3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★☆☆☆

LINEスタンプを作った話「俳句と猫とブリッジと」

投稿日:

  • 5年越し! LINEスタンプが審査に通ったよ!
  • ニッチすぎるコンテンツ。
  • ま、売れないでしょう笑。
  • おススメ度:★★☆☆☆

5年ほど前は、LINEスタンプ長者という言葉が流行った。つまり素人のスタンプが売れて、かなりいい稼ぎになったという話だ。私もその話に乗ろうと当時の画力の全てをつぎ込み、表情など企画をかなり真剣に考えてつくった…が無常のリジェクト(却下)!

理由は「歴史上の人物をそのまま題材にしたものはダメ」というものだった。

そうなのである。私は故郷である伊賀地方の偉人、松尾芭蕉をモデルにスタンプを作った。当時のキャッチコピーは「完全シニア向けコミュニケーションツール」であったが、見事にLINEのコードに引っかかってしまったのだった。当時は松尾芭蕉記念館に取材に行くなど、相当「LINE長者」に入れ込んでいたので、これはショックだった。どうも歴史画像をそのままトレースした疑惑があったらしい。手書きで模写したのだが、気合を入れすぎて似すぎてしまった。その時はあまりのショックにそのまま5年間放置していた。

で、先週、何気なく過去ファイルを整理していたらこの時の資料が全部出てきた。興味本位でクリエータズスタンプのマイページにアクセスするとそのまま残っていた。しかし、規定が変わって24枚でもスタンプが作られることが分かった。前は40枚だったのだ。

ならば、リジェクトされた画像を弄れば通るのではないか、などと考えていたのが、先週の月曜日、そして、さらに追加のリジェクトも食らいながら、ようやく販売に至ったのである。

LINEスタンプ「俳句と猫とブリッジと」 https://line.me/S/sticker/17431708

えーと、冷静になってみるとこれは売れない。こんな爺さんのスタンプを誰が買うんだろう? 紹介用に自分で一つ買ったが、それが最初で最後であろう。

しかし大事なのはここからである。自分のやりたいことをやる。結果はたぶんだめだけど、可能性はゼロではない。これが大切だ。事実、私はこの一週間、この一件でたいへん楽しかった。ちなみに作者の取り分はどうも50%のようなので、100人に売れたとしても、6000円くらい笑。

裏話として、元ネタは俳句兄弟というタイトルで小林一茶をモチーフにしたイラストもあったのだが、結局芭蕉に一本化した。だから何だという話だが、修正が面倒くさかったというのもある。

個人的に松尾芭蕉の「ブリッジ」が見られるスタンプは恐らく世界でこれしかないので、そこだけがウリ。「あざとむさ苦しい」は伊達じゃない。

しかし、「売れるスタンプとは何か?」という少々哲学的な気分になった今日この頃。

(きうら)

-★★☆☆☆

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴジラが来る夜に 「思考をせまる怪獣」の現代史(高橋敏夫/集英社文庫)

ゴジラの存在意義を問う評論本 ゴジラによって変容する評論というもの 怪獣好きなら読んで退屈しないが…… おススメ度:★★☆☆☆ 今月、新作「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観た。その出来には正直 …

厭魅の如き憑くもの (三津田信三/講談社文庫)

憑き物をテーマにした戦後間もない架空の村の怪異 探偵役が登場する正しいミステリの構造 固有名詞に違和感があるが読みやすい おススメ度:★★☆☆☆ 戦後の昭和の架空の村が舞台で、谺呀治(かがち)家と神櫛 …

夏の滴(桐生祐狩/角川ホラー文庫)

少年少女の日常生活が壊れる系のホラー かなりのトンデモ結末 読むのを勧めるかどうかは非常に迷う おススメ度:★★☆☆☆ 本の帯に書いてある導入部の紹介を引用すると「藤山真介。徳田と河合、そして転校して …

忌み地 怪談社奇聞録 ( 福澤徹三・糸柳寿昭(共著)/ 講談社文庫)

実在する怪談蒐集団体のお話 糸柳と上間という二人の人物が取材した内容 を、取材した現代怪談集 オススメ度:★★☆☆☆ 冒頭でこの本が怪談社という団体に所属する二人の人物の取材記であることが記される。結 …

空飛ぶタイヤ(上)(池井戸潤/講談社文庫)

きわめて真っ当な企業小説 本当に予想通りの展開 随所にいい台詞もあるが・・・・・・ オススメ度:★★☆☆☆(上巻のみの評価) 発刊当初からそのインパクトのあるタイトルからすごく気になっていた一冊。この …

アーカイブ