★★★★☆

三毛猫ホームズの推理(赤川次郎/角川文庫)〜あらすじと軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年4月20日 更新日:

  • 気の弱い刑事と三毛猫が密室殺人に取り組む
  • 軽妙な文章、抜群の読みやすさ
  • 落ちは意外とヘビー
  • オススメ度:★★★★☆

最早、伝説となりつつある赤川次郎の最も著名なシリーズの第1作。初めて読んだのは中一のころ。世の中に推理小説というジャンルがあり、それが「けっこう面白い」ことを最初に私に教えてくれた一冊。しかしオチは重いぞ。

(あらすじ)血を見ると貧血を起こすダメ刑事・片山義太郎は、ある大学で売春グループの捜査を命じられる。しかし、事件は起こり、片山刑事は愛猫となるホームズと出会う。そして事件は更に複雑に展開していく。

当時、余りの軽妙な文章に世のブンダンの皆さんは著者を馬鹿にしたが、読者は馬鹿ではなかった。スラスラ読めて面白い「我輩は猫である」が存在するとしても、まさか推理小説に猫が探偵役で出てくるとは、という意外性。

再読して感じるのは読みやすい文体やプロットの裏で展開される余りに寂しい出会いと別れ。特にラスト、いつも片山を明るく支えるあの人の秘密。中学生にはちょっとヘビーな読後感だったろう。

だが、その毒気こそ、このシリーズを支える元となったのだ。甘いだけのお菓子なら食べたくはない。甘さの中の複雑な苦味。無知蒙昧な中一も、理解不能な感情、喜びと悲しみが同時にやってくる「あれ」を感じて、著者の「幽霊列車(Ama)」を買いに走るのであった……。

こんな重い話を軽く飲み込ませるとは、カルーアミルクの様な恐ろしい一冊。時代設定は古いが、ぜひその後で効いてくる「毒気」に触れてみてはどうだろう?

(きうら)

三毛猫ホームズの推理 [ 赤川次郎 ]


-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

クージョ(スティーヴン・キング、永井淳〔訳〕/新潮文庫)

狂犬病にかかった犬がもたらす恐怖 恐怖を中心にして描かれる家族のありよう 日常に潜む崩壊は、ふとしたときに身を寄せてくる おススメ度:★★★★☆ 一か月前の投稿で、「スティーヴン・キングはあまり読む気 …

赤目四十八瀧心中未遂(車谷長吉/文藝春秋)

昭和の尼崎で臓物をさばく堕ちたインテリの悲哀 とにかく猥雑。あらゆる人間の醜さが描かれる 異様な文章力で一度囚われると離れられない おススメ度:★★★★☆ 久しぶりにとんでもないものを読んでしまったな …

ヒトごろし(京極夏彦/講談社) 【感想編】ネタばれあり

土方歳三目線の新撰組伝の感想 「ヒトごろし」とは何か 殺人鬼が平和主義? おススメ度:★★★★☆ 「ヒトごろし」は新撰組をテーマにした京極夏彦の小説である。新撰組・副長、「鬼の」土方歳三を主人公に、一 …

ヒトでなし: 金剛界の章 (京極夏彦/新潮文庫)

不幸な男が非積極的に人を救う話 ヒトでなしとは善で悪でも無い極北のこと 異様にハマってしまった おススメ度:★★★★☆ 久しぶりに本を読んでいて心地良かった。読まなければならない、という主体性を求めら …

引き潮(R・L・スティーヴンスン&ロイド・オズボーン[著]、駒月雅子[訳]/国書刊行会)~あらすじと感想

タヒチにくすぶる三人組。 海に出た三人組のとある計画。 ある島で彼らが出会う強大な人物。 おススメ度:★★★★☆ 著者のスティーヴンスンは、先日紹介した『ジーキル博士とハイド氏』の作者で、ロイド・オズ …

アーカイブ