★★★★★

仕事は楽しいかね?(デイル・ドーテン/きこ書房)

投稿日:2017年4月14日 更新日:

  • 本当に役立つ仕事の本。ただし……
  • 実行する勇気はあるかね?
  • 私は実行した。その結果は?
  • おススメ度:★★★★★

仕事は楽しいかね? 何という危険なフレーズなんだろう。今この満員電車に揺られている(通勤中に原稿を書いてる)ドンヨリ濁り目サラリーマン始め老若男女に聞いてみたい。仕事は楽しいかね? 生活は? 勉強は? 人生は楽しいかね?

恋でもすれば違うだろうが、生憎中年ヒラサラリーマンには幻の楼閣だ。じゃあどうすればいい? この圧迫感から自由に生きるにはどうしたらいいのか。実はそれが全て書いてある。そしてそれを実行できるような「気」がしてくる。しかも私はもうしてしまった。

全く同じ趣旨をより芸術的に著述した本が前に紹介した岡本太郎氏の「自分の中に毒を持て」だ。曰く、人生は築くのではない、どんどん手に入れたものを捨てていくのが正解だと。頷ける人が何人いるだろう。

あるいは「ショーシャンクの空に(Ama)」の有名な台詞を引用してもいい。何十年も刑務所で暮らし、老人になってから仮釈放されたレッドという黒人のことば「必死に生きるか、必死に死ぬか?」
これらが分かりにくければこの本を読めば腑に落ちる。要は人生は絶え間ない努力+変化し続けることが必要だと言うことだ。まあ読めばわかる。その成功例がいっぱい書いてある(もちろん小説として読んでも楽しい)

私がこの3ヶ月で実行したことは、7年半勤めた会社を辞め、小説を2本書き、このサイトを立ち上げ、パソコン診断士の資格を取り、20年間好きだったアーティストのライブに初めて行って、ボルタリングをし、道行く他人に話しかけた。昨日は初めて老人以外に席を譲ったし、15年振りに友達に連絡を取った。まだある。アロマも始めた。羊毛フエルトもプラモデルもつくった。詩集もKindleで出版した。職場のフィリピン人にブロークンな英語で冗談を言ってみた。変えられるだけ変え続けてる。

しかし、まだ成功の兆しは全くない。でも、不思議なことに毎日楽しい。往復3時間の通勤も見方を変えれば読書タイムだ。人は私をして変人だと笑う。むしろそれでいいのだ。ゲイツが会社を始めた時、億万長者になると誰が予想したのだろう。

そこはそれ、浮世は世知辛い。もちろん成功せずに死ぬこともよくあるだろう。でも、このまま続ければいいはずだ。苦しかったけどまあいいや、楽しかったから。きっとそう述懐するだろう。さぞや美しい絢爛豪華な走馬灯が回るに違いない。

あなたを「周りから見れば」破滅に導く本当に怖い本だ。ここに一人、犠牲者がいる。

(きうら)

※kindle unlimited対応。こんないい本を対応させるとは侮れない。


(楽天)


-★★★★★
-, ,

執筆者:

関連記事

スターシップ・トゥルーパーズ・2022再び(ポール・ヴァーホーベン監督)

2017年の記事とごちゃまぜで紹介 これが正しい「暴力」だ ディズニーが販売しているのが一番笑えるところ おススメ度:★★★★★ 前回「パラサイト 半地下の家族」を腐したが、ビジュアル的には遥かに危険 …

まっぷたつの子爵(カルヴィーノ/岩波文庫) ~あらましと感想、ネタバレあり

カルヴィーノ作品中屈指の読みやすさ。でもちょっと残酷。 身体が半分に引き裂かれた子爵の物語(寓話)。 老若男女すべての人向けで、感想文の対象に最適。 おススメ度:★★★★★ (あらすじ)語り手の「ぼく …

変身(フランツ・カフカ/集英社文庫ヘリテージシリーズ『カフカ』より)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

日本一有名な変身譚(おそらく)の新訳 グレゴール・ザムザを襲った悪夢のような境涯と、彼の明晰な自己分析 人間でなくなったものと、その家族との断絶 おススメ度:★★★★★ 夢から覚めたグレゴール・ザムザ …

『ゆるキャン△』がパワーアップしてかえってきた

『ゆるキャン△(二期)』が 最高で、素晴らしすぎて もう死にそう ほっこり度:★★★★★ 【最新11巻の感想】 コミック『ゆるキャン△』の最新11巻をよみました。静岡県の大井川周辺での、三人の観光キャ …

桜の下には何がある? ~「桜の森の満開の下/坂口安吾」&「桜の樹の下には/梶井基次郎」

2編とも短くて簡単に読める。 桜には魔力のようなものがある(個人差あり)。 狂気と正気のあやうい均衡が感じられる。 おススメ度:★★★★★ 「桜の森の満開の下」は、桜の魔力にあてられた山賊と、彼が奪い …

アーカイブ