★★★★★

ルパン三世 カリオストロの城(宮崎駿/アニメ映画) ~ネタバレ感想・観てない人は注意すること

投稿日:2017年4月12日 更新日:

  • 情熱に満ちた宮崎駿監督の最高傑作
  • ナウシカより、シータより、さつきより、キキより、ラナより可愛いヒロイン(異論は認める)
  • これが「ルパン三世じゃない」というモンキー・パンチの抗議も分かる
  • おススメ度:★★★★★

先日「千と千尋の神隠し」を思いっきり貶したら、抗議文が届いたので、今回は宮崎駿先生を思いっきり褒めることにします。褒め殺しじゃありませんよ。マジで。

(あらすじ)みんな大好きルパン三世&次元大介は盗んだ札束が偽札だと知る。それは、ヨーロッパの小国「カリオストロ公国」という架空の国に元凶があると知る。偽札を追った二人は、クラリス姫という可憐な王女と出会い、カリオストロ伯爵の悪行の根源に迫っていく……というお話。

いいエンターテイメント作品には三つの約束がある。

1.悪者が罰を受けるハッピーエンドで終わる(でも少し切ない)
2.何度観ても面白い
3.ヒロインがカワイイ。

その全てを満たしているのがこの作品だ。私はたぶん30回以上観た。最初から最後までセリフをほとんど覚えているのは、この映画くらいだ。その理由を詳しく解説しよう。取り敢えず、インスタントラーメン(赤いきつね)を食ってから続きを書くが、読者の皆様には時差はないはずだ。

1.悪者が罰を受けるハッピーエンドで終わる(でも少し切ない)
思いっきりネタバレだが、この作品で明確に「死ぬ」のはカリオストロ伯爵だけ。それ以外は、誰も死なない。まるで水戸黄門か暴れん坊将軍のような「正義が勝つ」展開。これぞ、ハッピーエンド。でも、ルパンは最後までクラリスを抱きしめない。なんと切ない事か。自分が悪党だから、清純な女の子を抱きしめられないのだ。切ない。でも、それが男だ。本当に大事なものは傷つけたくないのだ。だから、キスは額にしかしない。

2.何度観ても面白い
「トイ・ストーリー」や「ファインディングニモ」、「ズートピア」などで、有名なピクサーの重鎮・ジョン・ラセター監督(Wiki)が、この映画の冒頭のカーチェイスシーンを「新入社員に必ず見せる」という逸話を聞いたことがある。わずかな時間で、最高にスリリングなシーンを作りつつ、観客にこの映画鑑賞に必要な予備知識を全て説明する……。そりゃそうだ。30回観ても面白いと思う。結末は知っている。でも、面白いんだから仕方ない。このシーンに文句のある人は、後でこっそり連絡ください。却って友達になれそうな気がします。

3.ヒロインがカワイイ。
顔はね、完璧にナウシカなんです。でも、非の打ち所がないお姫様。白雪姫より、アナより、紫の上より、完璧なお姫様。可憐で純情で一途で勇気があり、美人で優しい10代の女の子。そりゃカリオストロ伯爵でなくても「ロリコン伯爵」になりますよ。未来少年コナンのラナも可愛い。ラピュタのシータも素晴らしい。ナウシカは神々しい。でも、一番かわいいのは(ハドソン婦人を除けば)間違いなく、クラリス姫だ。「泥棒はまだできないけどきっと覚えます」……そんなことを言われては、まともな男は、絶対に手を出せないよな。分かるだろ?

「魔女の宅急便」公開時のインタビューで、女性インタビュアーが「あなたの作品のヒロインは完璧すぎてオシッコもウンチもしないようで、人間味がない」みたいなことを言っていた記憶が有る。それについて宮崎氏は「だから、魔女の宅急便ではトイレのシーンを入れました」と、答えていた。そのインタビュアーの名前は知らないが、よくも言ってくれたな? クラリス姫のどこがいけないんだ。じゃあ、性欲に塗れていることを隠さない美少年・男性アイドル・俳優をあなたは見たいのか? 男根を勃起させたヒーローアニメを見たいのか? 答えは言わずもがなと思う。異性に関する夢。さっき観た「バックトゥザフューチャー2」でもドクが「最後の謎は女性」と言っていた。幻の何が悪いのか? とにかく、クラリスは完璧なヒロインの一人だ。

これは宮崎駿先生にとっては不本意な結果かもしれないが「ナウシカ」「トトロ」並の再放送を記録しているのは、モンキー・パンチ「原作」の「カリオストロの城」だ。そりゃ、仕方ないよ。若き日の宮崎駿先生が「自分が一番面白いと思うネタ」で勝負した映画だもの。当時はヒットしなかったが、その決断は間違いではなかった。無駄なシーンが全くない。ゲイジュツを意識することもない。ただただ「面白い映画」を目指して天才が作った映画だから。

素晴らしい映画ですよ「ロリコン伯爵」宮崎駿先生、「勲功爵」きうらより。

(きうら)

(楽天)


-★★★★★
-, , ,

執筆者:

関連記事

フランケンシュタイン(メアリー・シェリー、芹澤恵[訳]/新潮文庫)

「怪物」とは何かを考えながら読むと面白い 怪奇小説の古典だが、文学的にも読める 科学主義の時代を告げる作品か おススメ度:★★★★★ 【前口上】 『フランケンシュタイン-あるいは現代のプロメテウス』は …

ウェンディゴ(アルジャーノン・ブラックウッド/ナイトランド叢書)

大自然の脅威や、不可視の霊威を感じ取れる怪異譚(かいいたん) 読みごたえのある3つの中編 クトゥルー(クトゥルフ)神話を知らなくても楽しめる おススメ度:★★★★★ イギリスの怪奇作家、ブラックウッド …

ゲーム・オブ・スローンズ(原作:ジョージ・R・R・マーティン/製作総指揮 : デヴィッド・ベニオフ&D・B・ワイス)

近年稀に見る脚本の出来栄え 色んな方向に突き抜けたファンタジー 原作はともかくドラマは見事 おススメ度:★★★★★ 本ドラマは日本での知名度はその実力からしてかなり低いと思っているが、知っている人は説 …

生まれてきたことが苦しいあなたに(大谷崇/星海社新書)

「最強のペシミスト・シオランの思想」という副題 「気鋭のシオラン研究者」がえがくシオラン像 元気が出るサプリではない(読む人次第) オモシロ度:★★★★★ 【本書について】 まず、本書のタイトルはどう …

新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (J.R.R. トールキン (著)/田中明子 (翻訳)/評論社文庫) ~あらすじと感想

現代ファンタジーの元祖ともいえる偉大な名著 弱きものが勇気で悪を撃つ感動の物語 「読みにくさ」は万人の認めるところ おススメ度:★★★★★ 一般的には、映画「ロード・オブ・ザ・リング(Ama)」と知ら …

アーカイブ