3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

コラム 特になし

進行方向、あるいは信念または正義を感じる通勤

投稿日:

  • 人間が争う単純な原理
  • イーロン・マスクから国際紛争まで
  • 地下の世界から世界へ
  • おすすめ度:特になし

最近、面白いほど面白いことがない。世間は暗いニュース、賃金は変わらず、年ばかり重なっていく……。

そんな閉塞状況に陥ると、不思議とどうでもいい日常の中に変化を感じるようになる。

私にとって通勤途中での改札へ至る人の流れがまさにそれだった。若い頃は何も考えなかったこと。

退屈な私は通勤電車でいかに効率よく改札を通過するかを考える。どうやったら最短距離で歩けるかを考える。舞台は関西のメトロ。

まず、全体を見渡す。経験則からある程度、人の流れは予想できる。

例えばスマホを見ている人間は前にスペースがあっても歩くのが遅い、柱の影から突然人が飛び出てくる、混雑を避ける為には待つことが有効なことなど。

行動学の初歩だろう。私はそれを考慮に入れて改札口への数百メートルの最短距離を探そうとする。ところがこれほど注意を払っていても、人と接触することもあるし、前後を塞がれて早く歩けないこともある。

なぜだろう?

おそらく、私の予想の範疇を超える思考をしている人間がいるか、何も考えていない異分子がいるか、同じことを考えて衝突するかだろう。

私にとっての最短距離は、誰だか知らない人間の最短距離でもあるのだ。なるほどな、と思う。単なる通勤でさえこのような衝突が発生するのだ。

この通勤の行動原理は、信念と呼ばれるものや、政治や思想と同じだろう。

私にとって最低な「歩きスマホ」は、その人にとっては束の間の安らぎであったり、大切な人の安否だったり、ゲームの時限イベントだったりするのだろう。

私からすればそんな事情は知らないので「歩きスマホ」に一括りにして、避けて歩くのに苦労する。

一方「歩きスマホ」からすれば、私は「最短距離を突進してくるオッサン」であり、「そんなスピードで歩くと危ない」「私には急ぐ必要はないのでスピードを優先されても困る」と思っているかも知れない。

話は一気に飛躍するが、これが立場の違いである。ロシアとウクライナ、中国とアメリカと日本、与党と野党、インボイスをやりたい官僚と個人事業者、自民党と統一教会、イーロン・マスクと従業員、公務員と派遣社員、若者と老人、サッカーファンと野球ファン、撮り鉄と乗り鉄と乗客、うるさいバイクと静かなバイクと関係のない人間……キリがないので止めるが、あらゆる分断は自分の一人称視点が正しいと思うことが起点になっている。要は自己肯定は本能に近い。

人類はこの問題に対処する為に様々な知恵を絞った。民主主義、法律、国際同盟などはその際たるものだろう。

人間は対立するより協力する方がより力を発揮するのも真実だ。アインシュタインが天才だとしてもそれをフォローする人間が0なら何も成し遂げられなかっただろう。

……正直、対立することに疲れてしまった。対立を見るのもとても悲しい。戦争や暴力を見るのは嫌だ。疫病で苦しむ人も見たくない。弱い立場の人がより弱い立場の人間を攻撃している。そういうのはもういいんだ。

とはいえ、私のこの主張が誰かの不機嫌を誘うこともわかっている。世の中に不条理はなくならない。
諦めるか、そうしないか?

アフガニスタンで医療と灌漑事業に人生を捧げ、凶弾に倒れた中村哲医師の言葉を最後に引用したい。

「良心を束ねて河となす」
「命がけで不条理に一矢報いる」

世界の大富豪と企業と国家が「分け合うこと」を一斉に始めたら、世界中の幼い瞳が目を覚ますかも知れない。

(きうら)


-コラム, 特になし
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

通勤電車の光景 ~大和路快速~大阪メトロ(2020年4月)

リアルな恐怖体験 目に見えないということ 侵食される日常 おススメ度:特になし 私は平日の朝は、6:30きっかりに私は家を出て、最寄りのバス停に向かう。その間、約7分。もう600回近く繰り返したので正 …

【特別企画】時間の見えない腕時計を追え!

どうも、きうらです。成城氏が所用で一回休まれるので、今回は私きうらが、久しぶりにガジェットものの記事を書いてみます。お時間のある方はぜひどうぞ。 そもそも、私の腕時計に対する探究はAppleWatch …

海外文学(小説)おすすめ50作品+α(成城比丘太郎のコラム-02)

非-専門家がおすすめする海外文学(小説)。 私の好きな本、もう一度読みたい本を中心に。 一応ホラー的な、ファンタジー的なものもあります(暗い本も)。 おススメ度:★★★★☆ ※編者注 一応全ての作品に …

われもまた天に(古井由吉/新潮社)

著者の絶筆(たぶん) 天にかえりしいのち 「著者の生前の意向」により掲載された「遺稿」 オススメ度:特になし 2020年に世界を騒がせたものというと、もちろん数々の「厄災」、とりわけ新しい種類の感染症 …

個人的な、岩波文庫の100冊(仮)其のろく〜「成城のコラム(81)」

「コラム081」 ○○の秋。 芸術(美術)の秋。 オススメ度:特になし 【近況〜競馬】 先週、スプリンターズステークスがおこなわれ、ジャンダルムが内から抜け出して2着馬を抑えて勝ちました。ビリーヴとの …

アーカイブ