★★☆☆☆

厭魅の如き憑くもの (三津田信三/講談社文庫)

投稿日:2017年1月11日 更新日:

  • 憑き物をテーマにした戦後間もない架空の村の怪異
  • 探偵役が登場する正しいミステリの構造
  • 固有名詞に違和感があるが読みやすい
  • おススメ度:★★☆☆☆

戦後の昭和の架空の村が舞台で、谺呀治(かがち)家と神櫛(かみぐし)家、2つの旧家の間に起こる「憑き物」に関する怪異譚がメイン。ただし、金田一耕助もかくやという怪奇小説家が登場しミステリ風展開が行われる。構成の特徴としては、本章の間に3人の登場人物視点の短い挿話が挟まる形になっている。

何々家がそれぞれに力を持っていて、微妙な勢力図で争うという内容は使い古された設定だが、丁寧に描かれているし、憑き物に関する描写も中々凝っていて雰囲気はあると思う。ただ、前述の探偵役と思われる怪奇小説家が登場すると、一気にラノベ風になってしまうのが残念だ。小説中に作家が登場するのは、著者の分身だと思っているのだが、どうも本当に書きたいのはこの部分ではないかと疑ってしまう。個人的にはこのキャラクターがマイナス点だ。

この作品はシリーズ化されているので、一定の読者の評価は得ているようだ。どちらかというと怖い雰囲気を持ったミステリという位置づけのように感じる。残酷描写も控えめで(若い人には)親しみやすいキャラクターも登場するし、ラノベではものたりない読者の次の一冊に最適、というような内容ではないかと思う。

(きうら)

厭魅の如き憑くもの (講談社文庫)

-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

世界の中心で、愛をさけぶ(片山恭一/小学館文庫) ~ベストセラーを読む

シンプルなラブストーリー 恐ろしく早く読める なぜ売れたのか、一応分析してみる おススメ度:★★☆☆☆ 久しぶりの「ベストセラーを読む」はずいぶん古い。2001年に発刊され、2003年に一気に売れたと …

ケモノの城 (誉田哲也/双葉文庫) ~あらましと感想

いわゆる一つの胸糞悪いはなし 実在の事件を材に取ったというか、ほぼそのままの気が よほどのサディストでもない限り読まないほうが良い おススメ度:★★☆☆☆ 本を定価で買って久しぶりに後悔した。むろん、 …

結ぶ(皆川博子/創元推理文庫) ~あらましと感想、軽いネタバレ

18の短編からなる幻想小説集。 特に怖いところなし。 幻想小説初心者向け。 おススメ度:★★☆☆☆ まず表題作の「結ぶ」だが、これはなんか思考実験のような短編。身体が縫われることから着想し、球体へと至 …

日本〔論〕についての会話

死者と先祖の話 (山折哲雄/角川選書) 日本論(石川九楊/講談社選書メチエ) 日本と日本文化を規定するものとは 宗教観と日本語から見る日本論 どちらも中途半端なかんじです おススメ度:★★☆☆☆ 【登 …

夏の滴(桐生祐狩/角川ホラー文庫)

少年少女の日常生活が壊れる系のホラー かなりのトンデモ結末 読むのを勧めるかどうかは非常に迷う おススメ度:★★☆☆☆ 本の帯に書いてある導入部の紹介を引用すると「藤山真介。徳田と河合、そして転校して …

アーカイブ