2010年代アニメまとめ(10)~鼎談その【2】

またまた三人で アニメとかの話題を 語り合う オススメ度:特になし 【登場人物】 A:MC B:アニメちょっと見始めた勢 私:アニメ見すぎる勢 【改めまして鼎談はじまります】 A:では、前回の続きをし …

最近読んだホラーと、先週の競馬

もうすぐ5月 この前読んだホラー 先週の競馬 オススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 三度目の緊急事態宣言になりました。まあ、とくに言うことはないですけど、折角のGWの、ウキウキランラン計画がダメになっ …

三丁目の地獄工場(岩城裕明/角川ホラー文庫)

不条理系スプラッタホラー短編集 最後の1作を除けば凡庸な印象 ホラーとは何を表現すべきか オススメ度:★★★☆☆ もちろん、読書の動機はタイトルである。注目したのは露骨な「三丁目の地獄」の方ではなく「 …

最近読んだ本と、先週の競馬(読書メモー68)

読書メモ(68) 疫病についての短編小説 先週の競馬 オススメ度:★★★☆☆ 【先週の記事への訂正】 まずは、先週(2021/4/15)の記事についての訂正からです。そこで取り上げた画家の正確な名前は …

雑談【5】~ウマ娘について思うこと

読んでいる本について ウマ娘に思うこと 今週の競馬 オススメ度:特になし 【読んでいる本】 現在、『オカルトの美術』(S・エリザベス、青幻舎)という画集をパラパラとめくっています。この画集の内容は、「 …

私のキリスト教入門(隅谷三喜男/ 日本キリスト教団出版局)

主にキリスト教の信仰について 思っていた入門書とは違う しかし大変興味深い考察であった おススメ度:★★★★☆ 創作上の資料としてキリスト教における神、天使、悪魔などの設定を知りたいと思い本書を図書館 …

2021年冬アニメ感想

アニメで再興とは? 冬アニメ総評 ウマ娘 オススメ度:特になし 【アニメで再興した?】 『日本はアニメで再興する』(櫻井孝昌、アスキー新書)という本が、2010年4月に刊行されてから丁度11年経ちまし …

首無の如き祟るもの(三津田信三/講談社)

2021/04/05   -未分類

疑昭和調の推理サスペンス小説 謎解きがメイン、幾重ものミスリード 猟奇要素は控えめ。あくまで推理を楽しむもの おススメ度:★★★☆☆ 当ブログのコメントからおススメ頂いた一冊。あらすじはAmazonの …

雑談【4】(成城のコラムー30)

読書メモ(67) 花粉症の本について いよいよクラシック オススメ度:特になし 【つよくてニューゲームになりたい】 四月ということで、新年度になったようですが、基本的に単なる「new game」な自分 …

骨休め

2021/03/29   -特になし

と、いうわけで、いろいろ読んではいるのだが、更新には至らなかった。残念。 この間、 漫画「キングダム」を40巻まで読破。アニメも数話見た。 コメント欄でお勧めいただいた三津田信三「首無の如く祟るもの」 …

2010年代アニメまとめ(9)~鼎談

三人で 喋りまくる アニメのことを オススメ度:特になし 【登場人物】 A:MC。まあまあアニメ好き B:アニメ初心者 私:ムダにアニメよく観る人 【日常系】 A:今回は、ここ10年のアニメとくにテレ …

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇(監督:庵野秀明)~ストーリーについてはほぼ言及なし、ネタバレもごく僅か

禊のような完結編 燃えるものはなかった 妙に冷めた目線で おススメ度:★★☆☆☆ 作中の随所から、監督自身がこの作品について、興味を失っていることをひしひしと感じた。かつて、破壊と新生、まさに新世紀の …

学生の時に読んだ本、新入生の時に読みたかった本(成城のコラムー29)

新入生で読みたかった本 学生時代に読んだ本 新入生でなくとも読んでください オススメ度:★★★★☆ 【前口上】 『東大教師が新入生にすすめる本』という新書を久しぶりにパラ読みしていました。ほんで、自分 …

「ない」ということ ~きうらのコラム-01

2021/03/15   -☆☆☆☆☆
 ,

二度と手にできないものがある それは手にしているものでもある 気づくのが遅すぎたのか、早すぎたのか ない:☆☆☆☆☆ それは「ない」のであった。私がここ5年にも渡って探し求めていた若き日の「情熱」「恋 …

10年前に読んでいた本(成城のコラムー28)

2011年3月11日のこと 当時読んでいた本 再読していたホラー オススメ度:特になし 【あれから10年】 今年は、東日本大震災から10年です。未だに余震も続いていて、予断が許されない状況です。今回は …

Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ/PS4)

遊びやすいオープンワールド時代劇アクションアドベンチャー美しいビジュアルと洗練されたシステムデザインには微妙な違和感おススメ度:★★★★☆ タイトルにツシマ(対馬)とある通り、鎌倉時代の元寇(蒙古襲来 …

今年の読書(成城のコラムー27)

マスクの仕方 これまでの読書経過 土葬文化はどーなるの オススメ度:特になし 【年明けから2ヶ月】 2021年3月になりました。ということは、一般的にマスク使用が日常となってから1年経ったということで …

角の生えた帽子(宇佐美まこと/角川ホラー文庫)

猟奇的な内容の表題作はサンプルで全文読める から予想した内容とは違うねっとりとしたホラー短編集 どんでん返しもあるが、うーん微妙 おススメ度:★★☆☆☆ 表題作は無味乾燥な工場業務に明け暮れる男が、毎 …

今年の競馬とアニメ『ウマ娘』(成城のコラムー25)

今年の競馬について ハルウララちゃんおめでとう 『ウマ娘2期』について オススメ度:特になし 【今年の競馬の目標は「リベンジ」】 古井由吉『こんな日もある』(講談社)を読もうとしています。この本は、『 …

深夜特急1―香港・マカオ―(沢木耕太郎/新潮文庫)

1986年5月に刊行された突撃海外旅行記 当時としては非常に斬新なノンフィクション 若さ、ただ、それだけを今を感じる おススメ度:★★★★★ 沢木耕太郎(Wiki/1947年11月29日・生)は202 …

アーカイブ