★★☆☆☆

メルキオールの惨劇 (平山夢明/ハルキ・ホラー文庫)  ~あらましと感想、軽いネタバレ

投稿日:2017年5月27日 更新日:

  • エキセントリックな文章と物語
  • ケレン味たっぷり
  • 普通の悪趣味幻想小説
  • おススメ度:★★✩✩✩

書評サイトとしては反則なのかもしれないが、Amazonのレビューが高かったので、内容を一切確認せずに購入して読んでみた。結果を言うと失敗であった。この小説は、道具立ては立派だが、外連味たっぷりの文章と気取った内容、中途半端なスプラッター要素と、最後までホラーが燻ったまま終わる。もっと素直に書けばいいのに。これは失敗したハードボイルド・ホラー小説だ。重ねて断ってから述べる。書評サイトが言うことではないが、他人の評価を信じて読んではいけない。せめて、自分で数行読んでから判断すべきであった。

(あらまし)他人の不幸を集めることが趣味の金持ちの変質者の依頼を受け、轢き殺された被害者が乗っていた自転車や目玉を刺して殺された新郎のメガネやかつらといった遺物を集める謎の主人公「12(トゥエルブ)」。彼は、自分の子供を殺し、首を隠したという女の家に乗り込み、その遺品を蒐集しようと目論むが、その家には朔太郎と礫(さざれ)という奇妙な兄弟がいた。果たして、首尾よく「遺品」は入手できるのか。

と、まあ、設定はいかにもホラーで面白いのだが、とにかく文章がいけない。ご存知かも知れないが、一応、外連味とタイトルの意味を解説しておく。

外連味(けれんみ) …… 元は歌舞伎用語で、大げさなさまやはったりを指す。
メルキオール …… 東方の三博士の一人。新約聖書の登場人物で、イエスの誕生時に来て拝んだ人物とされる(詳しくはWikipedia

とりあえず、一文を引用する。

暇つぶしなら反対側にも錆びた缶詰のような自主コンビニがあったが、今はどこかに座りたかった。

錆びた缶詰……もし、この文を購入前に読んでいたら、たぶん定価では買わなかった。こういう風に普通の情景を描くのに過度な修飾を用いると、本当に決めたい文章が映えないのだ。この一文は、一番穏当な表現だが、終始この調子で「オリジナルティのある文章」は加速していく。好みの問題もあるので、私が嫌いだという可能性も大いにあるが、私はホラー小説が読みたいのであって、ホラーっぽい文章を読みたいのではない。

これだけでは何のことだがわからないだろうが、物語の設定自体が突飛なのに文章まで突飛なせいで、単にヘンテコリンな物語になってしまった。スプラッター描写も頻繁に出てくるのだが、これもこの文章のせいでちっともリアリティがない。読者に痛がらせないといけないのだが、文章が痛がっている。

それでも、終盤の展開は中々興味深いものがあるのだが、そういう展開に持っていくなら、どこかにまともな人間を一人置いておくべきだった。主人公かヒロインか、警官か。つまり客体化されていないので、ホラー小説というよりは幻想小説に近い。なんだかドグラ・マグラ(Ama) を読んだ時と同じような気分であった。

結論から言うと、冒頭の私の二の轍を踏まないように、何行か読んでから購入することをお勧めする。文章がはまるなら物語もはまるだろう。

私は無理だった。

(きうら)


(楽天)

-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

忌み地 怪談社奇聞録 ( 福澤徹三・糸柳寿昭(共著)/ 講談社文庫)

実在する怪談蒐集団体のお話 糸柳と上間という二人の人物が取材した内容 を、取材した現代怪談集 オススメ度:★★☆☆☆ 冒頭でこの本が怪談社という団体に所属する二人の人物の取材記であることが記される。結 …

パラサイト・イヴ(瀬名秀明・新潮文庫)※注 核心に触れるネタバレ感想あり

医学的知識を活用したSFホラー 途中までは面白いが、オチに大不満 ネタバレありで、以下で詳しくその理由を説明します おススメ度:★★☆☆☆ 昨日、鈴木光司氏の「リング」を紹介したので、年度が近く199 …

魔の聖域 (楢山芙二夫/角川ホラー文庫)~あらましと感想 、ややネタバレ

映画のスタントマンの事故死にまつわる怪異 イマイチ、何のホラーなのか分からない 昭和映画界の裏側描写は面白い おススメ度:★★☆☆☆ 「魔の聖域」と、抽象的なタイトルがついているが、内容は上記のような …

空飛ぶタイヤ(上)(池井戸潤/講談社文庫)

きわめて真っ当な企業小説 本当に予想通りの展開 随所にいい台詞もあるが・・・・・・ オススメ度:★★☆☆☆(上巻のみの評価) 発刊当初からそのインパクトのあるタイトルからすごく気になっていた一冊。この …

エス(鈴木光司/角川ホラー文庫) 【ネタバレ全開】

「貞子」にまつわるアナザーストーリー 粗が多すぎて最後は本を投げたくなる 怖くはありません。 オススメ度:★★☆☆☆ 作者が鈴木光司で、本の裏に次のようなあおりがある以上、リングの関連書であるのは分か …

アーカイブ