★★☆☆☆

危ないお仕事!(北尾トロ/新潮文庫)

投稿日:2018年11月28日 更新日:

  • 実際にあるマイナーな仕事の取材・体験記
  • 軽いインタビューや体験談がほとんど
  • わざわざ読むほどのものでもないが、興味があれば。
  • おススメ度:★★☆☆☆

ここ一ヵ月ばかり、ちょっと幽霊・亡霊・モンスターものを離れて、現実社会にある(かもしれない)出来事を扱った社会的なネタの本を読んできた。今回もその類書で、タイトル通り「危ないお仕事」に就いているヒトビトに著者がインタビューを行ったり、潜入取材を行ったりするというもの。実際は、余り危なくないのが残念だが、一部興味深い職業もあった。

<収録されている職業は以下の通り>

第1章 捜査のお仕事
・万引きバスター ・私立探偵 ・警察マニア

第2章 アタマのお仕事
・怪しいセミナー ・海外移住者をカモにする犯罪者 ・メルマガ・ライター ・フーゾク専門不動産

第3章 エロスのお仕事
・エロ系素人モデル ・ダッチワイフ製造者 ・AV男優

番外編
・新聞の販売促進 ・法廷での変な容疑者

一通り怪しい職業がそろっているが、記事のパターンとしては2つあり、著者が怪しい職業の方と接触して「取材」するパターンと、直接的にその怪しい職業に「なってみる」パターン。両方が混ざっている回もあるのだが、だいたい「取材」パターンは面白くなく「なってみる」パターンの方が面白い。やはりリアリティに差がある。

前者の代表が「メルマガ・ライター」や「AV男優」などで、メルマガ・ライターなるものが今も成立しているとはほとんど思えないのだが(発行が2006年)、その当時、月収100万円というライターの話を収録している。内容は、メルマガでいかに「成り上がって来たか」という話なのだが、まあ、自慢話の類でそれほど面白くもない。「AV男優」はいわゆる「汁男優」という発射する専門の仕事らしいが、ひと月でせいぜい15-20万しか稼げないというのはオモロ哀しいが、これも意外性がなくて、わざわざ読むほどのものでもないと思う。まあ、取材対象が一人しかおらず、それほど鋭く社会問題を追求する意思を持っているわけでもなく、とりあえず「好奇心優先」のB級路線なので、取材が甘いのが原因だろう。ドキュメントとしては致命的だ。

一方、実際に潜入した「超能力開発セミナー」や、番外編だが一番面白かった「拡張新聞団」は楽しめた。

正式には「信じる者は救われない!? 超能力開発セミナー講師」というタイトルだが、人はいかにして簡単に騙されるか? というのが分かる。というより、基本的にこういうセミナーに参加する人間は「今の自分に満足できない」「何か実力以外で幸せになりたい」要するに「救われたい」訳であるのだから、それに合致した「場」さえあれば「皆、進んで騙されるのだなぁ」というのが感想。詳細は本文で、ということになるが、会費も安く、物販も強要しない、奇跡もほどほど、やり過ぎないクリーンなシステムがいかにも現代的洗脳という感じだった。

「新聞拡張団」というのは、あの一軒一軒を回ってピンポンを鳴らし「奥さん、一ヵ月だけでいいから取ってくださいよ! この洗剤とビール券をつけますんで」というあれである。この番外編では、著者が実際に10日間就職しているので、その間の体験記となっている。私の家にも時々やってくるので、その内実は興味深いものだった。ただ、何百件も回って断られるのが仕事のようで、危ないというより苦しい仕事なのは想像通りだった。

そもそも新聞なんてドンドン発行部数が減っているわけで、今も新聞の営業は募集されているのをたまにみるが、さらにやりにくい仕事になっているだろう。ネットのせいだろうが、TV制作にしろ、新聞にしろ、漫画雑誌にしろ、こんな斜陽産業となっていくとは2006年には思わなかっただろう(「この仕事はくいっぱぐれない」というセリフが出てくる)。

総合すると、軽い読み物としてはまずまず楽しめるが、それ以上のものはないので、サラッと流し読む系の本である。

途中、メルマガのことを書いたが、このブログもその系譜で書かれているようなものであり、メルマガの手法を応用すれば「もっと儲かるブログ」を書けるかもしれないとは思った。思ったが、水の浄水器やアダルトグッズをひたすら宣伝して楽しい人生が送れるのだろうか?

うーむ「楽して儲かる」ことはあるかも知れないが「楽して儲ける」ことなんてできないんじゃないかと思うと、暗澹たる気分になる。まあその辺はスルーして、今日もまた「苦しいお仕事!」に精を出そうと思っている。

(きうら)


-★★☆☆☆
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

岡山女(岩井志麻子/角川ホラー文庫) ※ネタバレなし

霊が見られる霊能士の短編小説集 幻想的な作風で怖くない 読後感は爽やかだが求めてたものとは違う おススメ度:★★☆☆☆ 日本人の皮膚感覚を逆なでするようなデビュー作「ぼっけえ、きょうてえ」が、極めてよ …

慈恩保の怪談話(慈恩保/Kindle版)~感想と軽いネタバレ

いわゆる実話ベースの現代怪談 20編の短編集。ラスト3話は連作 全話ほぼパターンが一緒 おススメ度:★★☆☆☆ こんなことを書いては著者に失礼だが、時々、気軽に「よくある怪談」を読みたくなる。技巧を凝 …

ゴーストシップ(スティーブ・ベック監督)

1962年に消息を絶った豪華客船で起きた惨劇の謎 現代の「宝探し」サルベージ屋が船に乗り込む B級ホラーだが、ほどほどに楽しめる おススメ度:★★☆☆☆ なんとなくAmazon Primeのビデオを眺 …

厭魅の如き憑くもの (三津田信三/講談社文庫)

憑き物をテーマにした戦後間もない架空の村の怪異 探偵役が登場する正しいミステリの構造 固有名詞に違和感があるが読みやすい おススメ度:★★☆☆☆ 戦後の昭和の架空の村が舞台で、谺呀治(かがち)家と神櫛 …

牛家 (岩城裕明/角川ホラー文庫)

ゴミ屋敷の清掃員が体験する恐怖 リアルな出だし、シュールな結末 ゾンビ物「瓶人」収録。長さは同量。 オススメ度:★★☆☆☆ このところ、別の世界を覗きたいという欲求から、自分が詳しく知らない職業を扱っ …

アーカイブ