ガジェット考察 未分類

続・時間の見えない時計の話

投稿日:

私は、以前、細かくHPをチェックして、ZIIRO社のLUNAR CHROMEモデルを手に入れた。

※上記は正規代理店で手に入るよく似たLUNAR SNOWモデル。

ところが、この時計が厄介で、まず、時間が良く狂う。一回交換してもらったのだが、それでも狂う。時間が読めないのはいいが、狂ってしまっては本末転倒だ。

しかし、である。この会社の公式サポートが素晴らしい。私がダメもとで、3回目の交換をお願いしたところ、快く引き受けてくれた。しかも、別モデルである。

このEclipse Gunmetal Mintも素晴らしいデザイン・カラーリングで一目惚れした。LUNAR CHROMEとも甲乙つけがたい。

この交換の対応は、恐らく一人の担当者の方に行って頂いたと思うが、最終的には手書きの謝罪文まで入れてくれていた。時計も素晴らしいが、それに携わる人も素晴らしかった。しかも、ここから1年保証がつくらしい。

工業製品に不良があるのは仕方ない。ただ、その後の対応に感動した。もちろん、交換品にも満足している。

この会社の時計は、一見すると、時間が分かりにくい。でも、慣れると本人にはすぐわかる。つまり、時間を独り占めできる時計ということだ。時計でありながら、時間からの解放をテーマにしているようなところに、激しく惹かれる。

公式サイト: https://www.ziiiro-japan.com/

正確に時間が分からない。いいいでしょう。それは恐らく「自由」だということですよ。

(きうら)


-ガジェット考察, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ししりばの家(澤村伊智/角川ホラー文庫) ~ネタバレなし-ありの感想

砂をテーマにした呪われた屋敷系ホラー 不条理感が強い内容 どちらかといえばモンスターもの おすすめ度:★★☆☆☆ 先週、この作者の本をもう一作読んでみようと書いたので、実際に読んでみた。デビューからは …

怪異十三(三津田信三〔編〕/原書房)~読書メモ(014)

読書メモ(14) 三津田信三自身が「本当にぞっとした作品」を選ぶ 直球の怪談といった印象 おススメ度:★★★★☆ 『怪異十三』は、ホラー作家の三津田信三(著者の作品で本サイトで紹介した本:「凶宅」「禍 …

シュナの旅 (宮崎駿/アニメージュ文庫)

初期・宮崎駿の絵物語 ナウシカ+もののけ姫の原点 地味だが惹かれるものはある おススメ度:★★★☆☆ 若さとは変化を捉える感受性のことではないか、などと史上最長のGWを終えて考えて腐っていた。何しろ仕 …

ドラゴンヘッド(1)-(10) 【完結】(望月峯太郎/ヤングマガジンコミックス)

世紀末漫画の傑作 最初の方はよく出来ている 収拾が付かなくなったのが残念 おススメ度:★★★☆☆ 1995年にコミックスの初版を出版しているリアルなディストピアものの漫画。当時は、けっこうブームになっ …

ずうのめ人形(澤村 伊智/角川ホラー文庫)ネタバレなし~ありまで

呪いと都市伝説がテーマ 二つの物語が交錯する サスペンスとしては面白い おススメ度:★★★☆☆ 「ぼぎわんが、来る」の著者のデビュー2作目。前作は自分でも内容を忘れていたので、概要を確認したが、何とな …

アーカイブ