★★☆☆☆

ファントム・ピークス(北林一光/角川文庫)~ネタバレなしのモヤモヤする感想

投稿日:2017年3月15日 更新日:

  • 山で起こる謎の失踪事件を追う
  • 可もなく不可もない文章
  • オチにはちょっとがっかり
  • おススメ度:★★☆☆☆

困った。ジャンル分けや詳しい感想を書くと、ネタバレに直結するという本なので、非常に扱いづらい。しかし、このタイトル「ファントム・ピークス」という響きと雰囲気たっぷりの表紙。それだけで、読みたくなるような本なのだが……。

あらすじも短くしか紹介できない。長野県の山中で、半年前に失踪してしまった妻の頭蓋骨が発見される。しかし、原因不明。それは、その山における惨劇の始まりに過ぎなかった……。

ファントムというのはご存知の通り幻影や幻、転じて幽霊を指すもので、ピークスはもちろん山の頂だろう。と、いうことで「山での人を殺す謎の存在を追う」というプロットで、正体を考えながら探っていくのだが、これがもう非常にあっさりしているというか、潔いというか、やっぱりというか、とにかくそういう類の感想しか出てこない。

文章は硬質で読みやすいが、可もなく不可もなくという感じで、オチに関しても途中で想像がつくので「驚愕」とはいいがたい。つまり、あまりお勧めできない一冊だ。

実際にお読みになるか、タイトルとネタバレで検索されれば分かるが、多分、有名なあの「事件」を連想する人も多いと思うのだが、どうだろうか。これがノンフィクションなら怖いと思うかもしれないというのが率直な所だ。

こんなモヤモヤした感想を読むと余計モヤモヤすると思うので、その「事件」にWikiのリンクを貼っておくので、気になる方はどうぞ。

(きうら)

【注意・ネタバレ】ファントムの正体で連想される事件 → クリック


ファントム・ピークス [ 北林一光 ]


-★★☆☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

死国(坂東真砂子/角川書店)

心霊系恋愛小説 四国の土俗的文化がベース ホラーとしてはおすすめできない おススメ度:★★☆☆☆ 注・ここから先、ネタばれあり 過去に「猫殺し」の一件で話題になった坂東氏による「死国」は、死者の甦りと …

バトルロワイヤル(高見広春/幻冬舎)

当時斬新だった「中学生同士の殺し合い」がテーマ キャラが類型的で単調な展開 ごく普通の娯楽小説 おススメ度:★★☆☆☆ 出版当時は国会で話題に上がったという問題作……のはずだが、中身はごくごく普通の娯 …

奴隷小説(桐野夏生/文春文庫)

怪奇小説…いや幻想小説家 タイトルほどのインパクトはない どれもプロローグっぽい感じ おススメ度:★★☆☆☆ 自虐読書というものがあって、私は新年早々初出勤に合わせて「新装増補版 自動車絶 …

本当の魔法と魔法瓶(北川商店) ~【特別編PR的寒い感想】

・今回は怖い本の紹介ではないので怖い話を読みたい人はスルー ・怖いというより寒いかキモイ。というか、滅茶苦茶でアホ ・なぜ、特別編でスルーかは下記の説明を読むとよくわかります おススメ度:★★☆☆☆ …

グルーム (ジャン・ヴォートラン (著) /高野優 (翻訳)/文春文庫) ~感想と概要

心を病んだ青年ハイムの妄想と犯罪 ノワール小説の鬼才の作品(紹介文より) 面白いような、そうでないような おススメ度:★★☆☆☆ 松の内も明けない内にこんな不気味な作品を紹介するのは気が引けないでもな …

アーカイブ