★★★★☆

巷説百物語(京極夏彦/角川文庫)~あらましと感想、軽いネタバレ

投稿日:2017年8月11日 更新日:

  • 人工怪談とでも言うべき怪奇短編集
  • 江戸の世を舞台に悪人を非合法(妖怪的?)に罰する
  • 著者の博識ぶりが発揮されているが、衒学的に過ぎず読みやすい
  • おススメ度:★★★★☆

著者の京極夏彦氏の著作は本サイトでも何作も取り上げているが、本作はシリーズものとしては「百鬼夜行シリーズ(いわゆる京極堂が登場するシリーズ)」に次ぐ人気のシリーズものだ。2017年現在、この「巷説百物語」を皮切りに「続」「後」「前」「西」と計5冊が刊行されている。長編小説である「百鬼夜行シリーズ」とは違い、連作短編集の様な体裁をとっており、本作にも都合7話の物語が収められている。各話に明確な前後関係はないが、基本的に掲載順、刊行順に連続して読んでいくと前後関係が分かりやすいだろう。短編集と書いたが、通常の小説では中編くらいのボリュームがあるお話もあり、新書版で513ページとかなりの分量になっている。

物語の骨子は、江戸時代の末期の天保年間を舞台に、小俣潜りの又市、考物の百介、山猫廻しのおぎん、事触れの治平など、怪しい二つ名を持つ登場人物が、金を貰って法では裁けない悪人たちを懲らしめるという内容で、いわゆる「必殺仕事人」タイプの物語になっている。ユニークなのは著者の嗜好を反映し「百鬼夜行シリーズ」と同様に、お話のタイトルが妖怪やあやかしの名前から取っている点だ。「小豆洗い」や「白蔵主」、「舞首」「芝右衛門狸」等々、内容も其々のモチーフになった妖怪に沿って展開する。

「人工怪談」というのも変な造語だが、この小説の場合、通常の怪奇譚とは逆のパターンをたどるので、そう表現してみた。普通の怪談は、何某かの怪しい出来事が起きて、その出来事に関連し、因果話や情話、復讐譚などの物語が語られ、最終的に霊なり妖怪なりモンスターなり、何らかの正体が明かされて落ちがつく。ところが本作は、冒頭に怪しい出来事が出来するのは同じだが、基本的にそれは「仕掛け」があるものなのである。これは7話ある短編全てが同じフォーマットになっており、読者は「怪異の正体は何か?」ではなく「怪異の仕組みはどうなっているのか?」を楽しむような構図になっている。つまり、もともと無かった「怪談」を上記の怪しい面々が「演出」し、妖怪の仕業に見せかけて、殺人なり暴行なりの恨みを晴らしていくということが前提なので「正体は幽霊でした」という結末にはならず、必ず合理的な説明がなされる。と、いうわけで構図としては意図的に「怪談」を作り出すお話なのである。そういう意味ではミステリ的な要素もある。

分かりやすい例でいうと「芝右衛門狸」というお話は、本当に「狸が化けたと思しき人物=芝右衛門狸」が登場し、作中の老人と親しくなる。その老人は芝右衛門狸(らしき人物)と出会う前に、幼い孫を惨殺されているという悲惨な過去があるのだが、その凶事と一見関係のない芝右衛門狸、そしてその犯人と又市らが複雑に交錯し、最終的には「裁き」が下されるという筋書きだ。一見荒唐無稽な内容だが、そこは博覧強記で鳴らす京極夏彦だけあって、どのエピソードにもきちんとしたバックボーンが有り、妖怪に関する深い知見があり、歴史的な風俗にも違和感がない。更に短編集という形なので、百鬼夜行シリーズほど、長々と妖怪の蘊蓄について語られることもないので、非常に読みやすい。ぱっと見は漢字が多いので読みにくそうだが、少しでも怪談好きの方ならあまり抵抗はないはずだ。

注意点としては内容的にかなり「エグい」シーンが登場することで、上品な歴史ものだと思って読んでいると、びっくりするほどの残酷描写や悲惨なシチュエーションが登場する。最終的には綺麗な落ちがつくので、後味が悪いということは無いのだが、「額を割られた幼い少女」などの表現が苦手な方にはあまりお勧めできない。私は「西」を除いてすべて読んでいるが、一種の様式美を楽しむ小説でもあるので、全体的には少々パターン化しているのは否めないが、この一巻だけ取ってみれば、非常によくできた娯楽小説と言えるだろう。

(きうら)



巷説百物語 (角川文庫) [ 京極夏彦 ]

-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

魔法使いの弟子(ロード・ダンセイニ[著]・荒俣宏[訳]/ちくま文庫) ~あらましと感想、軽いネタばれ

現代ファンタジーの原点。 デュカスの交響詩『魔法使いの弟子』とは、全く関係なし。 魔法使いから影を取り戻す、ラブロマンスともいえる。 おススメ度:★★★★☆ (導入説明)<塔の岩森>の若者「ラモン・ア …

恐怖箱 怪医(雨宮淳司/竹書房文庫)

医療にまつわる実話系怪談集 変化に富んだ内容で読み応えあり 抑えた文章で読みやすい おススメ度:★★★★☆ 実際に医療現場に携わった著者による実話系怪談集だが、よくあるこの手の怪談集より語り口がアレン …

千と千尋の神隠し(宮崎駿/スタジオジブリ) ~あらすじと軽いネタバレと怖さの構造

いわずと知れた摩訶不思議な和風ファンタジーの傑作 ホラー要素満載で悪意しか感じない展開 しかし「超」天才の限界を感じる作品 おススメ度:★★★★✩ 「君の名は」や「アナ雪」や「タイタニック」を足蹴にす …

抗生物質と人間(山本太郎/岩波新書)

抗生物質がうまれた簡単な歴史。 ヒトの身体を細菌との共生から捉える。 抗生物質の過剰使用による危険性。 おススメ度:★★★★☆ 結核をはじめとして、人間の病をなおし、生を支えてきた抗生物質ですが、最近 …

黒い家(貴志裕介/角川ホラー文庫)

「やっぱり生きた人間が一番怖い」をたっぷり楽しめる リアルな設定と抑えた文章 スリリングな展開で抜群の没入感 おススメ度:★★★★☆ 保険会社に支払査定主任として勤める主人公とその顧客である不気味な登 …

アーカイブ