★★★☆☆

6時間後に君は死ぬ(高野和明/講談社文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ

投稿日:2017年4月16日 更新日:

  • 未来予知ができる青年が関わる短編連作
  • 落ちは読めるが面白い
  • ただ、少々わきが甘い気もする
  • おススメ度:★★★✩✩

高野氏の著作は結構読んでいるが、失礼ながら当たり外れが激しい方で、外れると手に追えない甘すぎる作風になる。当たると最高のサスペンスかハートフルストーリーが出来上がる。では、この作品は? ちょうど中間あたりに位置する。もちろん、プロが書いたプロの作品だ。面白い。ただ、手放しでは褒められない。

(あらすじ)他人の未来が「ビジョン」として見える青年・圭史が狂言回し役となり6時間後に死ぬ女性と出会うところからストーリーが進行する。全部で6編の短編が収録されているが、そのどこかに圭史が何らかの役割を果たす。直接連関しているのは、最初と最後のストーリーだけだ。

読後感はなかなかいいし、サスペンス的な部分も、標準的な仕掛けだがよくできている。間に挟まるのは、ファンタジーであったり、女性の友情であったり、ホラーやサスペンスからやや距離を置いて描かれている。どうだろう、ネットで調べて★3.5くらいついているケーキ屋さんで評判のケーキを買ったら中々おいしかった、明日また行こうとは思わないが、機会があればまた食べたい、そんな感じで仕上がっている。

導入エピソードがいけないと思う。たしかに、キャッチーだが先が読めるし、高野氏の実力からすればもう一ひねりできるはずだ。これは職人が職人の仕事をしたことを確認しただけ。ただ、途中のダンサーの話はぐっと来た。こっち方面は求めていなかったが、むしろハートフルストーリーとしての出来映えがいい。

ラストも少々不満だ。後味はいいのだが、そこはもう一回物語を回転させないと「甘く」なりすぎてしまう。やや砂糖過多。ただ、軽い読書には最適だし、不遇な主人公たちに共感できればもっと楽しめる。

これも「本屋の店員さん」に薦めてもらった一冊。もう一冊、高野氏の「K・Nの悲劇」も買った。こちらは未読なので、また読了次第紹介したい。自分の知らない本をいつも快く薦めてくださる「店員さん」への感謝は絶えない。
全体的にはサスペンスといえるが、力を入れず、ゆったり楽しみたい一冊。あえて★3としたが、気分的には3.8ぐらいはあってもいいと思っている。

(きうら)

6時間後に君は死ぬ [ 高野和明 ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

汚れた檻 (高田侑/角川ホラー文庫)

貧困層の泥沼の社会生活をホラー風味で 犬の繁殖現場を舞台にしたエグイ話 落ちが……と、個人的な既視感 おススメ度:★★★☆☆ 読み始めてすぐにデジャブに襲われた。それもそのはず、最近紹介した「うなぎ鬼 …

『フォンターネ』(パオロ・コニェッティ、関口英子〔訳〕/新潮クレストブックス)~「読書メモ(70)」

「読書メモ070」 「山小屋の生活」 山には人の歴史あり オススメ度:★★★☆☆ 【本書について】 著者のパオロ・コニェッティは、現代イタリアの作家です。本書『フォンターネ』(2013年)は、代表作の …

地下鉄道(コルソン・ホワイトヘッド、谷崎由依〔訳〕/早川書房)

黒人少女コーラが奴隷のくびきから「逃げる」 逃亡奴隷を追う奴隷狩り人の執拗さと凶悪さ 19世紀アメリカ南部にはびこる奴隷制を、虚実をまじえて描く おススメ度:★★★☆☆ 【あらすじ】 ジョージアのとあ …

ニーチェと世界と、いろんな謎 ~ニーチェ入門(清水真木/ちくま学芸文庫)/なぜ世界は存在しないのか(マルクス・ガブリエル、清水一浩〔訳〕/講談社選書メチエ)

他人の〔ニーチェ〕解釈を、自らの論文で批判しかしてこなかったという著者による初の入門書。 ニーチェという人物への入口として分かりやすい。 二人の〔かなり長い〕会話が繰り広げる、ある存在の謎。 おススメ …

古井由吉「木曜日に」を読む

円陣を組む女たち(古井由吉/中公文庫) 古井由吉の処女作「木曜日に」を読んでみる。 はじめの頃から「古井由吉」は「古井由吉」だった。 分明と不分明をかきわけながら確かめる存在のありどころ。 おススメ度 …

アーカイブ