3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。【映画】(アンディ・ムスキエティ監督)

投稿日:2018年8月20日 更新日:

  • キングの有名な原作の「一部」を描く
  • 特別怖くもキモくないのは文化が違う?
  • 少年たちの友情物語としてはまずまず
  • おススメ度:★★★☆☆

映画化されたスティーブン・キングの作品では、ミザリーやグリーン・マイル、ミストなどと並んで有名な作品……とはいえ、日本での知名度は低め。加えて「ショーシャンクの空に」を除くと、万人が認める名作がないというのもキング原作ホラー映画の特徴か。ジャンルはホラーで間違いないが、どちらかというと「スタンド・バイ・ミー」に寄せて作られているという印象だった。と、いうわけで、一言で言えばモンスター系ホラー&ティーンたちの友情物語になっている。

「夏だし、盆休みだし、たまにはホラー映画でも見るか」程度の気持ちで観たので、この作品が原作の一部だとは知らなかった。あまりに昔に原作を読んだので、落ちとさわり以外はほとんど忘れていたので「あれ、この尺でたりるのかな」と思っていたら、衝撃のチャプター1だった。映画の内容そのものより、その点に驚いたが、これは単なる勉強不足。

(あらすじ)1980年代アメリカ・デリー。主人公ビルの弟ジョージが、ある雨の日、ビルの造った紙の船を追って排水溝にたどり着く。そこで見たものは、暗闇潜むピエロ(IT)であった。そして行方不明になるジョージ。同時に町では失踪事件が相次いでいた。ビルは、弟の行方を追って、仲間たちとITの正体に迫っていくのだが……。

見始めて違和感があったのは、あれ、こんな少年少女ものだったけ? という印象だった。それもそのはず、原作では現代(大人編)と過去(子供編)を行ったり来たりし、最終的にITに至るのであるが、映画版では大人部分を丸ごとカットし、子供編に焦点を絞っている。時代設定も変更されている。いくら読んだのが10年以上前とはいえ、そのことに気づいたのは結構たってからだったので、我ながら鳥のような記憶力だと思う。

そんなわけで、ある意味完全新作のような気分で観られたのも確か。子供時代に焦点を絞っているので、観客としては観やすくなっていると思うし、そもそも文庫で4分冊されている分厚い原作を2時間の枠に入れるのは不可能だったのだろう。そういう意味では、映画らしい決断であろうし、変に駆け足であらすじだけ追うようにならなかったのはいい。

しかし、肝心のピエロ(IT)がイマイチ怖くないのはどうしてだろう。最初に書いたが、これはやはり文化の違いで、アメリカでは普通の人もピエロに何某かの狂気を感じているのではないだろうか。昔見たオーメンなども、映像的には不気味だったが、その根底にあるキリスト教的文化がないため、身につまされるものがない。絵的にはどちらかというと映画「ダークナイト」に出てきたジョーカーを連想させられた(あれもピエロか)。それぞれが思い描く「恐怖」の形に変身するという設定の「IT」だが、この辺も映像化すると案外地味だったりしてホラー映画としては、あまり怖くないだろう。

一方、主人公たちの友情物語としては、少々キャラクターが多い気もするが、まずまず楽しめる。よくいるアメリカの不良の描写も「ああ、何だかキングっぽい」と感じることができた。「スタンド・バイ・ミー」のような感動はないものの、一応爽やかなストーリーになっている。キャラクターも見分けがちゃんとつくぐらいには描き分けられているのでその点は評価したい。ただ、やはりキャラの多さが災いして、モブ扱いになるキャラクターもいるのも確かだ。

R-15指定になっているので、グロ表現についても触れておくと、時々、痛そうな描写は出てくるものの、目を覆うような残虐な描写は(私の主観では)ない。あくまでスプラッター映画ではないので、その辺はちゃんとセーブされているように思う。

思い返せば、全体的に疑問を感じるシーンも散見される荒さもあるのだが、そんなことを言ったら「グリーン・マイル」も「ミスト」も穴だらけだ。まあ、ラスト付近の強引な展開や、ほとんど大人が出てこないのでリアリティがないとか、よく考えるとちょっと見過ごせないところもあるので、緻密な映画が好きな方は観るのを避けた方が無難。逆にキングファンなら「まあ、ドリームキャッチャーにならなかっただけ随分マシ」と思えるはず。

何だかんだと、感想をダラダラ書いてみたが、キャリーや炎の少女チャーリー、痩せゆく男などの映画も見ているし、ホラー嫌いにしてはキング作品をよく観ている気がする。原作も結構読んでいるし、今更だが、実は私は結構なキング好きなのかも知れない。同様にキング好きであればまずまず楽しめる映画、そうでなくてもそれなりには観られるホラーではないだろうか。

でも、チャプター1はないよ! 最初に言って!

(きうら)

補足・チャーター2は2018年8月現在撮影中のようで、2019年に公開予定とのこと。大人編が描かれる予定らしい。


-★★★☆☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

深海のYrr〈上〉(フランク・シェッツィング(著)、北川和代(訳)/ハヤカワ文庫)~概略と軽いネタバレ感想

世界の海で起こる異常事態を描くSF海洋ディザスター系 謎のゴカイ、人を襲うクジラなど「海」が人を襲う 3分冊の第1冊目なので、全体のプロローグに過ぎない内容 おススメ度:★★★☆☆ 結構前に上巻と中巻 …

雪の階(奥泉光/中央公論新社)

心中事件を探る推理ものの体をとったもの 奥泉文学の題材を詰め込んだ、ごった煮的作品 いろんなものに目を配った娯楽小説 おススメ度:★★★☆☆ 【時候の挨拶的まえがき】 先日(4/2)、軽い花見をしてき …

ベルセルク 39(三浦建太郎/ヤングアニマルコミックス) ~ベルセルクの今と昔(後編) ※基本的に38巻まで読まれた方向け

遂に妖精の王と謁見。キャスカの運命は? 完全にファンタジー回帰、しかも穏やか 内向的なストーリー展開 おススメ度:★★★☆☆ (あらまし)数々の脅威を退けて、ガッツたちはついに妖精たちの王の住む島に上 …

婚礼、葬礼、その他(津村記久子/文藝春秋) ~あらすじ、感想と、ドラマの感想。

披露宴と通夜とのブッキング。 面倒なことをどう乗り切るか。 簡単に読める。 おススメ度:★★★☆☆ 本書の紹介に入る前に、4/22で紹介した『この世にたやすい仕事はない』がテレビドラマ化されていたので …

『メキシカン・ゴシック』(シルヴィア・モレノ=ガルシア、青木純子〔訳〕/早川書房)~「読書メモ(73)」

「読書メモ073」 古い屋敷に縛られた一族。 主人公の女性が危難を乗り越える。 オススメ度:★★★☆☆ 【作者について】 作者のシルヴィア・モレノ=ガルシアは、メキシコ生まれのカナダ人作家です。「無類 …

アーカイブ