3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆

AIがやってきた。もう本の感想ブログは不要か? ~ChatGPT&Microsoft Bingで検索してみた。

投稿日:

  • AIと戦う日が来るとは
  • もうブログなんて時代遅れ
  • これからはAI検索だ
  • おススメ度:★★★☆☆

ホラー小説と同じくらい電子ガジェットを愛する私にとって2022-23のAIによる創作の「自動生成」は無視できないムーブメントであった。このことをもっと衝撃的に取り上げないメディアに疑問を抱くほどだ。簡単に言えば、中途半端な「クリエーター」が職を失うかどうか、の分岐点である。特にブログを書いてくれるChatoGPTなどは注目していた。今回Bingの検索も行ったので、その結果を報告したい。

まずは2023年03年現在・愛読書・武装島田倉庫(椎名誠)について「聞いた」ところ、

「武装島田倉庫」とは、日本の漫画家・藤本栄治による漫画作品のタイトルです。1994年から2004年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載されていました。
物語の舞台は、架空の島である「島田島」で、そこにある倉庫を舞台に、倉庫番である主人公・島田秀平が様々なトラブルや事件に巻き込まれながら、仲間たちと協力して解決していくストーリーが描かれています。
作品は、アクション、コメディ、ドラマなどの要素が織り交ぜられた独特の世界観や、キャラクターたちの魅力的な個性などが話題を呼び、多くの読者に支持されました。(ChatGPT)

武装島田倉庫は、椎名誠によるSF長編小説です¹。1990年に新潮社から刊行されました¹。小説は、日本の未来を舞台にした連作短編で構成されています¹。鈴木マサカズによる漫画版もあります³。
ソース: Bing との会話 2023/3/3(1) 武装島田倉庫 – Wikipedia. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E8%A3%85%E5%B3%B6%E7%94%B0%E5%80%89%E5%BA%AB アクセス日時 2023/3/3.
(2) 武装島田倉庫 (1) (ビッグコミックス) | 椎名 誠, 鈴木 マサカズ …. https://www.amazon.co.jp/%E6%AD%A6%E8%A3%85%E5%B3%B6%E7%94%B0%E5%80%89%E5%BA%AB-1
%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%A4%8E%E5%90%8D-%E8%AA%A0/dp/4091854222 アクセス日時 2023/3/3.
(3) 武装島田倉庫 (新潮文庫) | 誠, 椎名 |本 | 通販 | Amazon. https://www.amazon.co.jp/%E6%AD%A6%E8%A3%85%E5%B3%B6%E7%94%B0%E5%80%89%E5%BA%AB-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%A4%8E%E5%90%8D-%E8%AA%A0/dp/4101448116 アクセス日時 2023/3/3.
(Microsoft Bing)

正直に言ってがっかりした。私の書く駄文とは段違いの名文を期待していたからだ。ChatGPTは完全に誤った記述(漫画という二次創作にしか言及していない)、BingもWikipediaとほぼ同じ内容だからだ。

もっと一般的な質問はどうだろう。「地球はなぜ丸いのか」

アプリケーション エラー: クライアント側の例外が発生しました (詳細については、ブラウザー コンソールを参照してください) 。
(ChatGPT/無料版)

地球は丸いのは、重力と質量の関係によるものです¹。地球は回転しているため、中心に向かって物質を引き寄せる重力が発生します³この重力によって、でこぼこした部分がなくなり、中心から等距離にある点の集まりとなります³。これが丸い形になる理由です。

また、地球上で暮らしている私たちからすると、地面は平らに見えますが、これは地球が非常に大きくて曲率が小さいためです⁴。宇宙から見ると、地球はきれいな丸い形をしています。

ソース: Bing との会話 2023/3/3(1) 地球はなんで丸いの?丸い天体と丸くない天体 | ヨシヤラボ. https://yoshiyalab.com/2019-9-why-is-the-earth-round アクセス日時 2023/3/3.
(2) 地球はなぜ丸い? – 科学のはなし. https://www.inc-reliance.jp/science/22162 アクセス日時 2023/3/3.
(3) 地球は丸いけどなぜ地面は平らなの #もやもや解決ゼミ | 大学 …. https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/56968 アクセス日時 2023/3/3.
(4) 地球はどうして丸いの | 自然 | 科学なぜなぜ110番 | 科学 | 学研 …. https://kids.gakken.co.jp/kagaku/kagaku110/science0293/ アクセス日時 2023/3/3.
(5) ルカ・ドンチッチが地球平面説を信じる?カイリー・アービングを …. https://nba-sweetdays.com/2023/02/22/post-110788/ アクセス日時 2023/3/3.
(6) 気球で「丸い地球」眺める旅行、初飛行客募集 札幌のスタートアップ. https://www.msn.com/ja-jp/news/science/%E6%B0%97%E7%90%83%E3%81%A7-%E4%B8%B8%E3%81%84%E5%9C%B0%E7%90%83-%E7%9C%BA%E3%82%81%E3%82%8B%E6%97%85%E8%A1%8C-%E5%88%9D%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E5%AE%A2%E5%8B%9F%E9%9B%86-%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97/ar-AA17KhGj アクセス日時 2023/3/3.

