特になし

骨休め

投稿日:2020年8月31日 更新日:

結局、今週も体調不良に悩まされ続け、まともにホラーを読む気力がわかなかった。申し訳ない。

本業が想定以上に多忙なうえ、副業も忙しく、結果、毎日フラフラになりながら過ごした1週間だった。これで熱や味覚異常があれば、コロナ感染も考えられるが、それはない。ひたすらに怠いのである。なので、今週も骨休めと相成りました。

ちなみに、受験できるかどうかわからないTOEICの勉強は連続100日/毎日平均2時間半続けている。とはいえ、石川遼のように「急に英語が聞こえだした」りは絶対しない。ただ、ところどころで、今までスルーしていた英単語の意味が分かり、少しだけ、世界が変わった気がした。それも、8月でいったん終了。

とにかく、新しい何かに時間を割きたい。やったことのあることはもう飽きた。感じたことのないものを感じたい。
それはお金で買えるものではないし、そう易々とは手に入らないだろう。

ただ、繰り返しだけの毎日は苦痛だ。それが人生なのだけれど。

(きうら)

-特になし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無人島本(2)~海外編

無人島に連れていきたい動物 無人島本(海外もの) 無人島に持っていきたい食べ物 オススメ度:特になし 【犬派? 猫派?】 一般的に、犬派か猫派かを問われることがあるでしょう。個人的には、他人からどちら …

「死」とは何か(シェリー・ケーガン、柴田裕之[訳]/文響社)

「死の本質」について哲学的に考える 「死」を考えることで「生」が浮かびあがる 「自殺」の合理性と道徳性について おススメ度:特になし 【はじめに注意喚起】 まず注意として述べておきますと、この日本語版 …

雑談【3】(成城比丘太郎のコラム-15)

コラム(015) 夏休みに読みたい作品 夏の100冊読み比べ おススメ度:特になし 【はじめに】 このブログの主要目的はとくにありません。基本的には本などを読み、映画やアニメなどを観て、その感想を書く …

詩への小路(古井由吉/講談社文芸文庫)

三行で まとめられることなど ありません オススメ度:特になし 『詩への小路』を久しぶりに再読しかけていた2020年2月28日の朝刊で、作家古井由吉の逝去(2/18)を知った。渡り鳥が定期の滞在を終え …

2010年代アニメまとめ(1)

「10年代」のアニメ総評 主に、テレビアニメについて 個人的な感想がメインです おススメ度:特になし 【はじめに】 これから数回にわたり、個人的に2010年代のアニメを振り返っていきたいと思います。内 …

アーカイブ