ガジェット考察 未分類

続・時間の見えない時計の話

投稿日:

私は、以前、細かくHPをチェックして、ZIIRO社のLUNAR CHROMEモデルを手に入れた。

※上記は正規代理店で手に入るよく似たLUNAR SNOWモデル。

ところが、この時計が厄介で、まず、時間が良く狂う。一回交換してもらったのだが、それでも狂う。時間が読めないのはいいが、狂ってしまっては本末転倒だ。

しかし、である。この会社の公式サポートが素晴らしい。私がダメもとで、3回目の交換をお願いしたところ、快く引き受けてくれた。しかも、別モデルである。

このEclipse Gunmetal Mintも素晴らしいデザイン・カラーリングで一目惚れした。LUNAR CHROMEとも甲乙つけがたい。

この交換の対応は、恐らく一人の担当者の方に行って頂いたと思うが、最終的には手書きの謝罪文まで入れてくれていた。時計も素晴らしいが、それに携わる人も素晴らしかった。しかも、ここから1年保証がつくらしい。

工業製品に不良があるのは仕方ない。ただ、その後の対応に感動した。もちろん、交換品にも満足している。

この会社の時計は、一見すると、時間が分かりにくい。でも、慣れると本人にはすぐわかる。つまり、時間を独り占めできる時計ということだ。時計でありながら、時間からの解放をテーマにしているようなところに、激しく惹かれる。

公式サイト: https://www.ziiiro-japan.com/

正確に時間が分からない。いいいでしょう。それは恐らく「自由」だということですよ。

(きうら)


-ガジェット考察, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

かもめのジョナサン 完全版(リチャードバック (著)/五木寛之 (翻訳)/新潮文庫) ~ベストセラーを読む(4)

「飛ぶ」ことを純粋に求めるカモメの物語 いろんな意味でひたすら「美しい」 伝説化したのが分かるような、そうでないような おススメ度:★★★☆☆ 初めに読んだのは1974年に発行されたバージョンなので、 …

読む保冷剤を頭の中に・怪談5選

怪談集を5冊セレクト 夏と言えば怪談! 気軽に読もう 世の中には幽霊がいっぱい おススメ度:それぞれ 【はじめに】 何の因果か、時々、現代怪談集(よくある本当にあった怖い話)を読みたくなる。中身は大体 …

エッジ 下 (鈴木光司/角川ホラー文庫) ~完全ネタバレ

やっちまったな鈴木光司 あらゆる意味で支離滅裂 素人考えでもありえない オススメ度:★☆☆☆☆ 著者はいったい何を描きたかったのか? 量子物理学的な知識をひたすら打ち込んだ上、この世には並行世界があっ …

2020年はこの記事が読まれた BEST20

はじめに 私の更新としては2020年の最後になるので、タイトルの企画を立ててみた。後に長く語り継がれるであろう世界的な災厄が巻き起こったこの1年。現在進行形で悪化の一途を辿っているが、この文章そのもの …

今更ながらのコメント欄開放のお知らせ

えーと、今更ですが、コメント欄を作ってみました。今まで、大好きな本を批判されて腹が立っていた人、逆に、何か共感コメントを書き込んでみようと思っていた方はぜひ、ご利用ください。 ただし、スパム対策でコメ …

アーカイブ