特になし

骨休め

投稿日:2020年8月31日 更新日:

結局、今週も体調不良に悩まされ続け、まともにホラーを読む気力がわかなかった。申し訳ない。

本業が想定以上に多忙なうえ、副業も忙しく、結果、毎日フラフラになりながら過ごした1週間だった。これで熱や味覚異常があれば、コロナ感染も考えられるが、それはない。ひたすらに怠いのである。なので、今週も骨休めと相成りました。

ちなみに、受験できるかどうかわからないTOEICの勉強は連続100日/毎日平均2時間半続けている。とはいえ、石川遼のように「急に英語が聞こえだした」りは絶対しない。ただ、ところどころで、今までスルーしていた英単語の意味が分かり、少しだけ、世界が変わった気がした。それも、8月でいったん終了。

とにかく、新しい何かに時間を割きたい。やったことのあることはもう飽きた。感じたことのないものを感じたい。
それはお金で買えるものではないし、そう易々とは手に入らないだろう。

ただ、繰り返しだけの毎日は苦痛だ。それが人生なのだけれど。

(きうら)

-特になし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今年の競馬とアニメ『ウマ娘』(成城のコラムー25)

今年の競馬について ハルウララちゃんおめでとう 『ウマ娘2期』について オススメ度:特になし 【今年の競馬の目標は「リベンジ」】 古井由吉『こんな日もある』(講談社)を読もうとしています。この本は、『 …

「三国志」のなかで誰が好き?~読書メモ(51)

先日の記事についての補足。 三国志関連の本を読んだ。 三国志の武将の中で誰が好きかで、何か分かることがあるのか。 おススメ度:特になし。 【先日の記事への補足】 先日(9/4)に投稿した記事「かけがえ …

年末に読んだ本~読書メモ(25)

「読書メモ-025」 ラノベについて 新書と中国文学について おススメ度:特になし 【はじめに】 今回は、去年(2018)の年末に読んでいた本の中から、感想を書けるものだけを取り上げる。内容はライトノ …

われもまた天に(古井由吉/新潮社)

著者の絶筆(たぶん) 天にかえりしいのち 「著者の生前の意向」により掲載された「遺稿」 オススメ度:特になし 2020年に世界を騒がせたものというと、もちろん数々の「厄災」、とりわけ新しい種類の感染症 …

2010年代アニメまとめ(8)

アニメまとめ(08) 聖地巡礼と異世界もの アニメソングについて オススメ度:特になし 【聖地巡礼について】 いわゆる「アニメ聖地巡礼」なるものがあります。これは、「アニメの舞台をファンが探し出して訪 …

アーカイブ