★★☆☆☆

死国 (坂東真砂子/角川文庫)

投稿日:2017年1月18日 更新日:

  • オカルト要素ありの愛憎劇
  • 四国の文化についてはあまり深く突っ込んでいない
  • 女性視点の性的なモノローグなどの描写あり
  • おススメ度:★★☆☆☆

【ネタバレあり注意】
四国にある八十八ケ所の霊場を死んだ者の歳の数だけ逆から回ると死者が甦えるという、本来は禁じられている「逆打ち」を行った恐怖の物語……という、物語の導入本の裏の紹介から想像できる程度のネタバレだが、気になる方は以下は読まずに、実際の読書をお勧めしたい。

その昔「猫殺し」の一件で話題になった坂東氏による映画化もされたこの「死国」は、死者の甦りと四国の土着文化をテーマにしており「伝奇ロマン」と紹介されている。問題はこの「伝奇」と「ロマン」の比重だが「ほとんどロマン」といった感じで、三角関係がテーマの恋愛物になっている。

この三角関係の一角が死人という点がこの本の売りだと思うのだが、正直、ドキドキするホラーを期待していたので、見事に肩透かしを食らった感じだ。また「霊魂が存在する」ことが前提になっているので、少々リアリティを失ってファンタジーにも思える。

死者を蘇らせる話としては「猿の手(Wikipedia)」という有名なお話があるが、基本的にこの手の話は、死者への切ない思いと冒涜行為が交錯して悲劇的な結末を生む、というのが基本的なプロットで、多かれ少なかれこの流れを含む。本作もそういった要素もあるが、甦った死者が取った行動が「ヒロインとの男の取り合い」な所が、トホホ感いっぱいで「けっきょく痴話喧嘩かよっ!」と、思わず突っ込んでしまった。

また、作者の個性だと思うが、登場する女性の内面の醜さやあからさまな性的欲求を描写することが多く、嫉妬心や性的なモノローグに何か居心地の悪さを感じる描写も多かった。もう一つの売りの四国の土俗的文化についても、それほど突っ込まれておらず、中途半端感は否めない。期待して読んだだけに、どうにも人に薦めにくい一冊というのが今回の感想だ。

(きうら)


死国 [ 坂東眞砂子 ]


-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇(監督:庵野秀明)~ストーリーについてはほぼ言及なし、ネタバレもごく僅か

禊のような完結編 燃えるものはなかった 妙に冷めた目線で おススメ度:★★☆☆☆ 作中の随所から、監督自身がこの作品について、興味を失っていることをひしひしと感じた。かつて、破壊と新生、まさに新世紀の …

日本〔論〕についての会話

死者と先祖の話 (山折哲雄/角川選書) 日本論(石川九楊/講談社選書メチエ) 日本と日本文化を規定するものとは 宗教観と日本語から見る日本論 どちらも中途半端なかんじです おススメ度:★★☆☆☆ 【登 …

厭結び オチが最凶の怖い話 (竹書房文庫)

怪談サイト入賞作品の短編集 作者が違うのでクオリティはまちまち 多彩とも言えるが、まあ、ソコソコ おススメ度:★★☆☆☆ この怪談集の扉を開くと書いてある煽り文句がいい感じ。引用する。 最後の最後に笑 …

慈恩保の怪談話(慈恩保/Kindle版)~感想と軽いネタバレ

いわゆる実話ベースの現代怪談 20編の短編集。ラスト3話は連作 全話ほぼパターンが一緒 おススメ度:★★☆☆☆ こんなことを書いては著者に失礼だが、時々、気軽に「よくある怪談」を読みたくなる。技巧を凝 …

岡山女(岩井志麻子/角川ホラー文庫) ※ネタバレなし

霊が見られる霊能士の短編小説集 幻想的な作風で怖くない 読後感は爽やかだが求めてたものとは違う おススメ度:★★☆☆☆ 日本人の皮膚感覚を逆なでするようなデビュー作「ぼっけえ、きょうてえ」が、極めてよ …

アーカイブ