★★★☆☆

6時間後に君は死ぬ(高野和明/講談社文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ

投稿日:2017年4月16日 更新日:

  • 未来予知ができる青年が関わる短編連作
  • 落ちは読めるが面白い
  • ただ、少々わきが甘い気もする
  • おススメ度:★★★✩✩

高野氏の著作は結構読んでいるが、失礼ながら当たり外れが激しい方で、外れると手に追えない甘すぎる作風になる。当たると最高のサスペンスかハートフルストーリーが出来上がる。では、この作品は? ちょうど中間あたりに位置する。もちろん、プロが書いたプロの作品だ。面白い。ただ、手放しでは褒められない。

(あらすじ)他人の未来が「ビジョン」として見える青年・圭史が狂言回し役となり6時間後に死ぬ女性と出会うところからストーリーが進行する。全部で6編の短編が収録されているが、そのどこかに圭史が何らかの役割を果たす。直接連関しているのは、最初と最後のストーリーだけだ。

読後感はなかなかいいし、サスペンス的な部分も、標準的な仕掛けだがよくできている。間に挟まるのは、ファンタジーであったり、女性の友情であったり、ホラーやサスペンスからやや距離を置いて描かれている。どうだろう、ネットで調べて★3.5くらいついているケーキ屋さんで評判のケーキを買ったら中々おいしかった、明日また行こうとは思わないが、機会があればまた食べたい、そんな感じで仕上がっている。

導入エピソードがいけないと思う。たしかに、キャッチーだが先が読めるし、高野氏の実力からすればもう一ひねりできるはずだ。これは職人が職人の仕事をしたことを確認しただけ。ただ、途中のダンサーの話はぐっと来た。こっち方面は求めていなかったが、むしろハートフルストーリーとしての出来映えがいい。

ラストも少々不満だ。後味はいいのだが、そこはもう一回物語を回転させないと「甘く」なりすぎてしまう。やや砂糖過多。ただ、軽い読書には最適だし、不遇な主人公たちに共感できればもっと楽しめる。

これも「本屋の店員さん」に薦めてもらった一冊。もう一冊、高野氏の「K・Nの悲劇」も買った。こちらは未読なので、また読了次第紹介したい。自分の知らない本をいつも快く薦めてくださる「店員さん」への感謝は絶えない。
全体的にはサスペンスといえるが、力を入れず、ゆったり楽しみたい一冊。あえて★3としたが、気分的には3.8ぐらいはあってもいいと思っている。

(きうら)

6時間後に君は死ぬ [ 高野和明 ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

クマにあったらどうするか: アイヌ民族最後の狩人 姉崎等(姉崎等(語り)/片山龍峯(文))

熊ハンターへのインタビュー 日本における熊の生活・生態が良くわかる 重複が目立つところも オススメ度:★★★☆☆ アイヌ民族最後という凄腕熊ハンターと対談形式で語られる「熊」の実態。手に取った動機は単 …

アニメ研究入門【応用編】(小山昌宏〔他〕/現代書館)

「アニメを究める11のコツ」 いろんな視点からアニメをみる 今期(2019春)のアニメ感想も おススメ度:★★★☆☆ 【本書のタイトルについて】 まず本書についてです。この本には前編があるようですが、 …

無惨百物語 みちづれ (黒木 あるじ/角川ホラー文庫) ~感想と紹介、軽いネタバレ

伝聞調のショートショート現代怪談集 類似作品に比べ文章・落ち共に秀逸 ちょっと怪談を読みたいときに最適 おススメ度:★★★☆☆ 現代の怪談を著者が蒐集したという内容で書かれているいわゆる「私の知ってい …

新興宗教オモイデ教 (大槻ケンヂ/角川文庫)  ~あらすじ、感想、軽いネタバレ

人を発狂させる力をもった人間の暴走を描く 青春の行き場のないエネルギーのマイナス方向への発散 精神的なエロ・グロ要素満載 おススメ度:★★★☆☆ 「筋肉少女帯」などミュージシャンとしても有名な大槻ケン …

『ゆるキャン△』と「日常感」(1) ゆるキャン△(あfろ/芳文社)<前篇>

アニメの背景美術にみる「日常感」。 どこでもない場所における、誰でもない人たちによる、放縦で平和な会話です。 かなり主観的な長文感想です(二部構成)。 おススメ度:★★★☆☆ <前篇> 【登場人物】 …

アーカイブ