★★★☆☆

七夕の国(1)(岩明均/ビッグコミックス)

投稿日:2017年2月19日 更新日:

  • 超能力と歴史がテーマの伝奇SFものというジャンル
  • 「寄生獣」に比べると全体に緩い雰囲気
  • もちろん著者特有の人体欠損や非人間的な登場人物も
  • おススメ度:★★★☆☆

「寄生獣」「ヒストリエ」などで著名な岩明均氏の超能力をテーマにしたコミック。当時、衝撃を受けた傑作「寄生獣」の次に連載された作品なので、期待度は大変高かった。超能力そのものは、よくある素材ながら、歴史ミステリーや田舎の風俗、大学での生活や謎の美少女まで登場して、実に捻りの効いた作品だ。

導入部は、あえて伏せるが意表を突くシーンから始まる。そして、少しだけ超能力が使える平凡な南丸(ナン丸)は、行方不明の大学教授・丸神の行方を探すために、故郷(出自のある古い里)に帰る。二人は同郷である共通点があるのだが、そこでは正体不明の猟奇殺人が起きていた……と、いったストーリー。

導入部はともかく、メインとなるナン丸を中心としたストーリーは「寄生獣」などに比べると、ずっと緩い感じで、読んだ当時は少々肩透かしを食らった感じだった。ただし、岩明氏の歴史の知識や、おそらく人体欠損に対するこだわりはこの1巻でも既に発揮されており、全4巻で完結した現在では「佳作」として評価されているようだ。けっこう直接的な残酷なシーンも登場するので、苦手な方はご注意を。個人的には、ヒロインの女の子が可愛くて、このコミックの雰囲気によく合っている。

この後のストーリーは、ある意味予想通り、ある意味あさっての方向に展開していくので、1巻が面白ければそのまま、次の巻も読まれてみてはいかがかと思う。全体の評価は★3.5位で少々微妙だが、独特の味がある作品なので「寄生獣」ほど力を入れずに楽しまれるのが最適だと思う。

(きうら)


七夕の国(1)【電子書籍】[ 岩明均 ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

殺人鬼-覚醒篇 (綾辻行人/角川文庫)

タイトル通りの残虐スプラッター・ミステリ オチは意外だが、少々わかりにくい 残酷描写が苦手な方は読まない方がよいだろう おススメ度:★★★☆☆ 著名なミステリ作家である綾辻行人が仕掛けるスプラッター・ …

絶滅危惧の地味な虫たち(小松貴/ちくま新書)

失われゆく自然と虫たち 虫探索のために全国を飛び回る著者の熱意 少しは虫が好きになるかも おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 先日、図書館から『目からウロコの自然観察』(唐沢孝一/中公新書(Ama) …

インクレディブル・ファミリー(ブラッド・バード (監督) )ネタバレあり

リアルなヒーローの悲哀がテーマのアクションアニメ 新キャラが多すぎて見せ場が分散してしまった これこそテレビアニメシリーズで観たい おススメ度:★★★☆☆ 去年、必ず観ると言いつつ、忙しさにかまけてス …

幽霊の歴史文化学(小山聡子・松本健太郎[編]/思文閣出版~二松学舎大学学術叢書)~読書メモ(34)

読書メモ(034) 古代から現代までの「幽霊」表象を追う 様々な学術的見地から多角的に「幽霊」を捉える おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 新元号が、「令和」に決まりました。はじめ、「れいわ」と聞い …

怪異の表象空間(一柳廣孝/国書刊行会)~読書メモ(60)

読書メモ60 「メディア・オカルト・サブカルチャー」 明治の怪談から、ラノベのなかの怪異まで オススメ度:★★★☆☆ 現代の日本でも楽しまれている怪談。もう夏は過ぎ去った感じだけど、個人的には怪談は夏 …

アーカイブ