3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

TENGU (祥伝社文/柴田 哲孝) ~あらすじ・レビュー

投稿日:2017年2月10日 更新日:

  • 「天狗」をテーマにした大真面目なサスペンス・推理系小説
  • 超常現象には極力頼らず、合理的結論が用意されている
  • 社会情勢などの時事ネタ要素もあり。文章は読みやすい
  • おススメ度:★★★☆☆

インパクト抜群のタイトル「TENUGU」、そうこの小説は天狗がテーマだ。「長編推理小説(と紹介には書かれている)」が、いわゆるUMA(未確認動物)を扱ったサスペンス小説だと思う。決しておふざけでもなく、心霊や超常現象に逃げることのない「論理的な解決(一応)」が図られる点が評価できる。

あらすじは、本の裏かAmazonの紹介文を見ると分かるが「道平という記者が26年前の凄惨な他殺体の写真を発見する。物証である犯人の体毛も入手し、DNA鑑定を行なうと意外な結果がでる……。過去の寒村を起きた連続殺人事件の真相はいかに? それは本当に<天狗>の仕業だったのか」というもの。

導入はかなり惨いシーンから始まるが、全体的にそれほど残虐なシーンが多いわけでもなく、科学捜査班よろしく体毛から天狗の正体を追っていくのが主軸になる。同時にアメリカの情勢も関わってきて、全体的には少々切ない雰囲気もある。2001年9月11日の同時多発テロも物語に登場するなど、現在と過去の社会情勢が物語の味付けになっている。

感想は、微妙。というか途中まで読めば天狗の正体が分かるので、その後はどう決着がつくのかを追いかけることになる。一応キチンとしたオチも用意されている。では、大傑作と言えるかというとそうでもなく、意外性もないように思うが、この題材を一応納得できる形で小説にしたのは素晴らしいと思う。文章も読みやすいので、UMA好きでタイトルに興味が沸いたら読んでみて損はないと思う。
ちなみに本作は大藪春彦賞を受賞し、続刊に「KAPPA(河童)」「RYU(竜)」がある……もちろん買って読んだので、また、そのうち感想を書いてみたい。

(きうら)


TENGU【電子書籍】[ 柴田哲孝 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ラヴクラフト全集(1)(H・P・ラヴクラフト (著)、大西尹明(翻訳)/創元推理文庫)

架空のクトゥルフ神話体系をベースにした怪奇譚 恐怖の周辺を描く独特の作風 コズミックホラーと称される壮大なバックグラウンド おススメ度:★★★☆☆ 日本でも二次創作や三次創作が行われ「知る人ぞ知る」怪 …

鏡の前のチェス盤(ボンテンペッリ[著]・橋本勝雄[訳]/光文社古典新訳文庫)~あらすじと感想、軽いネタばれ

全年齢向けの「異世界ファンタジー」。 鏡の中に入りこんだ「ぼく」が出会う不思議なものたち。 漫画的なイラスト付きで、子供でも楽しめる。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、イタリアの作家ボンテンペッリの幻 …

汚れた檻 (高田侑/角川ホラー文庫)

貧困層の泥沼の社会生活をホラー風味で 犬の繁殖現場を舞台にしたエグイ話 落ちが……と、個人的な既視感 おススメ度:★★★☆☆ 読み始めてすぐにデジャブに襲われた。それもそのはず、最近紹介した「うなぎ鬼 …

ステーシーズ―少女再殺全談 (大槻ケンヂ/角川文庫)

スプラッタ系ゾンビもの グロくはあるが余り直接的エロ要素は無い ちょっと変わった少女偏愛小説 おススメ度:★★★☆☆ またグロい小説を読んでしまった。副題に少女再殺全談とあるのである程度、覚悟はしてい …

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり【映画】(アンディ・ムスキエティ監督)

正統派続編ちょっと長い 微妙なフラッシュバック それなりには面白い おススメ度:★★★☆☆ 個人的にはマクドナルドのアレ、ジョーカーと並んで、3大ピエロとしてペニーワイズを認識している。 前作のあらす …

アーカイブ