というのが、回答であった。オープンソースのChatGPTはエラーばかり、BingはGoogle検索と同じような無難な回答だ。

しかしこれを軽んじてはいけない。テクノロジーとは単純な進歩ではなく、爆発的な進化を遂げるものだ。石炭から石油へ、アナログからデジタルへ、本からスマホへという遷移を誰が予想できただろう。

「ムーアの法則(Wikipedia)」を例にとるまでもなく、現在のコンピュータ関連技術の進歩は容易に予測できた未来である。「革命」によって人間性を奪われるとは、比較的新しいチャップリンの「モダン・タイムス(Wikipedia)」を例にとるまでもなく、自明の理である。人間とはそういう生き物だ。

という記事をAIを自動生成できるかというと、2023年では無理だと思う。2025年はキワドイ。2028年にはブログとは「無作為な人間が書いたインターネット上の文章。僅かな独自性はあるが、優位な情報資源とはいえない。一般的な評価は……です。確かな情報を得たい場合は、こちらで検索を。トップ10はこちらです。(広告)」などと表示されていてもおかしくない。そしてそれに抵抗することもできない。

情報が大きな価値を持つ社会にとって重要なのは「選別」である。これは25年前に私が師事した情報科学の教授が馬鹿にしたように吐いたセリフである。

新聞、TV、インターネットと近代では情報はその場所を変えているが、それを真に受けてはいけない。コウロギとか、寿司屋とか、無差別殺人とか、そんな「どうでもいい話」に捉われてはいけない。多分、1,000年前でも同じことが話題になったはずだ。最近よく「近頃の若者は、まったくどうしようもない」と思うことがよくある。陳腐なギャグでは、古代ギリシアでもそんな世間話をしていたという。

つまり、絶対的評価ではなく相対的評価が重要=他人の評価ではなく、自分がどう自分を評価するかということだ。当たり前だな。

この詳細については次回の記事に続く予定だ。

生きている意味がないって? その通り。意味はない。でも、反対だ。生きているから、意味があるんだ。意味はないけど生きているんだ。

そんなよくある話。

(きうら)


-★★★★☆
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

献灯使(多和田葉子/講談社)

読後感に何も残らない。 ディストピア風だが、ちゃちな感じしかしない。 なぜこんなものを著したのだろうか。 おススメ度:★★☆☆☆ (あらすじ)何らかの「災厄」に見舞われた後、鎖国状態の日本で、死を奪わ …

老人Z(大友克洋〔原作・脚本〕、北久保弘之〔監督〕/アニメーション映画)

「老人問題」をテーマにしたアニメーション 1991年公開映画なので少し古いけど、おもしろい この映画に続く現代版を誰かに制作してもらいたい おススメ度:★★★★☆ 【「はじめに」の前に】 本記事を書い …

2666(ロベルト・ボラーニョ/白水社)

850ページを超える分量。しかも二段組。 謎の作家をめぐる、重層的なストーリー。 読書に辛抱強い人向けの本。 おススメ度:★★★★☆ (はじめに)チリ出身の作家ロベルト・ボラーニョの遺作である本書は、 …

異常快楽殺人 (平山夢明/角川ホラー文庫)

実在のシリアルキラー7人のエピソードを中心に収録 ドキュメンタリーと小説を混ぜたような内容 ライトなホラーファンにはおススメできない久々の「閲覧注意」 おススメ度:★★★★☆ とにかく「キツイ」の一言 …

『月刊ムー書評大全』(星野太朗、青土社)~「読書メモ(75)」

「読書メモ075」 オカルト本などの書評集。 オカルト好きな人は読んでねー。 オススメ度:★★★★☆ 【読書などの近況】 先週末から今週にかけて、電話会社の通信障害や台風(温帯低気圧)の通過などありま …

アーカイブ