★★★☆☆

七夕の国(1)(岩明均/ビッグコミックス)

投稿日:2017年2月19日 更新日:

  • 超能力と歴史がテーマの伝奇SFものというジャンル
  • 「寄生獣」に比べると全体に緩い雰囲気
  • もちろん著者特有の人体欠損や非人間的な登場人物も
  • おススメ度:★★★☆☆

「寄生獣」「ヒストリエ」などで著名な岩明均氏の超能力をテーマにしたコミック。当時、衝撃を受けた傑作「寄生獣」の次に連載された作品なので、期待度は大変高かった。超能力そのものは、よくある素材ながら、歴史ミステリーや田舎の風俗、大学での生活や謎の美少女まで登場して、実に捻りの効いた作品だ。

導入部は、あえて伏せるが意表を突くシーンから始まる。そして、少しだけ超能力が使える平凡な南丸(ナン丸)は、行方不明の大学教授・丸神の行方を探すために、故郷(出自のある古い里)に帰る。二人は同郷である共通点があるのだが、そこでは正体不明の猟奇殺人が起きていた……と、いったストーリー。

導入部はともかく、メインとなるナン丸を中心としたストーリーは「寄生獣」などに比べると、ずっと緩い感じで、読んだ当時は少々肩透かしを食らった感じだった。ただし、岩明氏の歴史の知識や、おそらく人体欠損に対するこだわりはこの1巻でも既に発揮されており、全4巻で完結した現在では「佳作」として評価されているようだ。けっこう直接的な残酷なシーンも登場するので、苦手な方はご注意を。個人的には、ヒロインの女の子が可愛くて、このコミックの雰囲気によく合っている。

この後のストーリーは、ある意味予想通り、ある意味あさっての方向に展開していくので、1巻が面白ければそのまま、次の巻も読まれてみてはいかがかと思う。全体の評価は★3.5位で少々微妙だが、独特の味がある作品なので「寄生獣」ほど力を入れずに楽しまれるのが最適だと思う。

(きうら)


七夕の国(1)【電子書籍】[ 岩明均 ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

雨月物語(上田秋成、佐藤至子〔編〕/ビギナーズ・クラシックス日本の古典)

『雨月物語』の簡単な成立状況などが分かる 古典への取りかかりにイイ本 和歌や漢詩が効果的に使われているのがよく分かる おススメ度:★★★☆☆ 『雨月物語』は、以前の記事(2017年9月19日)に円城塔 …

湖上の回廊(森水陽一郎/Kindle版)

不気味な色調で始まる謎の多い物語 ミステリ調で始まるが、幻想私小説風に変化する まあ、何というかスッキリしない おススメ度:★★★☆☆ この本、出だしは素晴らしく怪奇的に始まるのである。何しろ主人公の …

コンパス・ローズ(アーシュラ・K・ル=グウィン、越智道雄[訳]/ちくま文庫)~読書メモ(31)

読書メモ(031) 人生の指針となりうるかもしれない20の短篇 SFとファンタジーと文学の融合 おススメ度:★★★☆☆ 昨年亡くなったアーシュラ・K・ル=グウィン(Le-Guin、1929-2018) …

百器徒然袋 風 (京極夏彦/講談社文庫)

百鬼夜行シリーズの外伝・主要キャラの榎木津礼二郎が主人公 平凡な設計士・本島の視点で描かれる「ギャグ」ミステリー 本編を知っている読者「には」楽しく読めるだろう おススメ度:★★★☆☆ 「姑獲鳥の夏」 …

妖怪始末人トラ・貧!! 2 (魔夜峰央/秋田文庫) ~解説と「胴面(どうのつら)」のあらすじ

基本はパタリロと同じノリのギャグマンガ 頼りない二人(トラちゃんと貧乏神)が妖怪退治をする一種のヒーローもの 胴面は胸糞の悪い話として有名。それ以外は全編ギャグ。 おススメ度:★★★☆☆ 日曜日なので …

アーカイブ