★★★★★

シークレットレース(タイラーハミルトン/小学館文庫)

投稿日:2017年4月4日 更新日:

  • 自転車レースの裏側、ドーピングを語るノンフィクション
  • 偉大なチャンピオンの転落劇を生中しく語る
  • 暴露本だが感動する。みんな必死なんだ。
  • おススメ度:★★★★☆

自転車レース。今回は、競輪のことではない。ロードバイク(自転車)にのって、世界中を転戦するプロのレーサーの物語だ。自転車の世界にはサッカーのワールドカップのような大きな大会があって、イタリアの「ジロ・デ・イタリア」、フランスの「ツールド・フランス」、スペインの「ブエルタ・ア・エスパーニャ」の三大大会がある。どれも3週間、一日に平均200km、7時間も走り続けたり、アルプスの山を「自転車で」時速30kmで登ったりする過酷なレースだ。その中でも「ツールド・フランス」が最も有名。日本では残念ながらマイナースポーツだが、愛好者は増えていると思う。ちなみに以前に紹介した「茄子」は「ブエルタ・ア・エスパーニャ」の映画だ。

この本は、その有名選手だったタイラー・ハミルトンが中心になって書いた本で、要は自転車レースで勝つために、過去7回ツールド・フランスで優勝した(今は剥奪)ランス・アームストロングのドーピングを手伝っていた経緯を詳しく暴露している。ハミルトンは私も好きな選手で、レース中に鎖骨を折ったのに気迫でレースを続けた偉大な選手だ。

このランス・アームストロングは、ツールド・フランスを7勝した過去最高のチャンピオン(だった)で、最高のスポーツ選手として尊敬を一心に集めていた。理由がある。彼は精巣癌にかかり、それを克服して、レースに連勝したのだ。このストーリーに私も感動した。DVDも持っている。でも、である。それが血液ドーピングという不正だと「本人が」告白したのだ。まさに地に落ちた英雄だ。自転車レースは、過去にもドーピングの多いスポーツで、ツールド・フランスには、優勝者がいない年がいっぱいある不名誉な記録が多い。電車に乗って不正をしたという笑えない話も残っている。最近もメカニカルドーピング(自転車にモーターを仕込む)で揺れている。

これは勝つための執念の物語だ。その為のドーピングだ。これは怖い。勝つために手段を択ばない。それが寿命を縮めかねない。それでも勝たないといけない。これは大人の世界の恐怖だ。結果で評価される。当たり前だ。でも不正はいけない。ただ、個人的に勝つために命を削ったハミルトンとアームストロングを憎む気にならない。単純に尊敬はできない。でも侮蔑もしない。彼らは勝つために命を張ったのだ。スポーツマンシップとは別の話だが、まあ、いいではないが。それが人間だ。

この本に大好きなシーンがある。後半だ。タイラーが友人とボロい自転車で走っていると、信号待ちをしていた時、高価なレース用の自転車(数千ドルもする)を乗った二人のライダーが横に止まった。かれらはハミルトンに気が付いた。そしてその彼らのTシャツには「ドーパー(ドーピングをしたやつ)は最低」と書かれていたのだ。ハミルトンは腹が立ってそれを追いかけた。そして、互いに目を合わす。そして、ハミルトンは、その男と握手をしてこう言うのだ。

「やあ、僕は昔ドーパーだった」僕は言った。「だけど、最低じゃない。じゃあ、楽しい走りを」
レースってなんだ? 正義ってなんだ? 不正ってなんだ? ドーピングってなんだ? 割り切れるもんじゃないんだ、大人の世界は。竹原ピストルの歌詞を借りると「必死じゃない大人なんていないのさ」。

自転車競技に興味がなくても、いい一冊だと思う。この本の「恐怖」部分はドーピングの怖さに限られるが、読んで損はしない本だと思う。そして、自転車好きの好きな人が増えてくれたらいいな。ただし、現役ロードレーサーは、交通ルールはちゃんと守って、なるべく車道は走るなよな。危ないし、迷惑だ。ロードレーサーは紳士であるべきだ。私もそうありたい。

(きうら)


シークレット・レース [ タイラー・ハミルトン ]


-★★★★★
-, ,

執筆者:

関連記事

夜と霧 新版(ヴィクトール・E・フランクル (著)・ 池田香代子 (翻訳)/みすず書房) ~感想と紹介

ナチスの強制収容所に収容された心理学者の冷静な回想 読むと非常に重い現実が現れる。娯楽要素はゼロ 誰もが絶対に読むべき本だと私は思う おススメ度:★★★★★ 皆さんは、人間の「性善説」と「性悪説」とい …

人の砂漠(沢木耕太郎/新潮文庫)

1977年に出版された「敗れた者」たちのノンフィクション 書かれた時代は古い、しかし、驚くほど現代の問題に直結している 読み物として単純に面白い。久しぶりにそう思った おススメ度:★★★★★ 私は沢木 …

高熱隧道 (吉村昭/新潮文庫)~感想とあらまし、軽いネタバレ

黒部峡谷第三発電所建設工事の生々しい記録 トンネル技師の立場から描かれるトンネル掘削の難工事 蟹工船にも通じるある種のプロレタリア的ホラー おススメ度:★★★★★ 随分前に紹介した小林多喜二「蟹工船」 …

この世界の片隅に 上・中・下(こうの史代/アクションコミックス)

第2次世界大戦前後の広島の日常生活が緻密に描かれる 主人公すずの天然で健気なキャラに癒される 直接的な暴力もあるが、それとは違う「怖さ」がある おススメ度:★★★★★ この作品の素晴らしさは各所で語り …

わしらは怪しい探険隊 (椎名誠/角川文庫)~お正月限定企画「怖くない」本(きうら)

離れ小島での男だけのキャンプ・エッセイ 「昭和軽薄体」と称された椎名誠の文章技術の真骨頂 笑いとスリルと優しい感動も味わえる おススメ度:★★★★★ 昨年、本サイトをご覧頂いた方もそうでない方も、この …

アーカイブ