★★★☆☆

ホラー小説大全 ドラキュラからキングまで(風間賢二/双葉文庫) ~内容の紹介

投稿日:2017年7月22日 更新日:

  • 文化論も含む硬質な欧米ホラーの概観
  • 歴史、3つモンスター、おススメ本100冊の3つのパート
  • ガイドブックというよりは、正統派の評論としての性格が強い
  • おススメ度:★★★☆☆

怖い本の紹介サイトで、さらにそのガイドブックを紹介するというのは矛盾を感じるが、私自身、これまでの更新を見て頂いたら分かる通り、系統立ててホラーを紹介できるような知識もなく、特に欧米ホラーの紹介はごくごく一部の作家に限られているため、本書をセレクトしてみた。当初は、もっとお気軽なガイドブックを予想していたが、ホラーと欧米の社会や文化を絡めた本格的な評論が主体で、題名よりずっと高尚な内容だ。

本書のパートは、ホラーの起源からスティーブン・キングなどのモダンホラーまでを評論する第1部、フランケンシュタイン、ドラキュラ、狼男を掘り下げて解説する第2部、おススメのホラー小説をジャンル別に紹介する第3部に分かれている。主体となっているのは第1部で、これは気合いの入ったホラー史の解説である。私など、ほとんど名前も聞いたことのない作家たちの代表作が鮮やかに紹介され、その歴史的意義や社会的な背景が語られる。

注意しないといけないのは、それらの作品内容の詳細については、ほとんど語られないということ。ごくごく一部に抜粋はあるが、例えばゴシック・ホラーの定義や誕生の背景、恐怖の構図については詳しいが、それを記した作品のあらすじなどはほとんど書かれていない。従って、最初に書いた通り、ガイドブック的な視点ではなく、まさに歴史解説本的視点で書かれている。文体は非常に読みやすいが、ホラー史に興味のない人間にとっては、分けの分からない単語が並んでいるだけ、という風になるだろう。

第2部も基本は同じで、ドラキュラやフランケンシュタインについて詳しく解説されているが、その物語のあらすじは断片的に示唆されるだけで、これを読んだからと言って、ドラキュラの物語が体験できるわけではない。つまり、それぞれの話について「知っている」ことが前提なので、この本をホラーの入門書として読むとちょっときついかも知れない。

第3部がおススメ本の紹介で、ここが一番ガイドブック的だ。「サイコ・ホラー」「化け物」「エロチック・ホラー」などジャンル別にそれぞれ3冊程度の代表作が紹介されている。私もキングの作品を除けば殆ど読んだことがない作品ばかりだったが、恐らく絶版になっている可能性も高い歴史的名作が案内されている。どの本も面白そうであり、読んでみたいと思う気にはなる。特にキングと並ぶ巨匠クーンツのファントムはイチ押し作品になっていたので、私も読んでみようと思い(中古だが)注文した。ただ、このパートも初心者向けというよりは玄人向けの趣が強いので、あまり詳しく作品が紹介されているわけではない。

以上、「怖い本の紹介サイト」で「ホラーのガイドブック」を「紹介する文章」という三重入れ子構造になっている少々奇異なレビューになってしまったが、全体的にはホラー好きならそのアカデミックな視点は一読の価値あり、入門書やガイドブックとしては少々読みづらい、という評価だ。欧米のホラー小説に限っているので、もちろん、日本のホラーは全く触れられていない。

ホラーというものが恐怖を楽しむ性格上、どうしてもジャンル的には地位が低く見られがちだが、むしろ人間と根源的に結びついていると暗に述べられているのは面白い。今も昔も安全な場所から俯瞰する恐怖は娯楽として成立しているのだろう。

(きうら)



日本推理作家協会賞受賞作全集(93) ホラー小説大全 (双葉文庫)

-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

波よ聞いてくれ(1) (沙村広明/アフタヌーンコミックス)

ラジオにまつわるドタバタコメディ ちょっとオタク風な作風 作者が伸び伸びとしている おススメ度:★★★☆☆ (あらまし)繁盛しているカレー店の女性店員であるミナレは、仕事はできるが、恋人に50万持ち逃 …

未来の年表(河合雅司/講談社現代新書)

止められない少子化(人口減少)の実情と、それへの「処方箋」。 「静かなる有事」という、人口減少による(日本)社会崩壊の危機。 日本の「おそるべき未来を時系列にそって、かつ体系的に」ときあかす。 おスス …

「待つ」ということ(鷲田清一/角川選書)

「待つ」ことの臨床哲学的考察 「待つ」ということは、なにもしないことなのか 本書の紹介ではなく、個人的な考えを断章的に書きます おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 「待つ」ということはいったいどうい …

恐怖箱 厭鬼 恐怖箱シリーズ (つくね乱蔵/竹書房文庫)

厭な後味がテーマの実録系怪談集 幽霊・呪いなどがバンバン登場する直球怪談 オチが割と明確なので、小説的な楽しみ方もできる おススメ度:★★★☆☆ 連続で当ブログを閲覧されている方には久々のジャンルとな …

孤狼の血(柚月裕子/角川文庫)

ダークヒーローを描く警察小説の一種 ステロタイプと見るか完成度が高いと見るか 熱い大衆小説である おススメ度:★★★☆☆ 昭和63年、広島県の架空の都市を舞台として、暴力団と癒着しながらも独自の倫理観 …

アーカイブ