★★★☆☆

CUT 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子(内藤了/角川ホラー文庫)

投稿日:2018年6月25日 更新日:

  • 良くできた猟奇系犯罪捜査モノ
  • どことなくコミック的なキャラクター
  • 貶す要素はないが……
  • おススメ度:★★★☆☆

タイトルからして、本サイトの主旨に合った一冊。Kindleをお持ちなら、サンプルをダウンロードして見られれば分かるが、サンプル内だけでもその猟奇的な描写は垣間見ることができる。ただ、とにかく陰惨なホラー一辺倒という訳ではなく、登場人物に漫画的なコミカルさを加えることで、読みやすいように全体を中和している。この手の小説のプロが、正に読者の嗜好を狙いすまして書いたような小説だ。

(あらすじ)女児が猟奇的な方法で惨殺される事件が起こった。全てはそこが始まりだった。時は経ち、新米刑事の藤堂比奈子は、ある事件に取り組んでいた。それは、殺人犯たちが普通では考えられない方法で死んでいったからだ。一体なぜ、彼らは死んでいったのか。動機は? 犯人は? ホラーとサスペンス、それにちょっとしたコメディ要素が混じったサスペンス・ホラー・ミステリ。第21回日本ホラー小説大賞読者賞受賞。

これは褒め言葉でもあり、若干の皮肉でもあるのだが「良くできている」内容である。導入から途中の展開、登場人物のキャラクター性、娯楽性、そして、ホラー性など適度なバランスで配置されており、読みやすく且つ興味を引く。この先どうなるんだろう? と、いう期待を引っ張っていく技術はなかなかのものだと思う。皮肉というのは、既視感があるためで、これは要するに2時間ドラマのフォーマットなのである。起承転結を綺麗に守った、そして、読者の期待する要素をきちんと開示する「プロ」の作品である。

例えば、主人公の藤堂比奈子の設定も、読者が共感できるようによくできている。かわいい女の子が刑事としての自覚を持つまでの成長物語として読むこともできる。郷里の唐辛子の缶を常にお守り代わりに持ち歩いているという設定は、漫画一歩手前だが、ちゃんと伏線として回収するのはなかなか。その他、解剖好きの死神女史や先輩刑事のガンさんなど「どこかで見たことがあるけど、分かりやすくて親しみやすい」キャラクター造形で、安心して読むことができるだろう。

しかしである。私のような捻くれたホラーファンからすれば「お約束」を悉くきれいになぞっていくこの小説は、途中で興味が半減してしまった。半分くらいで、オチも大体分かるようになる。もちろん、一ひねりされているが、まあ、こんなものだろう。

ただ、捻くれていないホラーファンの方には、このキャラクター造形は親しみやすいと思うし、「ホラーを読みたいけど、あんまり怖いのはいや」という方にはぴったりだろう。そんなジャンルがあるのかは分からないが、これはライトホラーサスペンスと呼べるような作品である。ただし、殺人シーンは結構本格的に猟奇趣味全開なのでそこだけは「ライト」ではないのでご注意を。

私が見たかったのは、このほぼ完成された世界観の向こう側にある、更なる恐怖である。そういう意味では前回読んだ「うなぎ鬼」の方が不気味だったが、どちらがいいか人に聞かれて進めるのはこっちの方だろう。

どうやら、けっこう売れている本らしく、続編もいっぱい発売されている。主人公のキャラクターに依存した小説だからだろうか。何となく、海外ドラマのシリーズものを思わせるような部分もある。

さて、ここまで書いてみたが、ライトなホラーを求めている方には、実に合っている一冊。逆に、個性的で常識はずれの狂気を読みたい方には余り勧められない一冊である。どうぞご判断を。

(きうら)


-★★★☆☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

シュナの旅 (宮崎駿/アニメージュ文庫)

初期・宮崎駿の絵物語 ナウシカ+もののけ姫の原点 地味だが惹かれるものはある おススメ度:★★★☆☆ 若さとは変化を捉える感受性のことではないか、などと史上最長のGWを終えて考えて腐っていた。何しろ仕 …

今週読んだ作品(12月第3週)と、軽いアニメ感想 ~宝石と詩の世界

鉱物 人と文化をめぐる物語(堀秀道/ちくま学芸文庫) 日本の詩歌(大岡信/岩波文庫) アニメ『宝石の国』(原作:市川春子)についての感想。 鉱物と人や文化との関わり(一冊目)。 日本の古代から中世の詩 …

ノロイ―小林雅文の取材ノート(林巧/角川ホラー文庫)【※注 決定的なネタバレあり】

自宅が焼失・失踪した作家の取材ノートの中身 呪いは存在するのかというテーマ 中々テクニカルである おススメ度:★★★☆☆(予備知識が無ければもう半個★プラス) ある実在の怪談蒐集作家の自宅が全焼し、妻 …

妖し語り 備前風呂屋怪談2(岩下志麻子/角川ホラー文庫)

天女のような湯女・お藤が客から聞く時代怪談 湯女は今で言う風俗嬢(ソープランド?) 嘘と真を行き来するので幻想的 おススメ度:★★★☆☆ シリーズものの本を読む場合、滅多に巻数を飛ばして読まないのだが …

おろおろ草紙(三浦哲郎・著)

「三浦文学の最高傑作」 大飢饉による共食いの実態 記録のような小説 おススメ度:★★★☆☆ 2020年は、作家三浦哲郎(みうらてつお)の没後10年にあたります。三浦哲郎は青森県八戸市生まれですが、青森 …

アーカイブ