舞台。人体を発火させるカビ、人間を人肉食にする病気、セックスで殺人鬼に変える謎のウイルス。人類はその病気達によって滅ぶのか、その病気をばらまいたのは誰なのか? 2000年初版だが、なかなか現代の状況を先取りしたバイオSFホラー。

と、聞くとすごく面白そうに見えると思うのだが、どうも印象に残っていない。設定というか、出だしというか、テーマは最高だ。グロ描写もあって、その手の残酷系ホラーが大好きな人は満足できんじゃないかと思う。私もこの出だしが良かったので、新書で買っている。

ざっと再読をしてみたところ、問題点は奇抜すぎる点と、オチが弱いところだと思う。全体的に文章も読みやすいし、凡作とはいえないが、傑作でもない。実際の病気をネタにすると、あまりシャレにならないが人体発火病とか、フィクションとして楽しく読める。

人種者別者の登場人物も出てきて、日本人を思い切り馬鹿にする。日本語を喋られないことを詰問すると、日本人をネズミ例えて、ネズミの言葉を人間が覚えるかね? と、切り返す。なかなか吹っ切れたいい描写だと思う。

昨今、人種差別が世の中を賑わせているが、個人が言う分にはケーベツする部分があっても、自由だと思う。嫌いだったら嫌いでいいじゃないか。私は音楽家のセルゲイ・ラフマニノフが大好きだが、彼が存命していた時代のソ連人は嫌いだ。アメリカの文化やジョブスやゲイツは好きだが、原爆を落とした国として今でも恨んでいる。その口でよく、核拡散防止なんて言えるな。盗人猛々しいとはこのことだろ?

それはともかく、本書は水準以上のグロさと面白さがある。万人向けではないので、星は3つだが、機会があったら読んでみたらいいと思える一冊。蛇足だが、現代日本は本当に「病の世紀」だな、と実感する。

(きうら)

(中古/楽天)


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

日本原発小説集(アンソロジー/水声社)

東日本大震災前(20~30年前あたり)に出版された原発小説集 反原発(原子力)をメインに 野坂昭如のものはおもしろい おススメ度:★★★☆☆ 先日友人から、野坂昭如の『乱離骨灰鬼胎草』という小説が面白 …

海の底(有川浩/角川文庫)

突如横須賀だけを襲った謎の巨大甲殻類。 潜水艦にとり残された自衛隊員と、13人の子供たち。 警察組織(特に機動隊員)の意地と奮闘ぶり。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、きうら氏が以前紹介していた(20 …

ザ・スタンド(4)(スティーヴン・キング/文春文庫) ※レビューとおススメ度、軽いネタバレあり

「善」の停滞と葛藤を描くシリーズ第4弾 前半は退屈、後半に焦点がある ナディーンに注目。表紙の美しい女性が彼女(だと思う) おススメ度:★★★☆☆ 第4巻は、<フリーゾーン>つまり「善」側の人々の葛藤 …

百年の散歩(多和田葉子/新潮社) ~概要と感想、軽いネタバレ

ベルリン観察記のような体裁。 次々と湧き起こる連想。 街そのものの持っている記憶がメイン。 おススメ度:★★★☆☆ 「わたし」は「あの人」を待ちながら、「あの人」との関わりを思い浮かべながら、ベルリン …

グリーン・マイル(1)~(3)(スティーヴン・キング/新潮文庫)

ある不思議な黒人死刑囚と看守たちとの物語 残酷でグロテスク、そしてどことなく不穏 前半では「何を意味するか」は語られない おススメ度:★★★☆☆ この「グリーン・マイル」は、私のような40代には忘れら …

アーカイブ