★★★★★

寄生獣(1)~(10)(岩明均/ビッグコミックス) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年3月21日 更新日:

  • 人間に寄生する異生物との戦いを描く
  • 主人公と相棒のミギーの巧妙な掛け合い
  • 感動的な物語。もはや言うまでもなく大傑作
  • おススメ度:★★★★★

「何を今さら」度満載で紹介するのが、今回の寄生獣だ。映画化、アニメ化され、何度も何度も絶賛されているので、知らない人の方が少ないと思うが、自分なりに感想を書いてみたいと思う。

(あらすじ)人間の頭を奪って寄生する宇宙生物(?)が日本に落ちてくる。主人公の高校生シンイチも、頭を奪われそうになるが、宇宙生物は失敗して右腕に寄生してしまう。宇宙生物に寄生された人間は、人間を食べるようになるが、右腕の寄生生物(ミギー)は人間は食べず、シンイチと共生するようになる。そして、他の寄生生物にコントロールされた人間(寄生獣)と戦うというお話。スプラッター描写満載で、まさにホラー漫画と言っても過言ではない。

この漫画の凄い所は、上記のような「バトル物」のジャンルで、人を「感動させる」凄い物語の展開にある。普通の漫画家なら、ただの「どちらが勝つか」を面白おかしく描くだけだろうが、著者は違う。人間の存在意義にまで踏み込んで、心の奥底を揺さぶる物語が、ほとんど無駄なく展開する。誤解のないように書いておくが「バトル物」としても最大級に面白く、不利な状況の二人(ミギーとシンイチ)が状況をひっくり返していくのが超楽しい。他にも敵の敵は仲間など、マンガの定石も多数散見できるが、とにかく普通にバトルエンターテイメントコミックとしても傑作だ。

ただ、直接的なスプラッター描写、それも極端に残酷な描写が多いので、苦手な方は読むのが難しいかも知れない。何しろ人間を「食べる」のであるから、頻繁に血しぶきが上がり、腕や首が飛ぶ。サイコパスも現れたりして、残酷描写のオンパレードだ。ただ、この描写には意味があり、これを曖昧に描くと、この漫画は成立しない。ただのホラー漫画ではないので、そういうのが嫌でも、無理して読んでみて欲しい。

私が思う物語の最大のポイントは、シンイチとミギーの友情だ。ほとんど感情を出さないミギーが時々「本音」をいうのだが、これが深くて感動する。共生という立場だが、賢い友人という感じで、例えが変だが、藤子不二雄氏の漫画「エスパー魔美(Amazon)」に出てくる「高畑君」のようにシンイチにいつも好意を持って適切なアドバイスをしてくれる。本当に頼れる相棒という感じだ。よく「ゲゲゲの鬼太郎(Amazon)」の鬼太郎と目玉の親父の関係に例えられたりもしている。

失礼だが絵は一般的な基準ではそれほど上手い人ではないし(しかし味があっていい絵だ)、今となっては時代設定が古いが、それでも最後まで読めば「感動」せずにはいられない。人間とはなにものか? ということを問いかけてくる。どう感動するのかはやはり、読んで頂かないと分からないが、とにかく一度最後まで読んで欲しい作品であることは絶対に間違いない。

(きうら)


寄生獣 フルカラー版1巻【電子書籍】[ 岩明均 ]


-★★★★★
-, , ,

執筆者:

関連記事

茄子 スーツケースの渡り鳥(黒田硫黄:原作/高坂希太郎:監督) ~無限の住人との比較・感想

茄子 アンダルシアの夏の続編映画 原作の良さをさらに伸長 経済と芸術について深く考えさせられる おススメ度:★★★★✩ 前日の「映画 無限の住人」について、改めて思い返してみたが、やはり、三池監督(あ …

バガボンド(1)~(10)くらい (井上雄彦/公団社)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

初期の作風はまさに衝動的殺人事件そのもの 間に挟まる味のあるシーンで深みを与える 戦闘の続く序盤はまさに大傑作バトル漫画 おススメ:★★★★★ 何の因果か20年前を振り返る羽目に陥っており、その関係で …

ザ・スタンド(5) (スティーヴン・キング/文春文庫) ~あらすじとおススメ度

大長編パンデミック系ホラーの完結編 善と悪が交錯するダイナミックな展開 不思議な後味と感動 おススメ度:★★★★★ 第5巻は、強力なインフルエンザ・ウイルス<スーパーフルー>が実験施設から漏洩したこと …

シークレットレース(タイラーハミルトン/小学館文庫)

自転車レースの裏側、ドーピングを語るノンフィクション 偉大なチャンピオンの転落劇を生中しく語る 暴露本だが感動する。みんな必死なんだ。 おススメ度:★★★★☆ 自転車レース。今回は、競輪のことではない …

わしらは怪しい探険隊 (椎名誠/角川文庫)~お正月限定企画「怖くない」本(きうら)

離れ小島での男だけのキャンプ・エッセイ 「昭和軽薄体」と称された椎名誠の文章技術の真骨頂 笑いとスリルと優しい感動も味わえる おススメ度:★★★★★ 昨年、本サイトをご覧頂いた方もそうでない方も、この …

アーカイブ