当サイトについて

<サイトの紹介>

「三行で探せる怖い本」は、サイト名の通り、基本は怖い本を紹介します。ただ「怖い」の解釈を広義に取りますので、直接的なホラー以外にもあらゆるジャンルの「怖い」要素をピックアップし紹介しています。また「本」は基本ですが、映画・漫画・ゲームなど、ストーリーが展開されるメディアであれば幅広く取り上げます。基本は隔日更新しますが、体調によっては間隔があく場合が有ります。

<なぜ怖い本なのか>

恐怖こそ、人が生きる上で必要な「危険信号」です。恐怖によって人はリスクを回避し、生を永らえるのです。ただ、もしその恐怖が「安全」であるとすれば、それは苦痛ではなく、スリルとして楽しめるのです。摩訶不思議な人の精神構造ですが、自分が危険でない限り、恐怖も娯楽の一種です。その感情に取り憑かれたのが、当サイトの運営者です。

<運営者紹介>

運営母体は「北川商会」となっていますが、基本的にはメインの企画・執筆・管理を司る「きうら」、読破した本は5,000冊以上の博識ぶりを誇るライター「成城比丘太郎」、本職でWEBのサイト管理を行うきうらの友人「Pineray」の実質3人によって運営されています。窓口は「きうら」までご連絡ください。ちなみに私「きうら」と「成城比丘太郎」を合わせ、1万冊近くの読書歴があるので、数年はこのペースで続ける予定です。

<批評について>

基本的には「思ったまま」書いていますので、気分を害される方もいるでしょう。その場合は、遠慮なく文書で抗議ください。公式Twitterが一番手っ取り早いと思います。社会人のため、時間はかかるかもしれませんが、出来る限り誠実に回答いたします。どんな抗議が来ても、それが真っ当な内容であれば、受けて立つ所存です。お互い、文字と文字で腹を割ってお話できればと思います。

Twitter https://twitter.com/scarybookJP

投稿日:2017年5月14日 更新日:

執筆者:

アーカイブ