特になし

今年の競馬とアニメ『ウマ娘』(成城のコラムー25)

投稿日:

  • 今年の競馬について
  • ハルウララちゃんおめでとう
  • 『ウマ娘2期』について
  • オススメ度:特になし

【今年の競馬の目標は「リベンジ」】

古井由吉『こんな日もある』(講談社)を読もうとしています。この本は、『優駿』に連載されていたものの初書籍化です。競馬を長年観戦して、馬券を買っていると、なんとなく「こんな日もある」という感慨にふけることがあります。だいたい馬券で負けた日に、そないなことを思います。馬券で負けた日とは、荒れなかった日のことです。とはいえ、勝っても負けても気にせずに、来週に気持ちを切り換えるので、翌日月曜日には前向きになってます(でないと、20年以上も競馬やってない)。そんな私の今年の目標は、リベンジです(恒例)。今年は頑張って、回収率大幅プラスで終えたい。

去年の前半はとても馬券予想の調子がよかったのですが、しかし、後半はあまり振るいませんでした。なぜかというと、去年の3歳馬の、3勝クラスでの力関係を見誤ったからです。よく考えると、強い馬はすでにオープンクラスに上がっているので、2勝3勝クラスで3歳馬が相対的に強いのは当たり前です。それが今年の反省点です。そこを考えて、予想のリベンジしたいです。

【先週の競馬】

さて、今年(2021年)の競馬はすでにフェブラリーステークスを先日終えました。2/20の東京4Rでは、三連単2000万馬券が出て驚かされました。私はそのレースでは複勝だけしか買ってなかったのだけども、その穴馬三頭をゲットして懐が少しふくらんだので少し慢心したせいか、午後のレースはさっぱりで、日曜日(2/21)には巻き返してやるぞと意気込んだものの、10レースまでは一進一退で、これはダメかと思ったものの、三場メインレースでなんとか少しとりかえすことができ、最終的に二日間プラスで終えることができた。

とはいえ、小倉大賞典は、結局前に行って粘りとおしたディアンドルにやられてしまい、テリトーリアルの複勝しか取れなかった。軽ハンデ馬はいつも買ってるのに。大和ステークスでもこれまたヒロブレイブの複勝のみ。メイショウテンセイが「キター!」、と心で叫んでいたらヒロブレイブに差されてしまった。ヒロブレイブの複勝は3540円でこれでもいいんだけども、メイショウ絡みの方が配当的にはよかった。結局二日間、大きめの複勝ばかり取っただけ。こういう穴馬をうまく絡められないとビッグな配当にはたどりつけない。先週は、複勝ばかりゲットしていた。こんな日もある。

今年はじめてのG1フェブラリーは、勝ったカフェファラオ、2着以下のエアスピネル、ワンダーリーデルの三頭は、うまくスタートして内目を通り、結果的にそのコース取りがレッドルゼルとの差になった印象。カフェファラオは、東京マイルはとりあえず強いのはわかった。結局、後ろから行って外を回らされた馬にはチャンスはなかった。勝ちタイムは良かったけど、レースレベルに関してはどーなんだろ。エアスピネルは、これからも期待はできそうだけども。

それよりも、サウジアラビアで行われたスプリント戦の2頭(コパノキッキング・マテラスカイ)の方がレベル高そう。はやく、新潟直線のG1をつくって欲しいところ。

【ハルウララちゃんお誕生日おめでとう】

『ウマ娘』の第一期には、ハルウララちゃんがマスコットアイドル的な存在として登場していました。最近は、2月なのに春うららな気候で花粉も飛散しだしていますけど、現実のハルウララさんは元気に余生を送っているようです。そんなハルウララさんは、きたる2/27で25歳の誕生日を迎えます。おめでとうございます。これからも健やかにお過ごし下さい。

ハルウララちゃんは、連敗続きで結局勝てなかったけど、その頑張る姿にファンは心打たれ、ファンたちはせっせと競馬場に足を運びました。新しいタイプのアイドルホースでした。アイドルホースというと、過去にはハイセイコーやオグリキャップがいましたが、ハルウララさんはそれらとは違って、ある意味現代アイドルホースの申し子みたいなお馬さんでした。

【アニメ『ウマ娘 season2』】

アニメ『ウマ娘season2』では、ハルウララちゃんはたしか姿を見せず、新しいマスコットホースとして、ツインターボちゃんが登場しました。ターボちゃんはホンマにおもろです。実際のターボちゃんはけっこう活躍したので、アニメでもそれなりに目立っていて、しかもカワイイ。そういや、昔使ってたドライヤーの商品名は「ツインターボ」というものだった(どーでもいい)。

さて、season2では、トウカイテイオーとマックイーンがメインになりました。スペ世代よりも年代が下りました。ウマ娘のテイオーが人気あるのかどうか分かりませんが、マックイーンと共にドラマチックな馬生であったので、それなりに話は作れそうです。といいたいのですが、マックイーンは第一期と比べてビジュアル的にゴージャス感が減り、ストーリーもレース映像のアニメーションもちょっと質が落ちたような気がする。

