★★☆☆☆

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇(監督:庵野秀明)~ストーリーについてはほぼ言及なし、ネタバレもごく僅か

投稿日:2021年3月22日 更新日:

  • 禊のような完結編
  • 燃えるものはなかった
  • 妙に冷めた目線で
  • おススメ度:★★☆☆☆

作中の随所から、監督自身がこの作品について、興味を失っていることをひしひしと感じた。かつて、破壊と新生、まさに新世紀の象徴であったエヴァンゲリオンは、その監督とともに「老いて」しまった。

話がとんでもなく詰まらなかったわけではない。しかし、きれいに起承転結を描きながら、その映像にもはや「熱さ」はなかった。ひたすら「早く終わりたい」という監督の悲痛な叫びが聞こえてきたような気がする。それでもタイトルに𝄇をつけたのは最後の意地のような気もする。

あらすじについては割愛する。すでに多数のサイトで紹介されていること、とくに語るべきことがないことによる。興味があればWikipediaなどでさらってみてもいいように思う。

かつての映画にも観られたのだが、どうもエヴァンゲリオンには監督自身が「ウケすぎた」という謎の自己嫌悪を持っているようなところがあり、自らその呪縛から逃れられないことに苦慮していたように思う。そういう作品を生み出せたことは幸せだと思うのだが、結局、アニメ職人としての義務を課せられただけで、がんじがらめになってしまったのだろう。

私は、そんな冷めた目線で終始映画を見ていた。細かい設定はもはや大した問題ではない。問題があるとすれば、エヴァンゲリオンがエヴァンゲリオンとして機能しなくなっていたことか。何か別種のSFアニメを見ているようであった。かつて、新しい使途が現れるたびに、視聴者を緊張させたその力はもうない。中途半端なヒューマニズムと神社のお祓いのようなラストが、ひたすらに私を脱力させていく。私はどんどん体感温度が下がっていくのを感じていた。「感動した」という感想も多いが、私はラスト付近の個人的所感で決着がつく縮小ぶりにがっかりした。

とにかく「エヴァンゲリオンは終わった」ことは確認できた。本当はもっと早くに終わっていたのかも知れない。

マリ、という比較的新しいキャラクターが全て持っていく、というのもそれを象徴しているのではないだろうか。アスカや綾波はすでに「旧世紀」に置き去りにされてしまっていたのだろう。

スターウォーズEP9を観た時も同じことを感じたが、とにかく、長く続きすぎた物語の新作は、終わることを目的に作られる。そして終わったことを確認する作業になる。

私にとってはとっくの昔に記憶の彼方に消えていた曖昧なものに、一応決着がついたというだけだった。

それですっきりしたかと? いや、もはや決着のつかないことが多すぎて何も感じなかった。終わっても、終わらなくても、同じこと。𝄇が示す通り、また最初からやり直しの世界へ巻き戻されていくのだろう。

まあ、それが生きることなら当然か。

さよならでもなく、また会おうでもなく、お疲れ様、エヴァンゲリオン。

2021/3/31追記

(きうら)

-★★☆☆☆
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私が彼を殺した (東野 圭吾/講談社文庫)~あらましと感想、軽いネタバレ

毒殺した犯人を探るミステリ 類型的設定と「推理」中心の内容 ミステリという組立ブロックを組み合わせたよう おススメ度:★★☆☆☆ (あらまし)あまり特定の主人公を主役にしない東野圭吾にあって珍しいシリ …

新耳袋殴り込み 第一夜 (ギンティ小林/角川ホラー文庫)

新耳袋のエピソードの舞台を取材 怪談の検証風怪談 イマイチ乗り切れない軽さ おススメ度:★★☆☆☆ 著者が聞いたら絶対に怒り狂うと思うが、本の感想を書くサイトだから仕方ない。はっきり書いてしまおう。文 …

百鬼夜行 陽 鬼童 青鷺火 墓の火 青女房【電子百鬼夜行

京極夏彦好きのためだけの小節 それなりに面白いがオチはない 壮大なサーガの一部 おススメ度:★★☆☆☆ 前回、同作者の「ヒトでなし: 金剛界の章 (京極夏彦/新潮文庫)」を読んだ後、何となく、まだ読み …

墓地を見おろす家 (小池真理子/角川文庫) ~あらすじ、感想、軽いネタバレ

訳ありマンションに引っ越してきた一家に襲い掛かる怪異 直球型心霊系ホラー小説。怪しい雰囲気は楽しめる。 余り整合性を重視していないので、オチ重視の方は注意。 おススメ度:★★☆☆☆ 都心に位置する新築 …

パラサイト・イヴ(瀬名秀明・新潮文庫)※注 核心に触れるネタバレ感想あり

医学的知識を活用したSFホラー 途中までは面白いが、オチに大不満 ネタバレありで、以下で詳しくその理由を説明します おススメ度:★★☆☆☆ 昨日、鈴木光司氏の「リング」を紹介したので、年度が近く199 …

アーカイブ