3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆

失踪日記(吾妻ひでお/ イースト・プレス)短評

投稿日:2020年6月29日 更新日:

  • 人気漫画家の突然の失踪の顛末
  • その筋では有名なアル中体験記
  • アルコールは是か非か
  • おすすめ度:★★★★☆

今回も個人的な時間の都合で短文になるがお許し願いたい。ホラーも読んではいるのだが、感想として出すにはもう少し読まないといけない。WEBサイトも人間が作っている以上、発展期もあれば停滞期もある。今は少し中休みと思ってもらえれば幸いである。

さて、本書は元祖ロリータ風画風で一世を風靡した「吾妻ひでお」が人気絶頂の時期に突然失踪した顛末が「なるべく明るい画風で」描かれている実録漫画である。2005年出版で、非常に有名なので知っている方も多いと思うが、一応、内容を拾って来ると、

突然の失踪から自殺未遂・路上生活・肉体労働、アルコール中毒・強制入院まで。
著者自身が体験した波乱万丈の日々を、著者自身が綴った、
今だから笑える赤裸々なノンフィクション!

と、あるのだが、本人は昨年(2019)に亡くなってしまったし、実は笑えない要素満載である。

基本的にはアルコール依存症について、自身の体験を赤裸々に語っている点で、たびたび本サイトに登場する作家「中島らも」と、同系列だ。

ただ、独特の丸っこい可愛い絵柄で書かれていて、基本はギャク調なので、読んでいて面白いのである。「悲惨」でありながら「楽しい」というのは矛盾しているが、アルコール飲料そのものが「楽しさ」と「危険さ」を含んでいるので、これは必然かもしれない。

私も結構な依存症だが、とにかく、アルコールは本当に「たしなむ」程度にしておきたいと思わされる内容だ。仕事から逃げるために、頭をアルコールで化学的に変異させてしまうという行為が結構、社会に定着しているこの社会自身が、実はかなり怖い気もする。

テレビを見ていると本当にアルコール関連のCMが多い。儲かるのだろうし、愛飲者も多いのだろう。

しかし、人類がアルコールで失ったものも非常に多いのではないだろうか。少なくとも、腎臓や脳にダメージがあることは事実である。

そう、何度も書いているが単純にアルコールとは「毒」そのものなのである。

その毒によって、人がどう変わるか、変わっても生きていかないといけないのはどういうことか、それが本書のテーマであるように思う。

いまさら、アルコール社会を批判はしないが、飲まないで生きられるなら、そのほうが多分ずっといい。間違いなく、あんなに批判されている「ドラッグ」の一種なのだから。

今日もコンビニに咲き乱れるアルコール飲料の棚を見て、ふと、うそ寒くなったりした。

(きうら)


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

地を這う虫 (高村薫/文春文庫)

報われない男の諦めない物語 4つの短編を収録 人生は勝ち負けではない おススメ度:★★★★✩ (あらまし)「人生の大きさは悔しさの大きさで計るんだ」。文庫本の裏面にあるフレーズ。最近気が付いたが、人生 …

ずっとお城で暮らしてる(シャーリイ・ジャクスン〔著〕、市田泉〔訳〕/創元推理文庫)

殺人事件のあった屋敷に暮らしてます 周りの人の悪意をひしひしと感じます 閉ざされた世界で自足的に生きていきます おススメ度:★★★★☆ 父:娘よ、シャーリイ・ジャクスンの『丘の屋敷』はもう読んだかい? …

スターシップ・トゥルーパーズ≒宇宙の戦士〔新訳版〕(ロバート・A ハインライン/ハヤカワ文庫SF)

原作無視の血みどろ本格SFスプラッター映画 エロ・グロ何でもありのワンダーランド 同時に何故か感動する魂の一作 おススメ度:★★★★☆ のっけから申し訳ないが、タイトル通りこれは「宇宙の戦士」のレビュ …

拷問の話(岡本綺堂/青空文庫)

日本人の誇りを示す貴重な伝聞 拷問とはサディズムにあらす 読みやすい文。感じ入る結末 おススメ度:★★★★✩ (あらすじ)江戸時代、吉五郎という人間が窃盗の罪を犯した。しかし、彼は自白しない為、拷問に …

谷崎潤一郎マゾヒズム小説集(谷崎潤一郎/集英社文庫)

谷崎のモチーフにあふれた短篇集。 同工異曲のきらいもありますが。 驕慢な女性に虐げられたい、そのためには女性を調教・訓育しなければ(使命感)。 おススメ度:★★★★☆ 『少年』……「私」はある日学校で …

アーカイブ