アプリゲームもスタートするということで、それなりの宣伝にはなるでしょうけど、どーなんでしょか。アニメでは、マックイーンとライスシャワーやメジロ軍団などなど、もっとおもしろく展開できそうな気がするのですが。とくに平成サラブレッド三大悲劇のひとつライスシャワーに関しては、スズカさんより見ていて辛いものがあるのですけど、この前の放送回でライス関係の話は終わるのでしょうか。

それでもまあ昔の競走馬は、現在の競走馬より個性にあふれていたと思うので、アニメとしてはまあまあおもろいです(リアタイ視聴してるし)。それにしても、最近の現実ではオルフェーヴル以降、おもろい競走馬が出てない。アーモンドアイなんかにはとくにインパクトを感じない。今の競走馬にそれほど魅力を感じないのは、芝の一流馬やレースには、昔と比べてドラマ性が欠けるからだろうか。そう思うのは、単なるおじさんの繰り言なのかもしれません。でも、アニメのキタサンなんかにはこれから何かおもろくなりそうな、そんなドラマ性を感じますけど。

結論をいうと、アニメをみたあとにはウマ娘のゲームしたい。というか、誰かがプレイしているのを横目で見ていたい。それと、ウマ娘に蹴られたい踏まれたい(ご褒美の極み)。

【なぜ競馬を観るのか?】

自分はなぜ、競馬をずっと観ているのかというと、ただ単に馬フェチだからです。馬の走る姿に萌えるからです。アニメ『ウマ娘』のキャラにはあまり萌えませんが(スズカさんやエルちゃんやグラスちゃんには多少萌えるけど)、実際のサラブレッドの美しさ凛々しさったらない。顔から目付きからたてがみから尻尾まで、四肢を伸ばして懸命に走るあの姿が、なんとも言えず神々しく尊い。サラブレッドというと現在では完全に経済動物でしかないですけど、そんなこと関係なく美しい。

競馬は人間が関わったスポーツでもあるし、公営ギャンブルでもありますけど、やはり個人的には走る馬を眺めるイベントですねぇ。単なるギャンブルだけならしない自分でも競馬をするのは、走る馬を見ていたいから。馬は食べたくなるほど美しい。なので、馬刺しを食うのに抵抗がないのかもしれないのかどうかは分かりません。

【今年のクラシックについて】

2021年のクラシック戦線は、まだよくわかりません。ダノンザキッドは去年のコントレイルのような強さは感じない。今のところビビっときた馬がいない。ステラヴェローチェは、巻き返しがありそうでこれは皐月賞で狙いたい。これから弥生賞などのトライアルがはじまるけど、そこら辺のレースでいい競馬をした馬をチェックしていきたいと思ってます。今年の皐月賞は、色気をもつ陣営が多いかもしれないので、そこらあたりを見据えましょうか。混戦になってくれてほうが、予想のしがいがあります。

新種牡馬について。期待していたドゥラメンテはイマイチどころの話ではなさそう。ルーラーシップ産駒もそんなすぐに走ってなかったと思うけど、ドゥラメンテに関してはそれよりも期待をかなり下回ってしまった。産駒にこれといった見所が感じられない。モーリス産駒に関しては、中山・阪神・中京あたりのコースなら合いそうで、本格化するのはこれからかもな。大物だすかもしれんし。今年のクラシックがよく分からないのは、ドゥラメンテとかの新種牡馬がたいした産駒を出せてないからかなぁ。

(成城比丘太郎)


-特になし
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

この三月にしていたこと(成城比丘太郎のコラム-17)

コラム(017) 三月にしたこと しなかったこと おすすめ度:特になし 2020年3月は、世間が騒がしかったりそうでなかったりして、できないことが色々あった。まずは、法事の予定をとりやめて延期したこと …

通勤電車の光景 ~大和路快速~大阪メトロ(2020年4月)

リアルな恐怖体験 目に見えないということ 侵食される日常 おススメ度:特になし 私は平日の朝は、6:30きっかりに私は家を出て、最寄りのバス停に向かう。その間、約7分。もう600回近く繰り返したので正 …

文字渦(円城塔/新潮社)~読書メモ(019)

読書メモ(19) 又吉先生の小説について 文字の歴史を実験小説的に綴る おススメ度:特になし 【又吉直樹先生の連載小説が、ヤバイ件について】 『毎日新聞』に好評連載中(?)の、又吉直樹の小説『人間』が …

2010年代アニメまとめ(9)~鼎談

三人で 喋りまくる アニメのことを オススメ度:特になし 【登場人物】 A:MC。まあまあアニメ好き B:アニメ初心者 私:ムダにアニメよく観る人 【日常系】 A:今回は、ここ10年のアニメとくにテレ …

2020夏アニメの感想と、2010年代アニメまとめ番外編

「2020夏アニメ」感想 2010年代アニメ番外編 アニメにみる異界性 オススメ度:特になし 【夏アニメ感想】 もうすでに新クールに入っているテレビアニメだけど、いまのところ事前情報的な内容説明をあま …

アーカイブ