★★★★☆

下妻物語(嶽本野ばら/小学館)〜あらすじと軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年4月26日 更新日:

  • ど田舎のロリータとヤンキーの友情
  • 露悪的でユーモア満載
  • 残酷さを笑いに昇華
  • オススメ度:★★★★☆

(あらすじ)ロリータファッションに魅力された高校二年生の桃子はダメ親父の失敗のせいで茨城県の下妻の祖母を頼って親父と一緒に身を寄せる。そこでイチコという同い年のヤンキーと出会い、友情を育んだので有った……。

という至極真っ当な友情物語を素っ頓狂なキャラが演じるというのが見どころ。まず驚いたのが、章立てが無く、最初から最後までほぼ間断なくロリータファッションに傾倒する桃子の「自分語り」で続くこと。とにかく切れ目なく妙に残酷な現実を不思議な明るさで生きる主人公の視点を堪能できる。

多分作者のリビドーというか深層心理というか、その辺りがエンジン全開で爆走しているのだと思うが、一見露悪的だが、衒学的側面もあり、妙に確信に満ちた哲学で、難題をやり過ごす様子は痛快だ。ただ、この主人公の「自分語り」が肌に合わなければ嫌悪しか湧かないだろう。間違いなく面白いが、数ページ読んで見てからのご購入をお勧めする。

どこが怖いかと言われると、普段、私たちが取り繕っている常識、日常をことごとく破壊されるところだ。カワイイの何が悪い? 誇りを捨てるぐらいなら孤独に死ね、と桃子は脅して来るのだ。

特徴的なのは母を捨てて、父に着いていくシーン。賢い母は愛と経済という名のセーフティを選択したが、父親は馬鹿全開でまったく救いがない。しかしある種動物的な誇り、無知ではあるが本能には抗わない、という無意識の誇り、善良さを桃子は愛したのかも知れない。

とにかく、切れ目なく続く珍談・奇談を楽しめばよい。ホラーではないが、ハラハラもするし、通り一遍のハッピーエンドもみない。この辺の外し方が、漫画で言えばヘタウマという手法だろう。

ちなみに映画も観たが、こちらもよい作品だ。アメリで有名なジュネ監督の影響は感じるが、主演二人の熱演もあって「超楽しい」。樹木希林の扱い方が素晴らしいと思う。ネタバレはしないが、発射されないミサイルのよう。

心配なのは下妻の人は怒らないかということだが、漱石もあれだけ松山を腐したのだから大丈夫なんだろう。

(きうら)

(楽天)


-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

2666(ロベルト・ボラーニョ/白水社)

850ページを超える分量。しかも二段組。 謎の作家をめぐる、重層的なストーリー。 読書に辛抱強い人向けの本。 おススメ度:★★★★☆ (はじめに)チリ出身の作家ロベルト・ボラーニョの遺作である本書は、 …

大西巨人と六十五年(大西美智子/光文社) ~人生で絶対読むべき本について

約70年間にわたる、たたかいの記録です。 回想記でありながら、著者自らの経歴や想いを綴っています。 ともにあることの倫理。 おススメ度:★★★★☆ 2014年3月12日に、97歳で亡くなった作家、大西 …

杳子・妻隠(古井由吉/新潮文庫)

世間から閉じこもりがちの、一組の男女の奇妙な恋愛。 病の物語といえる。 匂い立つようなエロスが少々。 おススメ度:★★★★☆ 『杳子』は、古井由吉の芥川賞受賞作品です。粗筋としてはこれといった複雑なも …

クリムゾンの迷宮 (貴志裕介/角川文庫) ~簡単なあらすじと感想

隔離された舞台での頭脳戦を描くサバイバルホラー 非常にゲームを意識した展開。結末に物足りなさも 痛い描写も多数あるので、苦手な方は注意 おススメ度:★★★★☆ 表紙の写真にあるようなまるで火星のような …

動きの悪魔(ステファン・グラビンスキ、芝田文乃〔訳〕/国書刊行会) ~ネタバレあり感想

グラビンスキ短篇集の本格的な初邦訳 鉄道にまつわる(神秘主義的)怪談集 鉄道のもつ「動き」や怖さが感じられる おススメ度:★★★★☆ 【まえがき】 グラビンスキという、「ポーランド文学史上ほぼ唯一の恐 …

アーカイブ