★★★★☆

下妻物語(嶽本野ばら/小学館)〜あらすじと軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年4月26日 更新日:

  • ど田舎のロリータとヤンキーの友情
  • 露悪的でユーモア満載
  • 残酷さを笑いに昇華
  • オススメ度:★★★★☆

(あらすじ)ロリータファッションに魅力された高校二年生の桃子はダメ親父の失敗のせいで茨城県の下妻の祖母を頼って親父と一緒に身を寄せる。そこでイチコという同い年のヤンキーと出会い、友情を育んだので有った……。

という至極真っ当な友情物語を素っ頓狂なキャラが演じるというのが見どころ。まず驚いたのが、章立てが無く、最初から最後までほぼ間断なくロリータファッションに傾倒する桃子の「自分語り」で続くこと。とにかく切れ目なく妙に残酷な現実を不思議な明るさで生きる主人公の視点を堪能できる。

多分作者のリビドーというか深層心理というか、その辺りがエンジン全開で爆走しているのだと思うが、一見露悪的だが、衒学的側面もあり、妙に確信に満ちた哲学で、難題をやり過ごす様子は痛快だ。ただ、この主人公の「自分語り」が肌に合わなければ嫌悪しか湧かないだろう。間違いなく面白いが、数ページ読んで見てからのご購入をお勧めする。

どこが怖いかと言われると、普段、私たちが取り繕っている常識、日常をことごとく破壊されるところだ。カワイイの何が悪い? 誇りを捨てるぐらいなら孤独に死ね、と桃子は脅して来るのだ。

特徴的なのは母を捨てて、父に着いていくシーン。賢い母は愛と経済という名のセーフティを選択したが、父親は馬鹿全開でまったく救いがない。しかしある種動物的な誇り、無知ではあるが本能には抗わない、という無意識の誇り、善良さを桃子は愛したのかも知れない。

とにかく、切れ目なく続く珍談・奇談を楽しめばよい。ホラーではないが、ハラハラもするし、通り一遍のハッピーエンドもみない。この辺の外し方が、漫画で言えばヘタウマという手法だろう。

ちなみに映画も観たが、こちらもよい作品だ。アメリで有名なジュネ監督の影響は感じるが、主演二人の熱演もあって「超楽しい」。樹木希林の扱い方が素晴らしいと思う。ネタバレはしないが、発射されないミサイルのよう。

心配なのは下妻の人は怒らないかということだが、漱石もあれだけ松山を腐したのだから大丈夫なんだろう。

(きうら)

(楽天)


-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

バーナード嬢曰く。5巻(施川ユウキ)

「絶景本棚」から何かを考える 必読の本とは? 必聴の曲とは? オモシロ度:★★★★☆ ちょうど現在、この前出版された『絶景本棚 2』(本の雑誌社)を読んでいる(眺めている)。続編である今回のやつも、だ …

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (塩野七生/新潮文庫) ~ベストセラーを読む

含蓄のあるローマ史の序章 シンプルに楽しめる文章、非常に興味深い この本を学生時代に読んでいたら歴史が好きになったかも おススメ度:★★★★☆ 「伊達政宗」の紹介でも書いたが、私は歴史が苦手だ。登場人 …

世界の終わりの天文台(リリー・ブルックス=ダルトン〔著〕佐田千織〔訳〕/東京創元社)

世界は終末をむかえたらしいが、はっきりしない 地上の老人と、宇宙船内部の状況を交互に描く アイリスという少女は何者なのか おススメ度:★★★★☆ 【あらすじ】 北極圏にある天文台に、研究者として就任し …

死の舞踏(スティーヴン・キング[著]、安野玲[訳]/ちくま文庫)

スティーヴン・キングのホラー評論。 原著は1981年刊行なので、本書で取り上げる作品は古いものです。 つまみ読みの紹介です。 おススメ度:★★★★☆ ホラーものを読む(観る)というのは、当サイトの「こ …

夏の花(原民喜/集英社文庫<青空文庫>) ~紹介と感想、軽いネタばれ

「壊滅」の予感を三人称で書く。 「私」が妻の墓に供えた花と、その後の惨禍と。 「廃墟」になった街を歩き回る「私」。 おススメ度:★★★★☆ この集英社文庫版には、『夏の花』三部作が収められています。ち …

アーカイブ