★★☆☆☆

ファントム・ピークス(北林一光/角川文庫)~ネタバレなしのモヤモヤする感想

投稿日:2017年3月15日 更新日:

  • 山で起こる謎の失踪事件を追う
  • 可もなく不可もない文章
  • オチにはちょっとがっかり
  • おススメ度:★★☆☆☆

困った。ジャンル分けや詳しい感想を書くと、ネタバレに直結するという本なので、非常に扱いづらい。しかし、このタイトル「ファントム・ピークス」という響きと雰囲気たっぷりの表紙。それだけで、読みたくなるような本なのだが……。

あらすじも短くしか紹介できない。長野県の山中で、半年前に失踪してしまった妻の頭蓋骨が発見される。しかし、原因不明。それは、その山における惨劇の始まりに過ぎなかった……。

ファントムというのはご存知の通り幻影や幻、転じて幽霊を指すもので、ピークスはもちろん山の頂だろう。と、いうことで「山での人を殺す謎の存在を追う」というプロットで、正体を考えながら探っていくのだが、これがもう非常にあっさりしているというか、潔いというか、やっぱりというか、とにかくそういう類の感想しか出てこない。

文章は硬質で読みやすいが、可もなく不可もなくという感じで、オチに関しても途中で想像がつくので「驚愕」とはいいがたい。つまり、あまりお勧めできない一冊だ。

実際にお読みになるか、タイトルとネタバレで検索されれば分かるが、多分、有名なあの「事件」を連想する人も多いと思うのだが、どうだろうか。これがノンフィクションなら怖いと思うかもしれないというのが率直な所だ。

こんなモヤモヤした感想を読むと余計モヤモヤすると思うので、その「事件」にWikiのリンクを貼っておくので、気になる方はどうぞ。

(きうら)

【注意・ネタバレ】ファントムの正体で連想される事件 → クリック


ファントム・ピークス [ 北林一光 ]


-★★☆☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

エス(鈴木光司/角川ホラー文庫) 【ネタバレ全開】

「貞子」にまつわるアナザーストーリー 粗が多すぎて最後は本を投げたくなる 怖くはありません。 オススメ度:★★☆☆☆ 作者が鈴木光司で、本の裏に次のようなあおりがある以上、リングの関連書であるのは分か …

百鬼夜行 陽 鬼童 青鷺火 墓の火 青女房【電子百鬼夜行

京極夏彦好きのためだけの小節 それなりに面白いがオチはない 壮大なサーガの一部 おススメ度:★★☆☆☆ 前回、同作者の「ヒトでなし: 金剛界の章 (京極夏彦/新潮文庫)」を読んだ後、何となく、まだ読み …

恐怖箱 袋小路(神沼三平太/竹の子書房)~概要と軽いネタバレ、感想 ※Kindle Unlimited対応

実話の短編エピソードを100話収録 玉石混交の内容で、軽い話も多い バラエティ豊か。気軽な読書に おススメ度:★★☆☆☆ 百物語(参加者が順番に怖い話を披露する会)を開催している著者が実際に聞いた話を …

本当の魔法と魔法瓶(北川商店) ~【特別編PR的寒い感想】

・今回は怖い本の紹介ではないので怖い話を読みたい人はスルー ・怖いというより寒いかキモイ。というか、滅茶苦茶でアホ ・なぜ、特別編でスルーかは下記の説明を読むとよくわかります おススメ度:★★☆☆☆ …

鬼(高橋克彦/ハルキ・ホラー文庫)

陰陽師を扱った連作短編集 平安時代の怪奇事件簿という趣(おもむき) 地味と言うか渋いというか…… おススメ度:★★☆☆☆ (あらすじ・紹介文より)平安の都で起こる怪事件の影で跋扈する道鏡、菅原道真らの …

アーカイブ