★★★☆☆

TENGU (祥伝社文/柴田 哲孝) ~あらすじ・レビュー

投稿日:2017年2月10日 更新日:

  • 「天狗」をテーマにした大真面目なサスペンス・推理系小説
  • 超常現象には極力頼らず、合理的結論が用意されている
  • 社会情勢などの時事ネタ要素もあり。文章は読みやすい
  • おススメ度:★★★☆☆

インパクト抜群のタイトル「TENUGU」、そうこの小説は天狗がテーマだ。「長編推理小説(と紹介には書かれている)」が、いわゆるUMA(未確認動物)を扱ったサスペンス小説だと思う。決しておふざけでもなく、心霊や超常現象に逃げることのない「論理的な解決(一応)」が図られる点が評価できる。

あらすじは、本の裏かAmazonの紹介文を見ると分かるが「道平という記者が26年前の凄惨な他殺体の写真を発見する。物証である犯人の体毛も入手し、DNA鑑定を行なうと意外な結果がでる……。過去の寒村を起きた連続殺人事件の真相はいかに? それは本当に<天狗>の仕業だったのか」というもの。

導入はかなり惨いシーンから始まるが、全体的にそれほど残虐なシーンが多いわけでもなく、科学捜査班よろしく体毛から天狗の正体を追っていくのが主軸になる。同時にアメリカの情勢も関わってきて、全体的には少々切ない雰囲気もある。2001年9月11日の同時多発テロも物語に登場するなど、現在と過去の社会情勢が物語の味付けになっている。

感想は、微妙。というか途中まで読めば天狗の正体が分かるので、その後はどう決着がつくのかを追いかけることになる。一応キチンとしたオチも用意されている。では、大傑作と言えるかというとそうでもなく、意外性もないように思うが、この題材を一応納得できる形で小説にしたのは素晴らしいと思う。文章も読みやすいので、UMA好きでタイトルに興味が沸いたら読んでみて損はないと思う。
ちなみに本作は大藪春彦賞を受賞し、続刊に「KAPPA(河童)」「RYU(竜)」がある……もちろん買って読んだので、また、そのうち感想を書いてみたい。

(きうら)


TENGU【電子書籍】[ 柴田哲孝 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

クリーピー (前川裕/光文社文庫) ネタバレあり

「不気味な隣人」がテーマ 途中までは傑作感がある 期待と落胆 おススメ度:★★★☆☆ タイトルの意味は本書の冒頭で、 creepy (恐怖のために)ぞっと身の毛がよだつような; 気味の悪い(『小学館ラ …

魔法の庭・空を見上げる部族(カルヴィーノ、和田忠彦[訳]/岩波文庫)~(020)

読書メモ(20) カルヴィーノの初期短篇集 ユーモア、かなしさ、明るさ、ちょっとした不安あり(目立った怖さはない) おススメ度:★★★☆☆ 以前、『魔法の庭』として単行本とちくま文庫から出されていたも …

ミスト(「闇の展覧会」より)(スティーブン・キング/ハヤカワ文庫NV)~小説版と映画版ごちゃまぜネタバレ感想

映画版は少々チープなCGながら良くできたパニック物 小説版もほぼ同じ内容。映画版とプロットは同じ。 賛否の分かれるラストは? これはどちらを取るかは難しい。 おススメ度:★★★☆☆ 余りにも有名なステ …

ケレスの龍(椎名誠/角川書店) 〜あらましと軽いネタバレ、武装島田倉庫との比較

崩壊後の世界での奇妙な冒険 「武装島田倉庫」がベースだが大幅に明るい 著者が楽しく異世界を「旅行」している おススメ度:★★★☆☆ (あらまし)北と南の戦争が終わってかなり経ち、経済や文化もだいぶ復興 …

書物と電気自動車について(成城比丘太郎のコラム-03)

書店のディスプレイは編集力の見せ所? 「千夜千冊」の再編集? 本と自動車産業の未来を横断的に語りたい(無理) おススメ度:★★★☆☆ 4年に一度おこなわれるものとはなんでしょか、と訊いたとしたらおそら …

アーカイブ