3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

船出(上)・(下)(ヴァージニア・ウルフ/岩波文庫)

投稿日:2017年5月5日 更新日:

  • ヴァージニア・ウルフ作品の中では読みやすい。
  • 若い娘が、人との交流の中で成長していく。
  • <死>が作品を包み込んでいる。
  • おススメ度:★★★☆☆

暗い夜の闇の中を、南米へ向けてロンドンから出港する「一隻の貨物船」。この情景だけで、暗いというか、なぜか<死>の深淵へ向けて旅立とうとする感じがする。もちろん、それは、作者のヴァージニア・ウルフが「精神の不調」を乗り越え本書を出版したこと、さらには、最終的に自殺してしまうということを知っているからなのでしょう。おそらく、それを知らなくとも、何かしらの<死>の香りを感じ取れます。読みだして10ページほどで、「不吉な前兆」、「不安」、「そして死ぬんだわ」というアンブローズ夫人のセリフ、これらが暗いおもむきを醸し出しています。

主人公は「二十四歳になる、船主の娘」レイチェル。彼女は箱入り娘のように育てられたため、「世間知らず」で、最初は乗り合わせた人達とうまくコミュニケーションがとれません。レイチェルは船の中で、そして到着した南米の町で、様々な人々との交流や読書を通して、自らの世界を広げていきます。彼女の心が変わっていくさまが、南米の自然とともにしずかに描かれています。

レイチェルに大きな影響を与えたのが、ヒューウェットとスン・ジョン・ハーストという二人の若者。特に後半はヒューウェットとの恋愛を通して、レイチェルは気持ちを大きく動かしていきます。書割のような嵐の光景にレイチェルの心が揺り動かされたかと思えば、彼女は自分の抱いている感情が何かをはっきりとは分からず、苦しんだりしますが、そのうちヒューウェットへの愛の芽生えを感じ、レイチェルとヒューウェットは共に愛の甘さや辛さを確認し、二人の「自由な対話」によって、レイチェルの「考えに深みと広がりが」もたらされていきます。最後の別れを知らずに。

ホラーもサスペンスも(通俗的な意味で)ないので、おススメ度は低いのですが、ゆっくりと進む物語には、しずかな感動があります。ヴァージニア・ウルフ入門としては読みやすいので、そういった意味では、おススメです。

(成城比丘太郎)


船出(上)

船出(下)


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

リアル王様ゲーム~女子高生.com (しろいちじく/竹書房文庫) ~ややネタバレ気味

「真面目な」サスペンスミステリ 時代を感じる設定(2010年) 面白いような、恥ずかしいような…… おススメ度:★★★☆☆ なんか、ゴメン……基本的に読む本を選ぶときは、内容はあまり確認せず、タイトル …

モロー博士の島(H・G・ウェルズ[著]・中村融[訳]/創元SF文庫) ~あらすじと感想

孤島で行われる、狂気のような実験。 人間と獣の境目とは? エンターテインメントとしても読める。 おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)「エドワード・プレンディック」は、「海難事故」にあい、とある「貨物船 …

ノロイ―小林雅文の取材ノート(林巧/角川ホラー文庫)【※注 決定的なネタバレあり】

自宅が焼失・失踪した作家の取材ノートの中身 呪いは存在するのかというテーマ 中々テクニカルである おススメ度:★★★☆☆(予備知識が無ければもう半個★プラス) ある実在の怪談蒐集作家の自宅が全焼し、妻 …

梅雨入りに怪談を(成城のコラムー67)

「コラム067」 実話怪談を読みました。 怪談というよりもライフヒストリー。 オススメ度:★★★☆☆ 【怖くない近況】 全国的に梅雨入りしたようです。梅雨明けしたら本格的な夏の到来で、そうすると怪談の …

ハイダウェイ(ディーン・R. クーンツ (著), 松本 剛史 (翻訳)/新潮文庫)

刺激的な出だし、エキセントリックな構想 魅力的な悪役ではあるのだが 最後の「やっつけまとめて感」がすごい 飽き飽きするほど聞かされたフレーズ「キングと並び称される」モダンホラーの巨匠クーンツの長編小説 …

アーカイブ