★★☆☆☆

ファントム・ピークス(北林一光/角川文庫)~ネタバレなしのモヤモヤする感想

投稿日:2017年3月15日 更新日:

  • 山で起こる謎の失踪事件を追う
  • 可もなく不可もない文章
  • オチにはちょっとがっかり
  • おススメ度:★★☆☆☆

困った。ジャンル分けや詳しい感想を書くと、ネタバレに直結するという本なので、非常に扱いづらい。しかし、このタイトル「ファントム・ピークス」という響きと雰囲気たっぷりの表紙。それだけで、読みたくなるような本なのだが……。

あらすじも短くしか紹介できない。長野県の山中で、半年前に失踪してしまった妻の頭蓋骨が発見される。しかし、原因不明。それは、その山における惨劇の始まりに過ぎなかった……。

ファントムというのはご存知の通り幻影や幻、転じて幽霊を指すもので、ピークスはもちろん山の頂だろう。と、いうことで「山での人を殺す謎の存在を追う」というプロットで、正体を考えながら探っていくのだが、これがもう非常にあっさりしているというか、潔いというか、やっぱりというか、とにかくそういう類の感想しか出てこない。

文章は硬質で読みやすいが、可もなく不可もなくという感じで、オチに関しても途中で想像がつくので「驚愕」とはいいがたい。つまり、あまりお勧めできない一冊だ。

実際にお読みになるか、タイトルとネタバレで検索されれば分かるが、多分、有名なあの「事件」を連想する人も多いと思うのだが、どうだろうか。これがノンフィクションなら怖いと思うかもしれないというのが率直な所だ。

こんなモヤモヤした感想を読むと余計モヤモヤすると思うので、その「事件」にWikiのリンクを貼っておくので、気になる方はどうぞ。

(きうら)

【注意・ネタバレ】ファントムの正体で連想される事件 → クリック


ファントム・ピークス [ 北林一光 ]


-★★☆☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

ブラッドハーレーの馬車(沙村広明/太田出版)

少女趣味と人体欠損要素あり 全体的に鬱展開で救いがない 絵は作者特有の緻密な画風 おススメ度:★★☆☆☆【閲覧注意】 とある資産家のブラッドハレー家では「慈善事業」と称して、孤児院から少女を選び、養女 …

他人事(平山夢明/集英社文庫)

シュールで黒い創作短編ホラー集 理不尽を通り越して異空間化 実話会談の方が好み おススメ度:★★☆☆☆ 明けましておめでとうございます。 ていうか皆さん、ホラーなんて普段、読まないでしょう。特に私が好 …

日出る国の工場(村上春樹・著/安西水丸・画/新潮文庫)

工場見学の文章とイラスト どこを切っても村上春樹 30年前のドキュメントで時代を感じる おススメ度:★★☆☆☆ 初版発行が1987年平凡社となっている。およそ30年前である(2018年現在)。そもそも …

水に似た感情 (中島らも/集英社文庫)

ほぼ実話のTV制作ドキュメント 驚くほどの下品さと繊細さが混在 ちなみに躁病の時に半分書いたらしい おススメ度:★★☆☆☆ まず「中嶋らも」という作家の情報をどの程度知っているかで、この本の面白さが変 …

厭魅の如き憑くもの (三津田信三/講談社文庫)

憑き物をテーマにした戦後間もない架空の村の怪異 探偵役が登場する正しいミステリの構造 固有名詞に違和感があるが読みやすい おススメ度:★★☆☆☆ 戦後の昭和の架空の村が舞台で、谺呀治(かがち)家と神櫛 …

アーカイブ